2ステップ認証とは?不正アクセス防止の重要なステップについて

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 2ステップ認証はアカウント保護のための手段
  • ユーザーIDとパスワードの後に認証コードの手続き
  • 不正ログインを防ぐための重要なセキュリティ手段

2ステップ認証とは、IDとパスワード入力後に認証コードを入力することです。

概要説明

2ステップ認証とは、アカウント保護の手段である。なぜならば、ユーザーIDとパスワードだけではなく、認証コードという追加の手続きが必要だからだ。

例えば、銀行のATMでカードと暗証番号を使うのと似ている。そして、この認証コードは一回限りのもので、不正なログインを防ぐ助けとなる。

つまり、2ステップ認証は、あなたのアカウントを第三者から守る強力な道具である。だから、オンラインで活動するすべての人にとって必須のセキュリティ手段だ。

職業職種

ITエンジニア

ITエンジニアは、2ステップ認証を頻繁に使用する。なぜなら、日々の業務で様々なシステムやデータベースにアクセスするためだ。例えば、コードを保存するためのプライベートリポジトリ

オンラインビジネスオーナー

オンラインビジネスオーナーは、2ステップ認証を使う。なぜなら、ビジネスのアカウントやカスタマーデータのセキュリティを確保するためだ。例えば、オンライン支払い処理システムにログインする時。

一般ユーザー

一般ユーザーも、2ステップ認証を利用するべきだ。なぜなら、個人情報を保護するためだ。例えば、SNSや電子メールアカウントにログインする時。

2ステップ認証は、二つのステップを踏むことから「2ステップ認証」と名付けられてます。

代表例

Google

Googleは、ユーザーの安全を守るために2ステップ認証を利用する。なぜなら、不正ログインを防ぐ効果があるからだ。例えばGmailでは、2ステップ認証を設定すると、パスワードだけでなく携帯電話へ送られるコードも必要になる。

Facebook

Facebookは、ユーザー情報を保護するため2ステップ認証を導入している。なぜなら、不正アクセスを避け、ユーザーの個人情報を保護するためだ。例えば、新しいブラウザからのログイン時、事前に登録した携帯電話番号に認証コードが送られる。

Apple

Appleもまた、Apple IDのセキュリティを強化するために2ステップ認証を使用している。なぜなら、ユーザーの個人情報を第三者から守ることができるからだ。例えば、新しいデバイスからの初めてのログイン時には、信頼できるデバイスに認証コードが送られる。

手順例

2ステップ認証の設定手順です。

アカウントの設定へ

ログイン後、自分のアカウント設定へ移動する。なぜなら、2ステップ認証の設定はアカウント設定から行うからだ。例えばGoogleアカウントなら、右上の自分のアイコンをクリックして設定へ行く。

セキュリティ設定を開く

セキュリティ設定を探し、開く。なぜなら、ここで2ステップ認証の設定をするからだ。例えば、画面の中に「セキュリティ」や「プライバシー」などのセクションがある。

2ステップ認証を設定

2ステップ認証を見つけて設定を開始する。なぜなら、これが本来の目的だからだ。例えば、その中に「2ステップ認証」や「二段階認証」などの項目がある。

連絡先情報を入力

認証コードを受け取るための連絡先情報を入力する。なぜなら、これが二段階目の認証に使われるからだ。例えば、携帯電話番号やメールアドレスが必要になる。

設定完了

すべての手順が完了したら、設定完了。なぜなら、これで2ステップ認証の設定が終わるからだ。例えば、設定が正しくできたら、次回からログイン時には認証コードが必要になる。

類似語

二段階認証

二段階認証は、2ステップ認証と同じ意味で使われることが多い。なぜなら、認証手順が2段階あることからこの名前がついたからだ。例えば、まずIDとパスワードでのログインが一段階目で、次に認証コードを使った認証が二段階目だ。

二要素認証

二要素認証も、2ステップ認証とほぼ同じ意味だ。なぜなら、二つの異なる要素(知識・所持品)を使った認証を指すからだ。例えば、知識としてのパスワードと、所持品としての携帯電話で受け取る認証コードがそれに当たる。

マルチファクター認証

マルチファクター認証は、2ステップ認証を含むより広い概念だ。なぜなら、2つ以上の認証要素を組み合わせる任意の認証方法を指すからだ。例えば、顔認証や指紋認証を追加する方法も含む。

反対語

単一認証

単一認証は、2ステップ認証の反対語だ。なぜなら、単一認証ではパスワードだけでログインできる。例えば、ほとんどのウェブサイトで実行できる。

パスワード認証

パスワード認証も2ステップ認証の反対だ。なぜなら、2ステップ認証の第一ステップのみで完了するからだ。例えば、旧式のログイン方式によく見られる。

シングルファクタ認証

シングルファクタ認証は、2ステップ認証とは対照的だ。なぜなら、認証には1つの要素しか使わないからだ。例えば、パスワードのみでログインする方法だ。

会話例

システムエンジニアとクライアントの会話

「私たちのサイトでも2ステップ認証を導入したいんだけど、何か必要なものはある?」
「まずは、ユーザーに送るための電話番号やメールアドレスを収集する必要があるよ。それから、認証コードを生成し送信するシステムも準備しよう。」

親と子供の会話

「学校のパソコンでログインする時、なんでメールでコードが送られてくるの?」
「それは2ステップ認証というシステムだよ。それは君が本当に君自身であることを確認するためだ。」

企業内のセキュリティ担当者と従業員の会話

「なぜ2ステップ認証が必要なの?1ステップだけでも十分では?」
「2ステップ認証は、もしパスワードが他人に知られても、2つ目のステップがあるから不正ログインを防げるんだ。」

注意点

2ステップ認証を使用する時の注意点は、コードを受け取る連絡先を確認しておくことだ。なぜならば、もし連絡先が間違っていれば認証コードが受け取れず、ログインできなくなってしまうからだ。

例えば、新しい携帯番号に変えた後で連絡先を更新していない場合である。そして、送られてきたコードはすぐに入力すること。だから、コードの有効期限が切れてしまわないように気をつけよう。

2ステップ認証とワンタイムパスワードは、間違えやすいので注意しましょう。

2ステップ認証はユーザーIDとパスワードでログインした後、追加で認証コードを入力する方式です。

一方、ワンタイムパスワードは一度だけ使用可能なパスワードで、ログイン毎に新たに生成されるものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました