ノーコードとは?プログラミング知識不要で開発

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとノーコードとは

  • プログラミング不要
  • ITエンジニア以外も開発可能
  • 気軽に構築できる

ノーコードとは、プログラミング不要の開発方法です。

概要説明

ノーコードとはプログラミングを使わずにアプリやWebサービスを作れる方法である。なぜならば専用のプラットフォームが用意されているからだ。

例えば、簡単な操作でビジネスアプリを構築できる。そしてITエンジニア以外の人も利用できる。つまりコーディングスキルがなくても開発が可能である。

職業職種

マーケター

マーケターは、ノーコードを活用する。なぜなら、自分たちのビジネス要件に合わせたアプリを直接作れるからだ。例えば、顧客管理やキャンペーン追跡のための専用アプリ。

事業主

事業主は、ノーコードを利用する。なぜなら、開発リソースを割くことなく、ビジネスプロセスを自動化したり、業務効率を上げたりするためだ。例えば、注文管理や業績レポートの自動生成。

デザイナー

デザイナーは、ノーコードを使用する。なぜなら、自身のデザインを直接アプリに反映できるからだ。例えば、ユーザーインターフェースのデザインやプロトタイピング。

ノーコードは、その名の通り「コードを書かない」という意味の英語「No-Code」が由来です。

ノーコードの代表例

OutSystems

OutSystemsは、ノーコード開発プラットフォームとして有名である。なぜなら、プログラミングの経験がない人でも自分たちのビジネスアプリを作ることができるからだ。例えば、eコマースサイトや内部業務管理システムを作ることが可能だ。

Bubble

Bubbleは、ノーコードWebアプリケーションの開発を可能にするプラットフォームである。なぜなら、ドラッグ&ドロップのインターフェースを使ってアプリを作れるからだ。例えば、個人のブログサイトや小規模ビジネス向けのオンラインストアを作ることができる。

Ben Tossell

Ben Tossellは、ノーコードムーブメントの先駆者である。なぜなら、彼は自身が立ち上げた「Makerpad」でノーコードの教育やコミュニティの形成を牽引しているからだ。例えば、Makerpadでは多くのノーコードツールを使ったチュートリアルや、メンバー間での情報交換が活発に行われている。

手順例

ノーコードでWebサイトを作る手順です。

プラットフォームの選択

最初は、どのノーコードプラットフォームを使うかを決める。なぜなら、各プラットフォームにはその特徴と利用シーンがあるからだ。例えば、Webサイト制作ならWixやSquarespaceが適している。

デザインの決定

次に、Webサイトのデザインを決める。なぜなら、視覚的な印象は訪問者の経験に大きく影響するからだ。例えば、ビジネスサイトならプロフェッショナルなテンプレートを、個人ブログなら個性的なテンプレートを選ぶと良い。

内容の作成

次に、Webサイトの内容を作成する。なぜなら、訪問者に価値ある情報を提供することが重要だからだ。例えば、製品の詳細説明や自己紹介、ブログ記事などを作る。

テスト

最後に、全てが正しく動作するかをテストする。なぜなら、エラーはユーザーエクスペリエンスを大きく低下させるからだ。例えば、リンクが正しく動くかや、画像が適切に表示されるかを確認する。

類似語

ローコード

ローコードは、ノーコードの類似語である。なぜなら、両者ともプログラミングの経験が少ない人でもアプリを作ることができるからだ。例えば、ノーコードは全くコードを書かなくても良いが、ローコードは一部コードを書くことが必要な場合がある。

ビジュアルプログラミング

ビジュアルプログラミングは、ノーコードの類似語である。なぜなら、これもまたグラフィカルなインターフェースを使ってソフトウェアを開発できるからだ。例えば、ブロックや図形を組み合わせてプログラムを作ることができる。

Citizen Developer

Citizen Developerは、ノーコードの類似語である。なぜなら、ノーコードプラットフォームを使ってITエンジニア以外の人がソフトウェアを開発できる概念だからだ。例えば、マーケティング担当者が自分でデータ分析ツールを作ることができる。

反対語

ハードコーディング

ハードコーディングは、ノーコードの反対だ。なぜなら、全ての機能を自分で一つずつコードに書き加えるからだ。例えば、自分でウェブサイトを作る時、全てのHTMLやCSSを自分で書くこと。

ローコード

ローコードは、ノーコードとは違う。なぜなら、少しはプログラミング知識が必要だからだ。例えば、特定の機能を追加したい時、少しのコードを書く必要がある。

カスタムコード

カスタムコードは、ノーコードの反対だ。なぜなら、特定の要求を満たすために全てのコードを自分で書く必要があるからだ。例えば、特殊な機能を持つアプリを作る時、全てのコードを自分で設計すること。

ノーコードの注意点

ノーコードを使用する時の注意点は、その使い方だ。なぜならば、ノーコードは簡単にウェブサービスやアプリを作れるけど、設計の部分や具体的な操作は理解しておく必要があるからだ。

例えば、どの機能をどこに配置するべきか、それがユーザーにとって使いやすいかなどの設計面を忘れずに。

そして、ノーコードツールは多種多様なので、自分の目的に合ったものを選ぶこと。だから、ちゃんとツールを理解してから使おう。

ノーコードとローコードは、間違えやすいので注意しましょう。

ノーコードは、プログラミング知識が全くなくても使えるツールです。

一方、ローコードは、ある程度のプログラミング知識が必要なツールです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました