アドフラウドとは?「どこよりもわかりやすく、初心者でもわかりやすい」5秒で理解できる!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典
アドフラウドをざっくりと
  • Ad(アド)→「広告」、Fraud(フラウド)→「詐欺」
  • 不正なインターネット広告で利益を得る行為
  • アドフラウドは、広告主のコストが増大し、効果が減少する

ここまでで5秒!もっとくわしく知りたい場合、続きをどうぞ!

アドフラウドをわかりやすく

アドフラウドをわかりやすく表現すると、

インターネット広告でズルして、広告主からお金を不正にむしり取る行為

アドフラウドの深堀り

もっと深堀りしてわかりやすく説明すると

インターネット広告では、広告がインプレッションされたり、クリックされたりするたびに、広告主から広告を表示した側に費用を支払う。この仕組みを悪用して、アドフラウドは、実際には人間が見たりクリックしたりしていないにもかかわらず、そうした行動があったかのように見せかけることで不正にお金を稼ぐ行為。これには、自動化されたプログラム(bot)を使用して偽のクリック数を増やす、実際には表示されていない広告の表示回数を増やすなどの方法がある。これにより、広告主は実際には得られていない広告効果に対してお金を支払うことになり、損失を被ることになる。

例えば、あなたがブログを運営していて、ブログの広告バナーを貼ります。そのバナーをクリックされる度に10円の広告費を広告主からもらえる契約で、1日10クリックで1ヶ月3千円の収益がありました。もっと収益がほしいと思ったあなたは、自分で自分のブログの広告を1日10回クリックし、広告主から広告費を6千円もらう。広告主はあなたのブログにきたユーザーのクリックだと思っているが、実際にはあなた1人のクリックが半分なので、広告主は適正な広告効果を得られないことになります。

Ad(アド)→「広告」、Fraud(フラウド)→「詐欺」で、日本語訳は「広告詐欺」。

アドフラウドは、インターネット広告に対し行う不正をすべて指すので、種類が複数ある。

アドフラウドの被害

アドフラウドの被害を受けると、不要な広告費を支払う金銭的損失、不正確なデータで正しい意思決定ができない機会損失、さらにブランドイメージを損なう恐れがあります。

不要な広告費

アドフラウドによる被害で最も顕著なのは、不要な広告費による金銭的損失です。広告を出稿すると、表示された広告のクリック、商品の購入、アプリのインストールなどに応じて報酬が発生します。しかし、アドフラウドによって不正に操作された成果は実際の成果ではないため、その分の支払いは不要です。

不正確なデータ

アドフラウドの被害として、不正確なデータによる機会損失があります。なぜならアドフラウドによって、水増しされた成果では、正しい意思決定ができなくなるからです。不正確なデータでは、ユーザー行動を正しく分析できず、これにより、製品開発、ターゲティング戦略、価格設定などの重要な決定を誤った情報に基づくことになり、商品力、競争力を低下させる可能性があります。

ブランドイメージ毀損

ブランドイメージの損失もアドフラウドによる大きな被害の一つです。広告主は広告が表示されるメディアを厳選して出稿しています。特にブランドイメージに悪影響を及ぼす可能性があると考えられる媒体はNGです。にもかかわらず、これらのサイト上で広告が表示されると、それだけでブランドの評判が低下することになります。例えば、アパレルブランドがアダルトサイトに表示されるなど。

アドフラウドの種類

名称 内容
隠し広告
(Hidden Ads)
見えない広告を使ってインプレッション数で報酬を得る手法。 ウェブページの背後に広告を配置し、ユーザーには見えない状態でインプレッションを稼ぐ。
自動リロード
(Auto Refresh)
広告を自動更新し、インプレッションを不正に増やす。 一定間隔でページを自動リフレッシュし、広告表示数を増加させる。
ドメインなりすまし
(Domain Spoofing)
正規サイトを偽り、広告費を詐取する。 有名サイトと似たドメインを用いて広告主を欺く。
ブラウザの自動操作
(Imp/ClickBot)
Botがブラウザを操作し、不正なクリックやインプレッションを生成。 プログラムが自動で広告をクリックし、不正なトラフィックを生み出す。
不正な広告挿入
(Ad Injection)
ユーザーの知らない間に広告を差し替える行為。 マルウェアにより正規の広告が別の広告で置き換えられる。
ファーム
(Farm)
Botや操作者がシステム化して広告費を不正に搾取。 大規模なデバイスファームで広告クリックを自動生成。
データセンタートラフィック
(Data Center Traffic)
データセンターからのアクセスにより広告費が無駄に消費。 データセンターから自動化されたアクセスが広告に行われ、無効なトラフィックを生成。
クリックフローディング
(Click Flooding)
実際にはないクリックを大量に偽造する。 一つの広告クリックがあったかのように見せかけて、多数の不正クリックを生成。
インストールハイジャック
(Install Hijack)
マルウェアによりユーザーの端末を監視し、インストール成果を不正に奪う。 ユーザーがアプリをインストールする際、マルウェアが介入して成果を横取り。
位置情報の偽装 位置情報を偽って特定地域の広告に不正アクセス。 GPS情報を偽装し、地域限定の広告に不正にアクセスし広告費を消費させる。
アドフラウド手口一覧

アドフラウドまとめ

  • インターネット広告の表示やクリックを不正に操作し、広告主から不当にお金を得る行為
  • 広告主はアドフラウド対策をし、コストを適正に保ち、広告効果を追求する必要がある
  • 市場の広がりとともに、アドフラウドの手口が進化し、被害額が増えている

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました