トレースとは?「ビジネスに必要なこの用語を、どこよりもわかりやすく、初心者でもわかりやすい」5秒で理解できる!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典
トレースをざっくりと
  • お手本になる対象を可能な限り再現すること
  • こういうことしたいなと思った対象を真似ること
  • トレースの日本語訳は、「痕跡・形跡・輪郭」や「追跡する・複写する」の意味

ここまでで5秒!もっとくわしく知りたい人は続きをどうぞ!

トレースをわかりやすく

トレースをわかりやすく説明すると

やりたいこと、作りたいものがあって、それを先にやってる、作ってるものを真似するということ

パクる、模倣する、TTP(徹底的にパクる)が類似語になる

トレースの深堀り

もっと深堀りしてわかりやすく説明すると

あなたがビジネスを始めたいと考えた時、何から始めればいいか分からない、そんな時にトレースをすることになるでしょう。例えばあなたが石鹸をインターネット通販で売りたいと考えたとして、市場と競合を調査する。これから始めるので、何から始めていいか分からない、それで競合が運営しているECサイト、商品のデザイン、販売チャネルを真似ることから始める。なぜならすでに売上がある競合を真似ることで、やることが明確になり、問題点があれば修正するという流れを作れるからということ。

ビジネスモデルまで大きなくくりでなくても、サイトのデザイン、LPのファーストビューやCTAなど小さい部分でのトレースもある。

トレースの手順

ビジネスモデルのトレースの手順
  • STEP1
    トレースするビジネスモデルを選ぶ

    自社のビジネスとの関連性が高く、成功しているビジネスモデルを選ぶ。関連性が高くないと自社の事業に活かせない。また失敗しているビジネスモデルをトレースしても、同じく失敗する可能性が高い。

  • STEP2
    ビジネスモデルを分析する

    ビジネスモデルの全体像を把握することができるビジネスモデルキャンバス、強み、弱み、機会、脅威を分析することができるSWOT分析など

  • STEP3
    トレースする

    まずは真似から始めて、自社ビジネスに活かし、独自性を出していくようにする。

  • STEP4
    検証・修正を行う

    トレースしたビジネスモデルを実際に検証し、必要に応じて修正を行う。

  • STEP5
    実行・改善を行う

    検証・修正を行ったビジネスモデルを実行し、必要に応じて改善を行う。

トレースの注意点

トレースはとても便利だけど、注意しなければならない点がある。著作権で守られてるものは許可なくトレースはできないので、トレース前に法規制を調べておく必要がある。ビジネスモデル、デザインをトレースするのに倫理的に問題ないか考える必要もある。

トレースまとめ

  • トレースの日本語訳は、「痕跡・形跡・輪郭」や「追跡する・複写する」の意味で、やりたいこと、作りたいものがあって、それを先にやってる、作ってるものを真似するということ
  • ビジネスモデルだけなく、サイトのデザイン、LPのファーストビューやCTAなのトレースがあり、パクる、模倣する、TTP(徹底的にパクる)が類似語になる
  • ビジネスモデル、デザインをトレースするのに倫理的に問題ないか、法律的に問題ないか注意する必要がある

トレースについて理解は深まりましたか?
まだわからない点や疑問点があれば、ぜひコメント欄で質問してください。生の声を聞かせていただければ、より良い内容を提供できるはずです。

以上、トレースについてでした。コメント欄での活発な意見交換を心よりお待ちしています!

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、どこよりもわかりやすくなるように、例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

IT業界の下層に長くいすぎたのかも知れないおじさんです。プロフィールまで見てくれてるのなら、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。

ネットの裏側を見せるYouTube運営中!!

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました