PEST分析とは?外部環境を読み解く新しい視点

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとPEST分析とは

  • 外部環境の分析
  • 4つの要素で理解
  • 戦略構築の基盤

PEST分析とは、外部環境を分析する手法です。

概要説明

PEST分析とは、企業の外部環境を分析する手法である。なぜならば、事業の成功は外部環境の影響を大いに受けるからだ。

例えば、政治の安定でビジネスチャンスが広がることがある。そして、経済の動向や社会のニーズ、技術の進化も重要な要素だ。

つまり、これらの要素を総合的に分析し、戦略を計画する土台を作るのがPEST分析である。だから、未来のビジネスシーンを予測するうえで欠かせない。

PEST分析の4つの要因

Politics (政治)

これは、ある国や地域の政府の動きや法律、政策などを指す。例えば、新しい法律ができたり、政府が新しいプロジェクトを始めたりすることがこれに当たる。これらの政府の行動は、企業がどのようにビジネスを行うかに大きな影響を持つ。

Economy (経済)

これは、お金に関連する出来事や動きを見るもの。国の経済が良い時は、人々がたくさんの商品を買ったり、新しいビジネスが始まったりする。でも、経済が悪い時は、人々がお金を使わなくなったり、ビジネスが困難になったりする。企業は、これらの経済の動きをしっかりと見て、計画を立てなければならない。

Society (社会)

これは、人々の暮らしや考え方、文化などを見るもの。例えば、健康に気を使う人が増えたら、健康に良い商品が売れるようになるかもしれない。また、環境に優しい商品を求める人が増えたら、それに対応した商品を作る企業が注目される。これらの社会の変化に、企業はどう対応するかを考えるのが大切。

Technology (技術)

これは、新しい機械やコンピュータのプログラムなど、科学の進歩によって生まれる新しい技術のことを指す。これらの新しい技術によって、商品を作る方法が変わったり、新しい商品が生まれたりする。企業は、最新の技術をどう使って、自分たちのビジネスを強くするかを考える必要がある。

職業職種

経営者

経営者は、PEST分析を使用する。なぜなら、企業の戦略を明確にし、リスクを最小限にするため。例えば、新市場への展開。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、PEST分析を用いる。なぜなら、市場のトレンドを把握し、効果的な戦略を立てるため。例えば、新製品のローンチ計画。

事業開発担当者

事業開発担当者は、PEST分析を活用する。なぜなら、新しいビジネスチャンスを発見し、事業の拡大を図るため。例えば、海外市場への進出戦略。

名前の由来 PEST分析は、名前の由来は、分析の対象となる4つの要素「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」の頭文字をとったものです。

PEST分析の代表例

Apple

Appleは、PEST分析で有名である。なぜなら、その経営戦略が四つの要素全てに影響されているから。例えば、政府の規制がAppleの新製品開発に影響を及ぼす。

Uber

Uberは、PEST分析で名高い存在である。なぜなら、各国の法規制や経済状態、地域の文化が事業展開に大きく影響するから。例えば、新しい市場に進出する際に政府の規制を調査する。

Elon Musk

Elon Muskは、PEST分析で世間に知られている。なぜなら、彼が経営する企業(Tesla, SpaceXなど)は政府の方針や技術の進歩に強く影響されるから。例えば、Teslaの電動車推進政策。

手順例

以下は、PEST分析の手順です。

目的の明確化

目的の明確化は、重要である。なぜなら、分析の焦点を明確に設定することで効果的な結果を導き出せるから。例えば、新市場進出の可能性を評価する。

情報の収集

情報の収集は、基本である。なぜなら、現状の外部環境を理解するために必要なデータと情報を集める工程だから。例えば、経済指標のデータを収集する。

分析の実行

分析の実行は、核心である。なぜなら、収集した情報を元にPESTの4つの要素に沿って分析し、評価する段階だから。例えば、新技術の導入が業界にもたらす影響を考える。

結果の解釈

結果の解釈は、判断である。なぜなら、分析したデータをもとに、ビジネスに与える影響を整理・評価する作業だから。例えば、政策の変更がビジネスリスクになるかを評価する。

戦略の策定

戦略の策定は、最終目標である。なぜなら、分析結果を基に将来の方針を設定し、行動計画を作る段階だから。例えば、新しい市場に進出する戦略を立てる。

類似語

SWOT分析

SWOT分析は、PEST分析の類似語である。なぜなら、企業の内部環境と外部環境を分析するフレームワークで、戦略を設計するための一つの手法だから。例えば、企業の強み(Strengths)と弱み(Weaknesses)を明らかにする。

STEEP分析

STEEP分析は、PEST分析の類似語である。なぜなら、社会(Social)、技術(Technological)、経済(Economic)、環境(Environmental)、政治(Political)の5つの要素で外部環境を分析する手法だから。例えば、環境(Environmental)の視点を加えた分析を行う。

MOST分析

MOST分析は、PEST分析の類似語である。なぜなら、企業の内部環境を分析する際に、使われるフレームワークで、Mission, Objectives, Strategies, Tacticsの4つの要素から構成されているから。例えば、企業の長期戦略を設計する。

反対語

内部分析

内部分析は、PEST分析の反対語である。なぜなら、PEST分析が外部環境を分析するのに対し、内部分析は企業自身の強みや弱みを分析するからだ。例えばSWOT分析。

強制力

強制力は、PEST分析の反対語である。なぜなら、PEST分析は企業がコントロールできない外部の要素を分析するもので、強制力は企業が他者に影響を与える力を指すからだ。例えば規制。

被動

被動は、PEST分析の反対語である。なぜなら、PEST分析は積極的に外部環境を分析し、対策を立てるためのもので、被動はただ状況に従う態度を指すからだ。例えば反応のみ。

PEST分析の注意点

PEST分析を使用する時の注意点は情報の信頼性である。なぜならば誤ったデータに基づく分析は企業戦略に大きなリスクをもたらすからだ。

例えば公式な統計データを使用することである。そして情報の更新も重要。だから常に最新の情報をもとに分析を行うことが重要。

PEST分析とSWOT分析は、間違えやすいので注意しましょう。

PEST分析は、企業の外部環境を分析するものです。

一方、SWOT分析は、企業自身の強み・弱みと外部環境の機会・脅威を分析します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました