PDCAとは?効果的な改善の4ステップ解説。

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとPDCAとは

  • ビジネスの4段階改善方法
  • Plan, Do, Check, Actのサイクル
  • 目標達成のための繰り返し

PDCAとは、ビジネス成功の4ステップサイクルです。

概要説明

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の4ステップサイクルである。 このサイクルは目標の達成と改善のための基盤となる。

PDCAを繰り返し行うことで継続的な成果を得ることができる。つまり、PDCAは組織の成長をサポートするツールである。だから、多くの企業で取り入れられている。

職業職種

マネージャー

マネージャーは、PDCAサイクルを利用する。なぜなら、チームの業績を向上させるため。例えば、月次の業績評価時。

商品開発者

商品開発者は、新製品の品質を保証するためPDCAを使用する。なぜなら、市場のニーズに合わせた改善が必要だから。例えば、テスト市場での販売後の評価時。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、キャンペーンの効果を最大化するためPDCAを活用する。なぜなら、広告の効果を測定し、次回に活かすため。例えば、広告キャンペーンの反響を分析する時。

PDCAを繰り返すことから「PDCAサイクル」、「PDCAを回す」と言われます。

PDCAの手順例

以下は、PDCAの実行手順です。

計画を立てる (Plan)

最初に目標を決める。なぜなら、目的なしで動き出すと迷ってしまうから。例えば、新製品の売り上げ目標設定。

実行に移す (Do)

次に計画に基づいて行動する。なぜなら、計画だけでは何も始まらないから。例えば、新製品の宣伝活動を始める。

結果を評価する (Check)

行動の結果を見てどうだったか確かめる。なぜなら、成功か失敗かを知るため。例えば、売り上げ目標に対する実績を確認する。

改善する (Act/Adjust)

結果を基に次回の計画をよりよくする。なぜなら、同じ失敗を繰り返さないため。例えば、宣伝活動の方法を変更する。

観察する (Observe: OPDCAの場合)

全体の流れや状況を見て変化に気付く。なぜなら、外部の変化に対応するため。例えば、市場のトレンドや競合の動きをチェックする。

類似語

DMAIC (Define, Measure, Analyze, Improve, Control)

DMAICは、Six Sigmaの方法論の一つである。なぜなら、品質の改善やプロジェクトの効果を最大化するため。例えば、製造業での品質管理に使用する。

OODA (Observe, Orient, Decide, Act)

OODAは、高速な状況下での意思決定のためのサイクルである。なぜなら、迅速に状況を把握し対応するため。例えば、軍事やスポーツでの戦略的意思決定に使用する。

8D (Eight Disciplines)

8Dは、問題解決の手法である。なぜなら、問題の根本原因を特定し解決するため。例えば、製造業での品質問題やクレーム対応に使用する。

反対語

無計画行動

無計画行動は、何も考えずに行動することである。なぜなら、PDCAは計画を立てて行動することを重視するから。例えば、テスト勉強をしないで当日を迎えること。

単発的行動

単発的行動は、一度きりの行動で終わらせることである。なぜなら、PDCAは繰り返し行動を改善することを目的としているから。例えば、失敗してもそのまま放置すること。

反省しない行動

反省しない行動は、自分の行動を見直さないことである。なぜなら、PDCAは自分の行動をチェックして改善することが大切だから。例えば、同じ失敗を繰り返すこと。

PDCAの注意点

PDCAを使用する時の注意点は継続性である。なぜならば一度だけの行動では効果を十分に感じられないからだ。

例えば、一回の失敗でPDCAを放棄するのは避けるべきだ。そして、全てのステップをきちんと踏む。だから、継続的に取り組むことが大切だ。

PDCAとOODAは、間違えやすいので注意しましょう。

PDCAは、計画を立ててから行動し、評価して改善することを目的としています。

一方、OODAは、観察から始めて迅速に判断し行動するサイクルです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました