ネットワークエンジニアとは?その重要性と役割を解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとネットワークエンジニアとは

  • ネットワークの設計から運用まで
  • コンピュータ間の通信を円滑に
  • 技術と経験が求められる職種

ネットワークエンジニアとは、ネットワークを作り上げ運営する人です。

概要説明

ネットワークエンジニアとは、コンピュータの通信網を構築し運用する専門家だ。 なぜなら、彼らは企業や組織が必要とするネットワークを設計し、その設計通りに構築し、日々の運用を行うからだ。

例えば、新しいオフィスの開設時、そこで働く人々が必要とするデータ通信のためのネットワークを構築する。そして、そのネットワークが円滑に運用されるよう監視とメンテナンスを行う。

つまり、彼らは情報社会を支える重要な役割を果たしている。だから、ネットワークエンジニアは、現代社会にとって欠かせない存在だ。

職業職種

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、ネットワークエンジニアを頻繁に利用する。なぜなら、クライアント企業のIT環境を最適化するためには、ネットワーク設計と構築の専門知識が必要だからだ。例えば、クライアントが新しいシステムを導入する際、そのシステムを組み込むためのネットワーク設計と構築を行う。

システムエンジニア

システムエンジニアもまた、ネットワークエンジニアを頻繁に活用する。なぜなら、システムの運用や改善には、ネットワークの状態が直接影響するからだ。例えば、自社で開発したシステムが他社との通信を必要とする際、その通信のためのネットワークを確保する。

サイバーセキュリティ専門家

サイバーセキュリティ専門家もネットワークエンジニアを必要とする。なぜなら、ネットワークの安全性を確保し、攻撃から守るためには、ネットワークの構造と動きを理解する必要があるからだ。例えば、ネットワークに侵入しようとする不正な通信を検出し、その通信をブロックする。

ネットワークエンジニアという名前の由来は英語の”Network”と”Engineer”から来ています。つまり、ネットワークエンジニアは「ネットワークを設計し構築する技術者」を意味する名前です。

ネットワークエンジニアの代表例

Google

Googleは、ネットワークエンジニアの重要な役割を果たす企業だ。なぜなら、Googleのデータセンターは世界中に広がっており、その運用にはネットワークエンジニアのスキルが必須だからだ。例えば、ネットワークのトラフィックを効率的に管理して、ユーザーに迅速なサービスを提供する。

Cisco Systems

Cisco Systemsは、ネットワーク機器の大手製造会社で、ネットワークエンジニアのための資格、CCNAやCCNPなどを提供する。なぜなら、これらの資格はネットワークエンジニアのスキルを証明し、業界で高い評価を受けているからだ。例えば、CCNAはネットワークの基本知識を認証する資格だ。

Vint Cerf

Vint Cerfは、インターネットの父と呼ばれる人物だ。なぜなら、彼はTCP/IPというインターネットの基礎となるプロトコルを共同開発したからだ。例えば、TCP/IPはデータの送受信を行うためのルールで、ネットワークエンジニアが知るべき重要な知識だ。

手順例

ネットワークエンジニアがネットワークを構築する手順です。

ヒアリング

ネットワークエンジニアの仕事は、まずヒアリングから始まる。なぜなら、顧客の要求を正確に理解することがネットワーク設計の第一歩だからだ。例えば、必要な機器の数やデータの流れなどを詳しく聞く。

設計

次に、ヒアリングした情報を基にネットワークの設計を行う。なぜなら、設計が良くないとネットワークの性能が十分に発揮されないからだ。例えば、どの機器をどこに配置するかなどを決める。

提案

設計が完了したら、顧客に提案を行う。なぜなら、顧客が提案内容を承認することで、実際のネットワーク構築に移るからだ。例えば、設計内容とその効果をわかりやすく説明する。

構築

提案が承認されたら、実際にネットワークの構築を行う。なぜなら、これがネットワークエンジニアの最も重要な仕事だからだ。例えば、設計通りに機器を設置し、ケーブルを接続する。

運用・監視

構築が終わったら、ネットワークの運用と監視を行う。なぜなら、問題が発生した時にすぐに対応するためだ。例えば、不正アクセスがないか監視し、トラフィックの状況を確認する。

類似語

システムエンジニア

システムエンジニアは、ネットワークエンジニアと似ている職種だ。なぜなら、両者ともITシステムの設計や構築、運用を行うからだ。例えば、システムエンジニアはアプリケーションやデータベースの設計を行うことが多い。

ネットワーク管理者

ネットワーク管理者も、ネットワークエンジニアと類似の職種だ。なぜなら、ネットワークの運用や管理を主に担当するからだ。例えば、ネットワークのトラフィック監視や問題のトラブルシューティングを行う。

ネットワークアーキテクト

ネットワークアーキテクトは、より高度なネットワークエンジニアと言える。なぜなら、大規模なネットワークシステムの設計や最適化を担当し、長期的な視点でネットワークを管理するからだ。例えば、会社全体のネットワーク戦略を設計する。

反対語

ユーザー

ユーザーは、ネットワークエンジニアの反対語だ。なぜなら、ユーザーはネットワークを使用する人で、ネットワークエンジニアはネットワークを作る人だからだ。例えば、ユーザーはネットワークエンジニアが作ったネットワークを使う。

エンドユーザー

エンドユーザーは、ネットワークエンジニアの反対語だ。なぜなら、エンドユーザーはネットワークの最終的な利用者で、ネットワークエンジニアはネットワークの製作者だからだ。例えば、エンドユーザーはネットワークエンジニアが作ったネットワークを使う。

客は、ネットワークエンジニアの反対語だ。なぜなら、客はサービスを受ける人で、ネットワークエンジニアはサービスを提供する人だからだ。例えば、ネットワークエンジニアが作ったネットワークを、客は使う。

ネットワークエンジニアの注意点

ネットワークエンジニアとして働く時の注意点は、最新の技術トレンドを追うことだ。なぜならばテクノロジーは常に進化しており、新しいツールや技術が登場するからだ。

例えば、クラウドコンピューティングは近年非常に重要になった。そして、既存のネットワークに影響を与えないように更新作業を行うことも大切。だから常に学び続けることが重要だ。

ネットワークエンジニアとシステムエンジニアは、間違えやすいので注意しましょう。

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計や構築、監視を行う人です。

一方、システムエンジニアは、全体のシステムを設計・構築・運用する人です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました