チェックディジットとは?クレジットカード番号の秘密を紐解く

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 読み取り誤りを発見する工夫
  • 番号やアルファベットの見間違え防止
  • クレジットカードやバーコードに使用

チェックディジットとは、読み取り誤りを発見する仕組みです。

概要説明

チェックディジットとは、読み取りの誤りを防ぐために使用される番号や記号である。 なぜなら、「l」と「1」や「q」と「9」などの見間違えが多く、チェックディジットを使用することにより、誤った読み取りを簡単に発見できるからだ。

例えば、クレジットカードの番号にはチェックディジットが使用されている。そして、バーコードにも同様に使用されている。つまり、私たちの生活の中には、知らず知らずのうちにチェックディジットが存在しているのだ。

だから、正確なデータ読み取りを求められる場所ではチェックディジットが重要となる。

クレジットカード番号

クレジットカードの番号は通常16桁(一部のカードでは15桁や14桁)で構成されているが、その中の最後の1桁は「チェックディジット」として設定されている。

この最後の1桁は、他の15桁(またはそれに相当する桁数)の数字から算出され、それがカード番号全体の誤りを検出する役割を果たす。具体的には、特定の計算手順(ルーン・アルゴリズムと呼ばれる方法)を使って他の桁の数字を計算し、その結果からチェックディジットを得る。

もしカード番号を手入力したり、データを転送したりしたときに間違いが生じた場合、チェックディジットが計算結果と一致しなくなるため、そのような誤りを簡単に見つけることができる。このように、チェックディジットはデータ伝送の信頼性を高める重要な役割を果たしている。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、システムの開発時にチェックディジットを使用する。なぜなら、データの正確性を確保するため。例えば、ユーザーの入力情報を検証する際に。

銀行員

銀行員は、口座番号の確認時にチェックディジットを利用する。なぜなら、顧客の口座を誤ることなく確認するため。例えば、振り込みの際の口座確認に。

データ分析家

データ分析家は、データの整合性を確認する際にチェックディジットを活用する。なぜなら、データの品質を保つため。例えば、大量のデータを処理する際に。

チェックディジットは、名前の由来は英語の”Check”(チェック)と”Digit”(数字)を組み合わせたもので、そのまま「数字をチェックする」という意味が込められています。

代表例

Visa

Visaは、クレジットカード番号にチェックディジットを活用している。なぜなら、誤ったカード番号入力を防ぐためだ。例えば、手入力ミスがあったとき、チェックディジットの計算が合わなければそのカード番号は無効となる。

Amazon

Amazonは、バーコードを用いて商品管理を行い、そのバーコードにはチェックディジットが含まれている。なぜなら、商品情報の正確性を確保するためだ。例えば、商品の読み取りエラーがあった場合、チェックディジットによってそれを検知し、誤った商品の発送を防ぐ。

ISBN

ISBN(国際標準図書番号)は、出版物の一意の識別子で、チェックディジットを含んでいる。なぜなら、書籍の識別ミスを防ぐためだ。例えば、手入力ミスがあったとき、チェックディジットの計算が合わなければそのISBNは無効となる。

手順例

バーコード生成の手順です。
  1. 商品情報の確認
    商品の固有情報を確認する。なぜなら、バーコードは商品情報を符号化するためだ。例えば、商品名や価格、製造者等の情報が必要。
  2. 符号化
    確認した商品情報を符号化する。なぜなら、バーコードは情報を特殊な形で表現するからだ。例えば、数字やアルファベットを特定のパターンの線に変換する。
  3. チェックディジットの計算
    バーコードに含まれる情報からチェックディジットを計算する。なぜなら、これが読み取りエラーを防ぐ役割を果たすからだ。例えば、特定の計算法を用いて得られたチェックディジットをバーコードの末尾に付け加える。
  4. バーコードの生成
    商品情報とチェックディジットを含むバーコードを生成する。なぜなら、これが最終的な商品識別子となるからだ。例えば、生成したバーコードを商品に貼り付ける。
  5. 読み取りテスト
    生成したバーコードが正確に読み取れるかテストする。なぜなら、読み取りミスがあると商品の管理に影響が出るからだ。例えば、バーコードリーダーでバーコードを読み取り、情報が正確に出力されるか確認する。

類似語

パリティビット

パリティビットは、チェックディジットの一種で、データ伝送時のエラー検出に使われる。なぜなら、ビットの偶数性や奇数性を保つためだ。例えば、データビットの数が偶数ならパリティビットは0、奇数なら1とする。

ハッシュ関数

ハッシュ関数は、任意長のデータから固定長のハッシュ値を生成し、それがチェックディジットの役割を果たす。なぜなら、ハッシュ値は元のデータの一部が変わると全く違う値になるからだ。例えば、パスワードの保存やデータの整合性検証に使われる。

冗長性チェック

冗長性チェックは、データの冗長性(余分な情報)を用いてエラーを検出・修正する方法で、チェックディジットの一種とも言える。なぜなら、余分な情報によって原データの完全性を保つからだ。例えば、CDやDVDのデータ保存に使われるエラー訂正コード(ECC)がこれにあたる。

反対語

誤差無視

誤差無視は、間違いを無視することだ。なぜなら、誤差無視は間違ったデータもそのまま進行させるからだ。例えば、計算ミスを見つけずにそのまま答えを出すこと。

ランダム化

ランダム化は、数値や文字をランダムに生成することだ。なぜなら、ランダム化は制御不能な結果を生むからだ。例えば、乱数生成器を使ってランダムな数字を作ること。

検証省略

検証省略は、チェックせずにそのまま進行することだ。なぜなら、検証省略は間違いを訂正するチャンスを逃すからだ。例えば、テストをスキップしてプログラムをそのままリリースすること。

会話例

クレジットカード申し込みの際

「新しくクレジットカードを申し込むんだけど、なぜカードの番号がこれほど長いんだ?」
「それはセキュリティの一環だよ。その数字の一部はチェックディジットと呼ばれ、カード番号が正しく入力されたかをチェックする役割を果たすんだ。」

不正使用の疑いがある時

「このカード、不正使用の疑いがあるんだけど、どうすればいい?」
「まず、カード番号のチェックディジットを確認しよう。それが間違っていたら、そのカードは偽物かもしれないね。」

クレジットカード情報の登録時

「クレジットカード情報を登録するんだけど、どうやって正しく入力したかを確認できる?」
「クレジットカード番号の最後の1桁はチェックディジットだから、それが合っていれば大丈夫だよ。」

注意点

チェックディジットを使用する時の注意点は正確さだ。なぜならばチェックディジットは誤り検出のために使われるからだ。

例えばクレジットカードの番号である。そして、間違ったチェックディジットを使うと、誤りのないデータでも誤りがあると判断されるかもしれない。

だから、チェックディジットの計算と設定は慎重に行うべきだ。

チェックディジットとパリティビットは、間違えやすいので注意しましょう。

チェックディジットは一般的に多数のデータに対して誤りを検出する方法です。

一方、パリティビットはデータ伝送時の誤りを検出するために使われ、主に1ビットの誤りだけを検出します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました