サイバースクワッティングとは?その影響と対策

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 著名なドメイン名の取得
  • ドメイン名の高額転売
  • DRPの導入とその意義

サイバースクワッティングとは、ドメイン名を不正に利用する行為です。

概要説明

サイバースクワッティングとは、ドメイン名を不正に取得して使う行為だ。 なぜなら、有名な名前を早く取得してしまえば自分のものになるからだ。

例えば、大企業の名前を使ったドメインを登録すれば、それを高額で転売できる。そして、その名前の認知度を使ってユーザーを自分のサイトに誘導できる。

つまり、利益を得るための不正行為だ。だから、DRPが作られ、そのような行為が発覚した場合、権利を取り消すことができる。

職業職種

ウェブマスター

ウェブマスターは、サイバースクワッティングに気をつける必要がある。なぜなら、自分のサイトのドメイン名が不正に利用される可能性があるからだ。例えば、競合他社による不正なドメイン取得などだ。

企業経営者

企業経営者は、サイバースクワッティングを理解し対策を講じる必要がある。なぜなら、自社のブランドイメージや信頼性が損なわれる可能性があるからだ。例えば、不正なサイトへの誘導による詐欺被害などだ。

一般ユーザー

一般ユーザーは、サイバースクワッティングによる不正サイトに騙されないようにする必要がある。なぜなら、誤った情報を取得するか、個人情報が漏れる可能性があるからだ。例えば、詐欺サイトに誘導されてしまう可能性などだ。

サイバースクワッティングは、名前の由来は「サイバースペース(インターネット)でのスクワッティング(不法占拠)」から来ています。

代表例

マイクロソフト

マイクロソフトは、サイバースクワッティングの例である。なぜなら、彼らの著名なドメイン名を不正に取得しようとする人がたくさんいるからだ。例えば、”microsoftproducts.com”など。

アップル

アップルは、サイバースクワッティングの犠牲になった企業である。なぜなら、彼らのブランド名を使ってドメイン名を取得しようとする不正な行為が度々起こるからだ。例えば、”appleproducts.com”など。

ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツは、サイバースクワッティングの対象になった人物である。なぜなら、彼の名前の知名度を利用して、不正にドメイン名を取得しようとする人がいるからだ。例えば、”billgatessupport.com”など。

手順例

  1. ターゲットを決める
    狙うドメイン名を決める。なぜなら、有名な名前ほど価値が上がるからだ。例えば、有名なブランド名や人名を使う。

  2. ドメイン名を登録
    ドメイン名を登録する。なぜなら、これが不正行為の最初の一歩だからだ。例えば、一般的なドメイン登録サイトを使う。

  3. 利益を得る
    高額で転売するか、訪問者を自分のサイトに誘導する。なぜなら、これがサイバースクワッティングの主な目的だからだ。例えば、オークションサイトで転売したり、広告を掲載して利益を得る。

  4. 所有者に移転
    不正が露見した場合、DRPによりドメイン名を正当な所有者に移転する。なぜなら、これがサイバースクワッティングへの対策だからだ。例えば、裁判所の判断により移転が行われる。

サイバースクワッティングは、やめましょう!

類似語

ドメインスニッピング

ドメインスニッピングは、サイバースクワッティングに似ている。なぜなら、両者ともにドメイン名を利用した不正行為だからだ。例えば、他人が手放したばかりのドメイン名をすぐに取得する行為だ。

ドメインクラッキング

ドメインクラッキングもサイバースクワッティングに近い。なぜなら、両者ともに他人の知名度を利用する行為だからだ。例えば、有名なドメイン名を少し変えて利用する行為だ。

タイポスクワッティング

タイポスクワッティングは、サイバースクワッティングと似た行為だ。なぜなら、両者ともに他人のドメイン名を利用した不正行為だからだ。例えば、打ち間違えやすいドメイン名を利用する行為だ。

反対語

ドメインの公正利用

これは、自分の名前やビジネスに関連したドメイン名を正直に使うことだ。なぜなら、この場合、名前を不正に使ったり高く売ったりしないからだ。例えば、自分の会社の名前でウェブサイトを作ること。

公式サイト

公式サイトは、あるブランドや企業の正規のウェブサイトだ。なぜなら、そのブランドや企業が直接管理し、ユーザーに正確な情報を提供するからだ。例えば、ある商品の公式サイトでその商品の情報を得ること。

権利保護

権利保護は、他人に自分の名前やブランドを不正に使わせないことだ。なぜなら、これによって不正行為を防ぐからだ。例えば、自分の商標を登録すること。

会話例

  1. 授業の中で
    Q.「先生、サイバースクワッティングって何?」
    A.「それは有名なドメイン名を不正に取得して、自分の利益のために使ったり、高額で売ったりする行為だよ。」

  2. 友達との話し合い中で
    Q.「どうしてサイバースクワッティングって問題なの?」
    A.「それは本来の所有者の権利を侵害し、ユーザーを混乱させるからだよ。」

  3. 親への説明中で
    Q.「サイバースクワッティングに対処する方法ってあるの?」
    A.「うん、DRPというドメイン名紛争処理方針があるから、不正目的の行為があった場合、正当な所有権者のもとに権利を移すことができるんだ。」

注意点

サイバースクワッティングを行う場合の注意点はその行為が違法であることだ。なぜならば、他人の名前や商標を不正に使用することは法律に反するからだ。

例えば、Appleのような有名な名前をドメイン名として使って、それを売ろうとする行為は違法だ。そして、その行為が発覚した場合、厳しい罰則が待っている。

だから、正直に自分の名前やブランドを使ってビジネスを展開しよう。

サイバースクワッティングとドメインスヌーピングは、間違えやすいので注意しましょう。サイバースクワッティングは有名なドメイン名を不正に取得することで、ドメインスヌーピングは他人が所有するドメイン名の有効期限が切れるのを待って、その瞬間に登録する行為です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました