ソフトウェアメトリクスとは? シンプルに理解できる基本解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ソフトウェアの品質を数値化
  • 開発プロセスを定量評価
  • 効率的な開発手法を示す

ソフトウェアメトリクスとは、品質を数値化し開発を最適化する方法です。

概要説明

ソフトウェアメトリクスとはソフトウェアの品質や開発プロセスを数値で評価する方法である。 なぜならば、品質や開発プロセスを数値化することで、問題を明確に見える化し、改善策を考えやすくなるからだ。

例えばソースコードの規模や複雑さを数値化することで、そのソフトウェアの保守性や持続可能性を判断することができる。そして、これらの数値は開発者やマネージャーにとって貴重なフィードバックとなり、より良いソフトウェアを生み出すための指針となる。

つまり、ソフトウェアメトリクスはソフトウェア開発をより効率的で質の高いものにするための重要なツールである。だから、開発者やプロジェクトマネージャーはソフトウェアメトリクスの理解と活用を重視する。

職業職種

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者は、ソフトウェアメトリクスを使用する。なぜなら、自分が書いたコードの品質を数値で評価できるからだ。例えば、コードの複雑さやテストのカバレッジ率などを測定する。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、ソフトウェアメトリクスを利用する。なぜなら、開発プロセス全体の効率や品質を把握し、改善の方向性を定めるのに役立つからだ。例えば、バグ発生率や開発時間などを計測する。

品質保証担当者(QA)

品質保証担当者は、ソフトウェアメトリクスを用いる。なぜなら、ソフトウェアの品質を客観的に評価し、品質向上のためのアクションを考えるのに役立つからだ。例えば、バグの傾向やテストの完全性を評価する。

ソフトウェアメトリクスの名前の由来は、「Software」(ソフトウェア)と「Metrics」(メトリクス、計測)の組み合わせからきています。

代表例

一般社団法人日本情報システム(JUAS)

JUASは、ソフトウェアメトリクスの調査と情報提供を行う組織だ。なぜなら、「ソフトウェアメトリクス調査報告書」や「企業IT動向調査」などの統計白書を発表しているからだ。これらの報告書はソフトウェアの品質と開発効率の向上に役立つ。

ソースコードの規模や複雑さを計測するツール

これらのツールは、ソフトウェアメトリクスを実現する手段だ。なぜなら、ソフトウェアの品質を数値化し、保守性や持続性を評価するのに必要だからだ。例えば、SonarQubeやCodeClimateといったツールがある。

効率的な開発手法を提案するコンサルタント

コンサルタントは、ソフトウェアメトリクスを活用する専門家だ。なぜなら、メトリクスを基に開発手法の改善や顧客満足度向上の提案を行うからだ。例えば、”Agile Coach”などの役職がこれに当たる。

手順例

ソフトウェアメトリクスを使って開発プロセスを評価する手順です。
  1. 目的の明確化
    最初に、メトリクスを使う目的を明確にする。なぜなら、目的によって必要なメトリクスは変わるからだ。例えば、品質向上を目指すならバグ数やテストカバレッジを見る必要がある。
  2. 必要なメトリクスの選定
    次に、目的に応じて必要なメトリクスを選ぶ。なぜなら、関係ないメトリクスを見ても時間の無駄になるからだ。例えば、開発効率を上げたいならコードの規模や複雑さを計測する。
  3. ツールの選定と導入
    選定したメトリクスを計測するためのツールを選び、導入する。なぜなら、手動でメトリクスを計測するのは非効率だからだ。例えば、SonarQubeやCodeClimateなどが利用できる。
  4. 計測と評価
    ツールを使ってメトリクスを計測し、結果を評価する。なぜなら、メトリクスの値だけではなく、その変動や傾向も重要だからだ。例えば、バグ数が減っているか、コードの規模が適切かを見る。
  5. 改善策の実行と再評価
    最後に、評価結果を基に改善策を実行し、再度評価を行う。なぜなら、一度の評価だけでは改善の効果が確認できないからだ。例えば、バグ数が減ったか、コードの規模が適切になったかを再度確認する。

類似語

ソフトウェア品質指標

ソフトウェア品質指標も、ソフトウェアメトリクスと同じくソフトウェアの品質を数値化する。なぜなら、どちらもソフトウェアの状態を数値で示すからだ。例えば、バグ数やテストカバレッジ率を指標とする。

コードメトリクス

コードメトリクスは、ソフトウェアメトリクスの一部だ。なぜなら、コードの品質や規模、複雑さを数値化するからだ。例えば、行数や循環的複雑度を計測する。

プロセスメトリクス

プロセスメトリクスも、ソフトウェアメトリクスの一部で開発過程を評価する。なぜなら、開発効率やチームのパフォーマンスを数値化するからだ。例えば、イテレーションの速度やチームのバーンダウンレートを計測する。

反対語

質的評価

質的評価は、ソフトウェアメトリクスの反対だ。なぜなら、数値ではなく感じたり経験したりするものを評価するからだ。例えば、ユーザーの満足度をアンケートで尋ねることがこれに当たる。

手動評価

手動評価は、ソフトウェアメトリクスの反対だ。なぜなら、自動ではなく人間が直接評価するからだ。例えば、コードレビューは人間がコードを直接読み、品質を評価する。

非構造化データ

構造化データは、ソフトウェアメトリクスの反対だ。なぜなら、明確な形式や規則がなく、数値化しづらいからだ。例えば、ユーザーレビューやフリーコメントはこれに当たる。

会話例

チームミーティング中に新しい開発手法の話題になったとき

「ソフトウェアメトリクスってなんだっけ?」
「それは、ソフトウェアの品質を数字で示す方法だよ。たとえば、バグの数やコードの行数なんかを測るんだ。」

プロジェクトの改善を考えるミーティングで

「ソフトウェアメトリクスを使って何を改善できるの?」
「開発手法の改善や品質管理ができるよ。具体的には、バグの数を減らしたり、コードの行数を適切に保つことができるんだ。」

新人エンジニアが業界の専門用語について尋ねたとき

「ソフトウェアメトリクスって何?何に使うの?」
「それは、ソフトウェアの品質や開発プロセスを数字で評価する手法だよ。それを使うと、品質の向上や効率的な開発手法を見つけられるんだ。」

注意点

ソフトウェアメトリクスを使用する時の注意点は適切なメトリクスの選択である。なぜならばメトリクスによって評価できる項目が異なるからだ。

例えば、品質を評価したければバグ数やテストカバレッジが必要だ。しかし、これらだけでは開発効率は評価できない。だから目的に応じて適切なメトリクスを選ぶことが大切だ。

ソフトウェアメトリクスとプロジェクト管理は、間違えやすいので注意しましょう。

ソフトウェアメトリクスは品質や開発効率を数値で評価するものです。

一方、プロジェクト管理はタスクの進行状況や期日管理など全体の進行をコントロールするものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました