ペアレンタルコントロールとは?子供の安全なネット利用を支える方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとペアレンタルコントロールとは

  • 子供のネット利用を制限
  • 保護者が設定を管理
  • 安全なオンライン環境を整備

ペアレンタルコントロールとは、親が子のネット利用を監督する手段です。

概要説明

ペアレンタルコントロールとは、子どものインターネット利用を監視・制限する機能である。なぜならば、インターネットには子どもに不適切な内容も多く存在するからだ。

例えば、暴力的な内容や危険なサイトである。そして、時間制限も設けられる。つまり、健康的な生活リズムを保つ手段でもある。

だから、子供の安心なオンライン環境を整備するために重要。

職業職種

教育者

教育者は、ペアレンタルコントロールを学校の端末で使用することがある。なぜなら、生徒の安全なネット利用を支援するためだ。例えば、教育用のウェブサイトのみへのアクセスを許可する設定。

保護者

保護者は、家庭の端末でペアレンタルコントロールを設定する。なぜなら、子供の安全を保ちながらインターネットを利用させたいからだ。例えば、就寝時間後のインターネット利用をブロックする設定。

システム管理者

システム管理者は、企業の端末にペアレンタルコントロールを導入することがある。なぜなら、従業員が業務外のサイトを閲覧するのを防ぐためだ。例えば、ソーシャルメディアへのアクセスを制限する設定。

ペアレンタルコントロールは、名前の由来は英語の「Parental」(親の)と「Control」(制御)から来ています。

ペアレンタルコントロールの代表例

Google

Googleは、ペアレンタルコントロールで有名である。なぜなら、Googleファミリーリンクというサービスを提供しており、親が子供のデバイス使用時間を管理したり、安全な内容のみアクセス可能にする機能があるから。例えば、アプリのインストール承認を親がコントロールできる。

Apple

Appleは、ペアレンタルコントロールで名高い存在である。なぜなら、スクリーンタイムという機能を提供しており、親が子供のiPhoneやiPadの使用時間やアクセスできるコンテンツを制限できるから。例えば、特定の時間にデバイス使用を制限できる。

Microsoft

Microsoftは、ペアレンタルコントロールで世間に知られている。なぜなら、Microsoftファミリーセーフティというサービスを提供しており、親が子供のWindows PCやXboxの使用時間やアクセスできるコンテンツを制限できるから。例えば、ウェブブラウジングのフィルタリング設定が可能。

手順例

以下は、スマートフォンでのペアレンタルコントロール設定の手順です。

設定アプリを開く

設定アプリは、スマートフォンのコントロールセンターである。なぜなら、デバイスの様々な設定を変更できる場所だから。例えば、Wi-Fiの接続設定。

ペアレンタルコントロールを探す

ペアレンタルコントロールは、セキュリティやプライバシーの設定内で見つけることができる。なぜなら、子供の安全を保護する機能だから。例えば、スクリーンタイムやファミリーリンク。

制限を設定する

制限を設定するとは、具体的なルールを決めることである。なぜなら、これにより子供がどのアプリを使えるか、どれだけの時間使えるかをコントロールできるから。例えば、YouTubeの利用時間を1日1時間に制限。

パスコードを設定する

パスコードを設定するは、設定した制限を守らせる手段である。なぜなら、これがないと子供自身が制限を解除できてしまうから。例えば、4桁の数字を設定。

設定を保存する

設定を保存するは、これまでの設定を反映させる行動である。なぜなら、これをしないと設定が無効になってしまうから。例えば、画面の右上にある「完了」をタップ。

類似語

コンテンツフィルタリング

コンテンツフィルタリングは、ペアレンタルコントロールの類似語である。なぜなら、不適切なインターネットコンテンツの閲覧を制限する機能だから。例えば、成人向けサイトのブロック。

スクリーンタイム

スクリーンタイムは、ペアレンタルコントロールの類似語である。なぜなら、デバイスの使用時間を管理する機能だから。例えば、ゲームアプリの利用を1日30分に限定。

使用制限

使用制限は、ペアレンタルコントロールの類似語である。なぜなら、特定のアプリや機能の使用を許可したり禁止したりする設定だから。例えば、SNSアプリの利用を禁止。

反対語

無制限

無制限は、ペアレンタルコントロールの反対語である。なぜなら、全ての機能が利用可能で制限がないからだ。例えば、子どもがインターネットを自由に閲覧できる。

フリーアクセス

フリーアクセスは、ペアレンタルコントロールの反対語である。なぜなら、内容に関わらず全てにアクセスできるからだ。例えば、制限時間無しでゲームができる。

開放状態

開放状態は、ペアレンタルコントロールの反対語である。なぜなら、保護者の管理なしに端末を使えるからだ。例えば、危険なサイトも閲覧可能になる。

ペアレンタルコントロールの注意点

ペアレンタルコントロールを使用する時の注意点は、子どものプライバシーを尊重することである。なぜならば、過度な制限は子どもの自由と信頼を損なう可能性があるからだ。

例えば、全てのメッセージをチェックするような設定である。そして、適切な説明と共有を行う。だから、制限の目的とルールを子どもと話し合う重要。

ペアレンタルコントロールと監視は、間違えやすいので注意しましょう。

ペアレンタルコントロールは、子どもの安全のために一部の機能を制限するものです。

一方、監視は、子どもの行動を常にチェックする行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました