SWOT分析とは?ビジネス戦略を成功に導く4つの要素

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとSWOT分析

  • 強み、弱み、機会、脅威を分析する手法
  • ビジネス戦略や意思決定に役立つ
  • 経営資源を最適化するために使う

SWOT分析とは、ビジネスに重要な4つの要素で分析する手法です。

概要説明

SWOT分析とは、強み、弱み、機会、脅威の4つの要素を分析する手法である。なぜならば、これらの要素を理解することで、ビジネス戦略や意思決定がより明確になるからだ。例えば、新製品を投入する際に市場の反応を予測することができる。そして、経営資源を効率よく使うことができる。つまり、成功する可能性が高くなる。だから、多くの企業や経営者が使用する。

SWOT4つの要素

Strength(強み)

これは企業やプロジェクトが持っているポジティブな特性です。たとえば、優れた技術力、独自の製品、強いブランド力などがこれに該当します。強みを知ることで、どのように競争優位を築くかが明確になる。

Weakness(弱み)

これは企業やプロジェクトが改善すべき点や欠点です。例えば、製品の品質問題、人手不足、財務状態の悪化などが考えられます。弱みを把握することで、改善策を立てやすくなる。

Opportunity(機会)

これは外部環境から生じる、企業やプロジェクトが利用できるチャンスです。新しい市場の出現、テクノロジーの進化、法的な変更などがこれに該当します。機会を掴むことで、ビジネスを拡大したり、新しい方向性を見つけることができる。

Threat(脅威)

これも外部環境からくるが、企業やプロジェクトにとってマイナスに働く可能性のある要素です。競合他社の台頭、市場の縮小、不景気などが考えられます。脅威を早期に察知することで、対策を講じる時間が確保できる。

これらの要素をしっかりと分析することで、企業やプロジェクトはより効果的な戦略を立てることができます。

SWOT分析図解

職業職種

経営者

経営者は、戦略立案である。なぜなら、全体の方向性を決定する際にSWOT分析が役立つから。例えば、新市場への進出を考える際。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、プロモーション戦略である。なぜなら、製品やサービスが市場でどう受け入れられるかを分析するため。例えば、新製品の広告戦略を考える際。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの進行管理である。なぜなら、リスクを評価し、リソースを効率よく配分するため。例えば、新しいプロジェクトを立ち上げる際。

SWOT分析の名前の由来は、”Strength(強み)”, “Weakness(弱み)”, “Opportunity(機会)”, “Threat(脅威)”の頭文字を取って名付けられました。

SWOT分析の代表例

トヨタ自動車

トヨタ自動車は、SWOT分析で有名である。なぜなら、持続可能な成長を目指して、自社の強みと弱み、外部の機会と脅威をしっかり分析しているからだ。例えば、ハイブリッド技術の開発に成功している。

ソニー

ソニーは、SWOT分析で名高い存在である。なぜなら、多角化しているビジネスを効率よく運営するために、SWOT分析を活用しているからだ。例えば、PlayStationの成功。

ユニクロ(ファーストリテイリング)

ユニクロは、SWOT分析で世間に知られている。なぜなら、グローバル展開を進める中で、SWOT分析を用いて戦略を練っているからだ。例えば、高品質かつ低価格な商品戦略。

手順例

以下は、SWOT分析の基本手順です。

目的の設定

目的を明確にする。なぜなら、目的によって分析の焦点が変わるからだ。例えば、新製品の市場投入。

情報収集

必要なデータを集める。なぜなら、正確な分析には具体的な情報が必要だからだ。例えば、競合他社の動向。

要素の議論

強み、弱み、機会、脅威をチームで議論する。なぜなら、多角的な視点で考えることが重要だからだ。例えば、ブレインストーミング。

評価と優先順位

各要素を評価し、優先順位をつける。なぜなら、全てを同時に対処するわけにはいかないからだ。例えば、重要度や緊急度でランク付け。

戦略の策定

SWOT分析の結果を基に戦略を策定する。なぜなら、目的達成のためには具体的な行動計画が必要だからだ。例えば、マーケティング戦略の設計。

類似語

PEST分析

PEST分析は、SWOT分析の類似語である。なぜなら、外部環境を分析する点で似ているが、政治、経済、社会、技術の4つの要素に焦点を当てるからだ。例えば、マクロ環境の分析。

MOST分析

MOST分析は、SWOT分析の類似語である。なぜなら、組織の内部要素に焦点を当てる点でSWOT分析の「強み」と「弱み」に似ているからだ。例えば、目的、戦略、戦術、行動。

VRIOフレームワーク

VRIOフレームワークは、SWOT分析の類似語である。なぜなら、企業の内部資源を評価する点でSWOTの「強み」と「弱み」に関連するからだ。例えば、価値、希少性、模倣不可能、組織。

反対語

直感判断

直感判断は、SWOT分析の反対語である。なぜなら、計画や分析なしに即座に決断するからだ。例えば、勘で行動する場合。

無計画

無計画は、SWOT分析の反対語である。なぜなら、何も考えずに行動するからだ。例えば、計画や戦略がないまま事業を始める場合。

短絡的思考

短絡的思考は、SWOT分析の反対語である。なぜなら、長期的な視点や多角的な視点が欠けているからだ。例えば、すぐに利益が出ると思って投資する場合。

SWOT分析の注意点

SWOT分析を使用する時の注意点は偏見を排除することである。なぜならば、主観的な意見が入ると正確な分析ができないからだ。例えば、自社製品の強みだけを強調して弱みを無視する場合。そして、多角的な視点で考える。だから、複数人での議論が有用である。

SWOT分析とPEST分析は、間違えやすいので注意しましょう。

SWOT分析は、内部と外部の要素を考慮します。

一方、PEST分析は、外部環境だけに焦点を当てます。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました