デコードとは?「どこよりもわかりやすく、初心者でもわかりやすい」5秒で理解できる!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典
デコードをざっくりと
  • エンコードの逆の意味
  • エンコードされたデータを元に戻すこと
  • 変換されたデータを元の形式に戻すこと

ここまでで5秒!もっとくわしく知りたい人は続きをどうぞ!

デコードをわかりやすく

まず最初にエンコードの説明から

エンコードは英語で「encode」、日本語訳は、「符号化」で、符号化とはデータをデジタル形式に変換すること。もっとエンコードを知りたい方はこちらから

デコードをわかりやすく一言でいうと

エンコードで変換されたデータを元の形式に戻すということ

デコードの深堀り

もっと深堀りしてわかりやすく説明すると

データを使用するには、その機器にあった形式でないと使えないので、そのままの状態で使用できない場合、エンコードをする。エンコードしたデータでは使用できないので、元の形式にするためのデコード。

デコードの種類

例えば、以下のようなものがデコードの例として挙げられる。

  • 圧縮されたファイルの解凍ZIPファイルやRARファイルなどの圧縮ファイルを、元の状態に戻す作業
  • 暗号化されたデータの解読パスワードで保護されたファイルや、秘密のメッセージを元の状態に戻す作業
  • 文字コードの変換英数字や記号など、別の文字コードに変換されていたものを、元の文字コードに戻す作業
  • デジタル音声のアナログ変換CDやMP3などのデジタル形式で保存されている音楽を、スピーカーから音として聴けるよう、アナログ信号に変換する作業

つまりこの逆がエンコードになる。以下のようなものがエンコードの例として挙げられる。

  • パスワードを設定する自分のパスワードを他人にはわからないように、暗号化する作業
  • ファイルを圧縮するファイルを小さくするために、情報を別の形式に変換する作業
  • 日本語を英語に翻訳する日本語の意味を英語という別の言語に変換する作業

エンコードの逆がデコードで、デコードの逆がエンコードということ

デコードまとめ

  • エンコードでデジタル化されたデータを元に戻す、エンコードの逆の作業のこと
  • デコードには、圧縮されたファイルの解凍、暗号化されたデータの解読、文字コードの変換、デジタル音声のアナログ変換などがある
  • エンコードの逆ってことを覚えておけば大丈夫

デコードについて理解は深まりましたか?
まだわからない点や疑問点があれば、ぜひコメント欄で質問してください。生の声を聞かせていただければ、より良い内容を提供できるはずです。

以上、デコードについてでした。コメント欄での活発な意見交換を心よりお待ちしています!

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、どこよりもわかりやすくなるように、例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

IT業界の下層に長くいすぎたのかも知れないおじさんです。プロフィールまで見てくれてるのなら、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。

ネットの裏側を見せるYouTube運営中!!

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました