MOST分析とは?ビジネス成功のための4つのステップ解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとMOST分析

  • 経営理念を明確にする
  • 目標と戦略を設定する
  • 戦術で具体的な行動を決める

MOST分析とは、経営の全体像を明確にすることです。

概要説明

MOST分析とは経営の全体像を明確にする手法である。なぜならば、経営理念から戦術までを一つ一つ整理するからだ。例えば、新製品を成功させるためにはどのような戦略と戦術が必要かを考える。そして、それを目標に落とし込む。つまり、計画的にビジネスを進めるためのフレームワークである。だから、経営が効率的になる。

MOSTの4要素

Mission(経営理念)

経営理念とは簡単に言うと、会社が何を大事にして、どんな価値を提供したいのかをまとめたもの。これが明確だと、社員もお客さんも会社の方向性がわかりやすい。例えば、「お客様の笑顔が私たちの幸せ」。

Objective(目標)

目標は、経営理念を実現するために設定する具体的な数値や成果のこと。たとえば、「今年度中に売上を前年比で10%増やす」。目標がはっきりしていると、何をすればいいのかが明確になる。

Strategy(戦略)

戦略は、その目標に到達するための大きな計画や方針。例えば、新しい市場に進出するか、既存の商品を改良するかといった選択が戦略になる。戦略がしっかりしていると、無駄な努力をしなくて済む。

Tactics(戦術)

戦術は、戦略を実行するための具体的な行動や手段のこと。戦略が「新しい市場に進出する」と決まったら、戦術はそのためにどんな広告を打つか、どんなパートナー企業と提携するかといった具体的なアクションになる。

これらをうまく組み合わせて使うことで、MOST分析は企業やプロジェクトを成功に導く強力なツールになります。

職業職種

経営者

経営者は、ビジョンを明確にするためにMOST分析を使う。なぜなら、企業の方向性を決める大事な工程だからだ。例えば、中長期のビジネスプランを作る時。

マネージャー

マネージャーは、チームの目標達成にMOST分析を用いる。なぜなら、具体的な戦術や戦略をチームに落とし込むためだからだ。例えば、プロジェクトの進行管理。

コンサルタント

コンサルタントは、クライアント企業の問題解決にMOST分析を活用する。なぜなら、経営課題を明確にし、解決策を提供するためだからだ。例えば、業績不振の企業を再建するプロジェクト。

MOST分析の名前の由来は、Mission(経営理念)、Objective(目標)、Strategy(戦略)、Tactics(戦術)の頭文字を取って名付けられました。

MOST分析の代表例

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社は、MOST分析で有名である。なぜなら、持続可能な成長を目指して経営理念や戦略がしっかりしているから。例えば、「環境に優しい車の開発」が一つの戦略。

ソニー株式会社

ソニー株式会社は、MOST分析で名高い存在である。なぜなら、多角的なビジネスを展開しながらも、その核となる価値観や目標が明確だから。例えば、「感動を創造する」が経営理念。

任天堂株式会社

任天堂株式会社は、MOST分析で世間に知られている。なぜなら、ゲーム業界で独自の戦略と戦術を展開して成功しているから。例えば、「家庭で楽しめるゲーム」を提供するという戦術。

手順例

以下は、MOST分析の手順です。

経営理念を明確にする

経営理念を明確にすることが最初のステップである。なぜなら、これが全ての基盤となるから。例えば、「お客様第一」。

目標を設定する

目標を設定するのが次である。なぜなら、何を達成したいのかが明確でないと進められないから。例えば、「売上向上」。

戦略を考える

戦略を考えることが重要である。なぜなら、目標に到達する大きな方向性が必要だから。例えば、「新市場への進出」。

戦術を決める

戦術を決めるのが最後のステップである。なぜなら、戦略を具体的に行動に移す方法が必要だから。例えば、「特定の商品に割引を適用する」。

類似語

SWOT分析

SWOT分析は、MOST分析の類似語である。なぜなら、両方とも経営やプロジェクトの方向性を考える手法だから。例えば、SWOTは「強み、弱み、機会、脅威」を分析する。

PEST分析

PEST分析は、MOST分析の類似語である。なぜなら、外部環境を考慮する点で似ているから。例えば、PESTは「政治、経済、社会、技術」の要素を考える。

SMARTの法則

SMARTの法則は、MOST分析の類似語である。なぜなら、目標設定の方法としてよく使われるから。例えば、SMARTは「特定、測定可能、達成可能、関連性、時間枠」の頭文字。

反対語

無計画

無計画は、MOST分析の反対語である。なぜなら、MOST分析は計画と方向性を明確にするものだから。例えば、目標設定。

短絡的思考

短絡的思考は、MOST分析の反対語である。なぜなら、MOST分析は長期的な視点で考えるものだから。例えば、戦略設定。

即興

即興は、MOST分析の反対語である。なぜなら、MOST分析は事前にしっかりと考えるものだから。例えば、戦術の選定。

MOST分析の注意点

MOST分析を使用する時の注意点は情報の正確性である。なぜならば誤った情報に基づくと、全体の方向性が狂ってしまうからだ。例えば、市場調査のデータが古い場合。そして、チーム全員が理解しているか確認すること。だから、常に最新かつ正確な情報を用い、確認作業を怠らないようにする。

MOST分析とSWOT分析は、間違えやすいので注意しましょう。

MOST分析は、経営理念、目標、戦略、戦術を明確にします。

一方、SWOT分析は、強み、弱み、機会、脅威を評価します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました