BacklogでGitを設定してプッシュする方法

Terminal

BacklogでGitを設定してプッシュする手順

Backlog側、Terminal(サーバ)側でそれぞれ実行するを手順に従って行えばGitを使ってBacklogにプッシュすることができます。

手順

  1. Backlog|リポジトリを追加する
  2. Terminal|Gitをサーバにインストールする
  3. Terminal|Gitにユーザー、メールアドレスを登録する
  4. Terminal|SSH公開鍵を作成する
  5. Backlog|SSH公開鍵を登録する
  6. Terminal|プッシュする

BacklogのGitのページにいき、リポジトリを追加する

Backlogにログイン後、メニューにあるGitのページにいき、リポジトリを追加する。

Gitをサーバにインストールする

Gitをサーバにインストールするコマンド

sudo yum install git-all
Complete!

このメッセージが表示されればインストール完了

Gitにユーザーとメールアドレスを登録する

はじめてGitを使う場合は、ユーザーとメールアドレスの登録が必要です。ユーザー名とメールアドレスはBacklogのGitのページで、追加したリポジトリで確認できます。

ユーザーとメールアドレスを登録するコマンド

git config --global user.name "ユーザー名"
//例
git config --global user.name "hoge*username"
git config --global user.email "Backlog登録のメールアドレス"
//例
git config --global user.email "hogehoge@example.com"

SSH公開鍵を作成するコマンド

公開鍵を作成するコマンド

ssh-keygen

すると、下のような出力が表示されるので、必要な箇所でEnterキーとパスフレーズに設定する文字列を入力してください。
パスフレーズを設定しない場合は、パスフレーズの入力では何も入力せずにEnterキーを入力します。

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
SHA256:VHq3E9hJ1Ywqiop2i/R2YazZcmdENvFy2U3L1FdvsNw root@rakukasu-mng01
The key’s randomart image is:
+—[RSA 2048]—-+
| . ..o=o|
| .o + o++*|
| oooo=*o.E|
| .=.=.oo+. |
| . +S= .o |
| = o . |
| .. * o |
| .ooB + o |
| ..oo= o |
+—-[SHA256]—–+

生成したSSH公開鍵の内容を確認

生成したSSH公開鍵の内容を確認するコマンド

cat ~/.ssh/id_rsa.pub

SSH公開鍵の出力例

ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EAAAADAQABAAABAQCXTUPHYh1ZwXkPjq7d50maxw0/RM4OoQb7DgFBCzBVxI4do9JbnAXvrVGQChInVfQ1/KtHwxcDwp6nFLwMPk5JcW0pEYh8a6hH2Hm6GjDE1BpaM+9VxhIziX8IvaPTvzX9EZlb44Q54hxdGgElM9fIewy98Y6QD0DjFcS+jWL04qkoC6J6QuUI19k435JKUZyuc9bbHJocqNFZYNCxFFa8vQHokdoPKygqcHaZisuQfpWYZtyA5KdsVZlcpw7/da1D54rLbGL93vfOVYvr7VlIsW2rEC8bQazhyuhHvOoNxIygTZydrCBzc1NPFZ2XyywxLtltCqEdi/1D0wkJxxKd root@hoge.local

Backlogの個人設定でSSH 公開鍵の登録を行ってください。
BacklogにGitリポジトリを使用するユーザでログインし、「個人設定」をクリックします
個人設定から、「SSH 公開鍵の登録」をクリックします。
テキストエリアにSSH 公開鍵の内容を貼り付けて、「登録」ボタンをクリックします。

リポジトリを新規に作成し、プッシュする方法

mkdir 新規追加したリポジトリ名
//例
mkdir hogehoge.com
cd 新規追加したリポジトリ名
cd hogehoge.com
git init
touch README.txt
git add README.txt
git commit -m 'first commit'
git branch -M main
git remote add origin ユーザー名@ユーザー名.git.backlog.com:/プロジェクトキー/新規追加したリポジトリ名.git
//例
git remote add origin hoge@hoge.git.backlog.com:/hoge-Project/hogehoge.com.git
git push -u origin main

ローカルマシンの既存のリポジトリをプッシュする方法

cd 新規追加したリポジトリ名
cd hogehoge.com
git remote add origin ユーザー名@ユーザー名.git.backlog.com:/プロジェクトキー/新規追加したリポジトリ名.git
//例
git remote add origin hoge@hoge.git.backlog.com:/hoge-Project/hogehoge.com.git
git branch -M main
git push -u origin main

このエラー文が出たら

fatal: remote origin already exists.

と表示されてリポジトリにpushできない問題

git remote rm origin

originが存在していると書かれているのでそれを削除する

注意点

  • 当コンテンツの手順通りに実行する
  • Backlogの説明にある情報をコピペする
  • エラー文が出た場合は翻訳して何が問題が確認する
  • エラー文が出た場合はググってで解決策を探す