ローコードとは?プログラミング未経験者でもアプリ開発が可能な理由

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとローコード

  • プログラミング不要
  • ドラッグアンドドロップ操作
  • 短期間で開発可能

ローコードとは、プログラミング不要で開発できるツールです。

概要説明

ローコードとは、プログラミングの経験がない人でもWebアプリを作れる開発手法である。 なぜならば、ドラッグアンドドロップで操作できるから。

例えば、ボタンやテキストボックスを画面に配置するだけで機能を追加できる。そして、時間とコストを大幅に削減できる。つまり、手軽にアプリ開発ができる。だから、多くのビジネスで注目されている。

ローコード開発の目的

開発速度の向上

コーディング作業を簡略化し、開発プロセスを加速させる。

専門知識の要件低減

プログラミングスキルが初級レベルの人でもアプリケーションを開発できるようにする。

コスト削減

専門的な開発者に依存せずにアプリケーションを作成できるため、開発コストが削減される。

ビジネスとITの連携強化

ビジネスチームが直接アプリケーション開発に関与しやすくなる。

ローコードでできる最大のこと

複雑度のあるアプリケーション開発

ローコードプラットフォームは進化し、より複雑なビジネスロジックやデータ操作をサポートするようになっている。

カスタマイズと拡張性

一部のローコードプラットフォームでは、カスタムコードを追加してアプリケーションの機能を拡張できる。

統合機能

他のシステムやAPIとの連携をサポートし、ビジネスプロセスの自動化やデータの統合を実現する。

ローコードのデメリット

パフォーマンスの制限

高度にカスタマイズされた処理や特殊な要件を持つアプリケーションの場合、パフォーマンスが低下する可能性がある。

柔軟性の欠如

一部のローコードプラットフォームは、既定のフレームワークやテンプレートに制限されることがある。

スケーラビリティの問題

大規模なアプリケーションや高トラフィックの環境では、スケーラビリティに問題が生じることがある。

長期的な依存性

プラットフォームへの依存度が高まると、将来的に他のソリューションへの移行が困難になる可能性がある。

ローコード開発は、速度と簡単さを重視する場合に非常に有効ですが、プロジェクトの要件や目標に応じて利用するかどうかを検討する必要があります。 これらの点を考慮することで、ロードバランサーがビジネスやプロジェクトに適しているかどうかを判断することができます。

職業職種

ビジネスオーナー

ビジネスオーナーは、プロトタイプ作成である。なぜなら、高い開発コストと時間を削減できるから。例えば、新サービスのテスト版を短期間で作る。

マーケター

マーケターは、キャンペーンサイト作成である。なぜなら、短期間で反応を見ることができるから。例えば、新製品のプロモーションサイトを素早く立ち上げる。

教育者

教育者は、教育用アプリ作成である。なぜなら、プログラミングの知識がなくても独自の教材を作れるから。例えば、オンラインクイズや教育ゲームを作る。

ローコードは、名前の由来は「Low-Code」で、これは「低いコード量」を意味する英語です。この名前からも、プログラミングのコードをあまり書かなくてもアプリを作れるという特性が分かります。

ローコードの代表例

アウトシステムズ

アウトシステムズは、ローコードで有名である。なぜなら、多くの企業が使っている成熟したプラットフォームだから。例えば、高度なカスタマイズが可能な点が特徴。

QuickBase

QuickBaseは、ローコードで名高い存在である。なぜなら、ビジネスプロセスに特化していて、多くの業界で採用されているから。例えば、営業、マーケティング、HRなど多様な用途で使われている。

Appgyver

Appgyverは、ローコードで世間に知られている。なぜなら、無料で使える点と、プログラミング未経験者でも簡単にアプリを作れるから。例えば、多くのテンプレートとチュートリアルが用意されている。

手順例

以下は、ローコードで簡単なWebアプリを作る手順です。

プラットフォーム選び

プラットフォーム選びは、最初のステップである。なぜなら、どんなアプリを作るかによって最適なプラットフォームが変わるから。例えば、ビジネス用途ならQuickBaseがおすすめ。

設計

設計は、アプリの基本構造を決める。なぜなら、後から変更が難しいから。例えば、どんな画面が必要か、どんな機能を持たせるかを考える。

ドラッグアンドドロップ

ドラッグアンドドロップは、実際にアプリを作る作業である。なぜなら、これがローコードの主な操作方法だから。例えば、ボタンやテキストボックスを配置する。

テスト

テストは、作ったアプリがちゃんと動くか確認する。なぜなら、バグや不具合があると使い物にならないから。例えば、全ての機能を一つ一つ試してみる。

公開

公開は、アプリを使えるようにする最終ステップである。なぜなら、これをしないと誰も使えないから。例えば、プラットフォームによっては一つのボタンで簡単に公開できる。

類似語

ノーコード

ノーコードは、ローコードの類似語である。なぜなら、両方ともプログラミングが不要でアプリを作れるから。例えば、簡単なアプリやウェブサイトを作る場合に使われる。

ビジュアルプログラミング

ビジュアルプログラミングは、ローコードの類似語である。なぜなら、視覚的な操作でプログラミングができるから。例えば、ScratchやBlocklyなどがこれに該当する。

RAD(Rapid Application Development)

RADは、ローコードの類似語である。なぜなら、どちらも短期間でアプリを開発する手法だから。例えば、早いフェーズでプロトタイプを作りながら開発を進める。

反対語

ハードコーディング

ハードコーディングは、ローコードの反対語である。なぜなら、プログラムの中に直接値や設定を書き込むから。例えば、変更が難しくなることが多い。

手作業

手作業は、ローコードの反対語である。なぜなら、全てを一から自分で作る必要があるから。例えば、プログラミングのスキルが必要。

カスタム開発

カスタム開発は、ローコードの反対語である。なぜなら、専門のプログラマが必要で、時間もかかるから。例えば、特定のニーズに合わせて開発する。

ローコードの注意点

ローコードを使用する時の注意点は、テンプレートやコンポーネントの制限である。なぜならば、全ての機能やデザインが用意されているわけではないからだ。

例えば、高度なカスタマイズが必要な場合は難しい。そして、セキュリティの設定も自分でしっかりと行う必要がある。だから、用途によってはローコードだけでなく、専門のプログラミングも必要。

ローコードとノーコードは、間違えやすいので注意しましょう。

ローコードは、簡単なプログラミングが可能です。

一方、ノーコードは、プログラミング不要でアプリを作れます。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました