MECEとは?効率的な問題解決のためのフレームワーク

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとMECEとは

  • 漏れなく要素を整理
  • 重複なく要素を整理
  • 効率的な問題解決の手法

MECEとは、「漏れ」や「重複」を防ぐフレームワークです。

概要説明

MECEとは、問題解決のためのフレームワークである。なぜならば、全ての要素を漏れなく、重複なく整理することができるから。

例えば、新しい製品の市場戦略を立てる際に、ターゲット層を明確に定義できる。そして、無駄な努力を排除し、効率的に戦略を実行できる。

つまり、明確で効果的な解決策を導き出すための道具である。だから、ビジネスやプロジェクトで重要な判断を下す際に用いられる。

職業職種

経営コンサルタント

MECEは、クライアントのビジネス課題を解決するための道具である。なぜなら、複雑な問題も明確に整理し、効果的な解決策を導くことができるから。例えば、市場分析や競合分析。

マーケティングマネージャー

MECEは、効果的なマーケティング戦略を設計する際のフレームワークである。なぜなら、ターゲット層を明確にし、無駄な広告支出を削減できるから。例えば、顧客セグメントの明確化。

プロジェクトマネージャー

MECEは、プロジェクトの進行をスムーズに管理するための手法である。なぜなら、タスクを明確に整理し、チームの効率を最大化できるから。例えば、リソースの最適な割り当て。

MECEは、名前の由来は英語の「Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive」から来ています。これは「相互に排他的で、全体として網羅的」という意味です。

MECEの代表例

マッキンゼー&カンパニー

マッキンゼー&カンパニーは、MECEで有名である。なぜなら、このコンサルティング会社がMECEの考え方を広め、実際のビジネスでの問題解決に活用しているから。例えば、クライアント企業の戦略策定支援。

バーン・B・チュウ

バーン・B・チュウは、MECEで名高い存在である。なぜなら、彼がMECEの原則を広めたマッキンゼー&カンパニーの元ディレクターであり、MECEの普及に大いに貢献したから。例えば、彼の著書やセミナー。

ボストンコンサルティンググループ(BCG)

ボストンコンサルティンググループは、MECEで世間に知られている。なぜなら、この会社もまた、MECEの原則を用いてクライアントのビジネス課題を解決するコンサルティングを提供しているから。例えば、市場分析や競合分析。

手順例

MECEを活用した問題解決の手順です。

問題の明確化

問題の明確化は、最初のステップである。なぜなら、どの部分が問題なのかを明らかにしないと、解決策を見つけられないから。例えば、売上が減少している場合、どの部分で減少が起きているのかを特定する。

要素の分解

要素の分解は、問題を小さな部分に分けることである。なぜなら、小さな部分ごとに考えることで、全体を把握しやすくなるから。例えば、売上減少の原因を市場環境、製品、マーケティングなどに分解する。

排他的・網羅的な整理

排他的・網羅的な整理は、分解した要素が重複しないように、かつ全体を網羅するように整理することである。なぜなら、MECEの核心であり、これによって明確な分析が可能になるから。例えば、顧客層を年齢、性別、地域で分け、重複なく整理する。

分析と評価

分析と評価は、整理した要素を深く調査し、それぞれの影響度を評価することである。なぜなら、どの要素が問題解決に重要かを明らかにするためだから。例えば、どの顧客層が売上減少の主な原因であるかを分析する。

解決策の策定

解決策の策定は、分析と評価の結果を基に、具体的な行動計画を作ることである。なぜなら、分析だけでは問題は解決しないから。例えば、売上を回復するための新しいマーケティング戦略を策定する。

類似語

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングは、MECEの類似語である。なぜなら、両者ともに問題を明確に分析し、効果的な解決策を導くための思考法であるから。例えば、仮説思考。

システム思考

システム思考は、MECEの類似語である。なぜなら、全体を俯瞰して、要素間の関係性を理解する点で共通しているから。例えば、因果関係の分析。

フレームワーク

フレームワークは、MECEの類似語である。なぜなら、MECEも一つのフレームワークであり、問題解決のための枠組みを提供するものとされるから。例えば、SWOT分析

反対語

曖昧

曖昧は、MECEの反対語である。なぜなら、MECEは明確に要素を分けるのに対し、曖昧は不明瞭で境界が不鮮明な状態を指すから。例えば、明確な基準なく分類する行為。

重複

重複は、MECEの反対語である。なぜなら、MECEは要素間の重複を排除するのに対し、重複は同じ要素が複数回現れる状態を指すから。例えば、同じ項目を二つのカテゴリに分類する行為。

不完全

不完全は、MECEの反対語である。なぜなら、MECEは全体を網羅するのに対し、不完全は一部が欠けている状態を指すから。例えば、重要な要素を分析から省く行為。

MECEの注意点

MECEを使用する時の注意点は、過度な細分化である。なぜならば、あまりに細かく分けすぎると、分析が複雑になり、結論が導きにくくなるからだ。

例えば、顧客層を年齢ごとに1歳単位で分ける場合。そして、その結果、分析の効率が落ちる。だから、バランスを取ることが大切。

MECEとシステム思考は、間違えやすいので注意しましょう。

MECEは、問題を明確に分解し、排他的・網羅的に整理する手法です。

一方、システム思考は、要素間の相互関係を重視し、全体の動きを理解するアプローチです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました