デコードとは?日本語とURLエンコードの橋渡し

ざっくりと

  • 元の形式に戻す
  • URLから日本語へ
  • 二進数から文字へ

デコードとは、データを元に戻すことです。

概要説明

デコードとは元の形式に戻すことである。 なぜならば、データが異なる形式で扱われる時、それを解釈できるようにする必要があるから。

例えばURLエンコードから日本語へ戻すことである。そして、コンピュータが読み込めるように二進数で、表したコードを文字に戻すこともデコード。

データつまり、情報の互換性と利便性を高める工程である。だから、コミュニケーションの基盤。

職業職種

  1. ウェブ開発者
    デコードは、ウェブサイト制作である。なぜなら、URLエンコードされた日本語を解釈する必要があるから。例えば、検索クエリの処理。
  2. プログラマ
    デコードは、ソフトウェア開発である。なぜなら、異なる文字コード間で変換する作業が多いから。例えば、国際化対応。
  3. データアナリスト
    デコードは、データ解析である。なぜなら、異なるデータ形式を統合・解析する必要があるから。例えば、複数データソースの連携。

デコードは、名前の由来は英語の “decode” です。”De-” は「逆」を意味し、”code” は「コード」を意味するので、「コードを逆にする」つまり「元に戻す」という意味になります。

類似語

  • 変換
    変換は、データの形式を変えることである。なぜなら、デコードもエンコードも、データの形式を変える作業だから。例えば、音楽ファイルをMP3からWAVにすること。
  • 復号
    復号は、暗号化されたデータを元に戻すことである。なぜなら、デコードも元の形式に戻す作業で、これには暗号の解読も含まれるから。例えば、セキュリティが強化された情報を読み取ること。
  • 解析
    解析は、複雑なデータを分析することである。なぜなら、デコードも特定の形式から人間が理解できる形式への変換として解析の一形態だから。例えば、気象データから天気予報を作ること。

反対語

  • エンコード
    エンコードは、データを元の形式から他の形式に変換することである。なぜなら、デコードが元の形式に戻す作業なのに対して、エンコードは元の形式から新しい形式へ変えるから。例えば、日本語をURLエンコードすること。
  • 圧縮
    圧縮は、データの容量を減らすことである。なぜなら、デコードが元のデータに戻すことで、圧縮はデータを小さくするから。例えば、大きな画像ファイルを小さくすること。
  • 暗号化
    暗号化は、データを他人に読まれないようにすることである。なぜなら、デコードがデータを理解できる形式にするのに対して、暗号化はデータを隠すから。例えば、秘密のメッセージを保護すること。

会話例

  1. プログラマーとクライアントのミーティングで
    Q.「このデータはどう変換すればいいですか?」
    A.「それはデコードを使って元の形式に戻せます。」
  2. ウェブデザイナーとマネージャーの議論で
    Q.「URLエンコードから日本語へ戻すには?」
    A.「デコードを使って変換するのが一番です。」
  3. 教師が生徒にコンピュータサイエンスを教える場面で
    Q.「文字コードとデコードの関係は?」
    A.「文字コードは二進数で表され、デコードで人間が理解できる文字に戻すよ。」

注意点

デコードを使用する時の注意点は正確性である。なぜならば間違った方法でデコードすると、元のデータと異なる結果が出ることがあるからだ。

例えば、URLの日本語変換で誤ったデコードを使うと文字化けすることがある。そして、この文字化けは修正が難しい場合もある。だから、正しいデコード手法の選択が重要だ。

デコードとエンコードは、間違えやすいので注意しましょう。

デコードは元のデータ形式に戻すことです。

一方、エンコードは、元のデータ形式から新しい形式へ変えることです。

記事を書いてる人

ガラケー時代からWEB開発やってる自宅SE です。

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

ネット事件簿チャンネルを運営しているので、YouTubeもぜひ覗いてみてください!!

雨おやじのSNSを覗く!!
IT用語辞典
雨おやじのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント