クラウドストレージとは?役立つIT用語辞典

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 全世界からアクセス可能
  • インターネット上のデータ保管
  • デバイス間のデータ共有が容易

クラウドストレージは、データをインターネット上からどこからでも保管できます。

概要説明

クラウドストレージとはインターネット上のデータ保管方式である。 なぜならばデータを物理的なストレージではなく、クラウド上に保存するからだ。

例えばGoogle DriveやDropboxなどがその例である。 そして、全世界からどのデバイスからでもアクセス可能だ。

つまり、データを安全に保存しながら手軽に共有できる。 だから、仕事や学習など、さまざまな場面で活用されている。

職業職種

ビジネスパーソン

クラウドストレージは、仕事の効率化ツールである。なぜなら、ファイル共有が簡単だからだ。例えば、Google Driveでのドキュメント共有。

学生

クラウドストレージは、学習資料の整理に便利である。なぜなら、どこからでもアクセス可能だからだ。例えば、教科書のPDFをクラウドに保存。

写真家

クラウドストレージは、大量の写真データの保管場所である。なぜなら、物理的なストレージスペースの制限を気にせずに保存できるからだ。例えば、Adobe Creative Cloudでの写真保存。

クラウドストレージの名前の由来は、”cloud”(雲)がインターネットを、”storage”(ストレージ)が保管場所を指す英語から来ています。

代表例

Google Drive

Google Driveは、Googleが提供するクラウドストレージである。なぜなら、無料で15GBまで使用でき、Googleの他のサービスとの連携が可能だからだ。例えば、GmailやGoogle Docsとのシームレスな統合。

Dropbox

Dropboxは、ユーザー間のファイル共有に強いクラウドストレージである。なぜなら、リンクを通じて簡単にファイルを共有できるからだ。例えば、ビジネスのプロジェクトでのドキュメント共有。

OneDrive

OneDriveは、Microsoftのクラウドストレージサービスである。なぜなら、Office 365との深い統合があるからだ。例えば、WordやExcelのファイルをクラウド上で直接編集。

手順例

サービスを選択

クラウドストレージサービスを選択する。なぜなら、サービスごとに料金、機能、セキュリティーなどが異なるから。例えばGoogle Drive、Dropboxなどがある。

アカウントを作成

アカウントを作成する。なぜなら、それぞれのサービスを使用するにはアカウントが必要だから。例えばメールアドレスとパスワードで登録。

アップロード

必要なデータをアップロードする。なぜなら、クラウド上にデータを保存するためにはアップロードが必要だから。例えばドキュメントや写真など。

データの管理

データの管理を行う。なぜなら、ファイルの整理や共有、権限の設定などを行うことができるから。例えばフォルダを作成し、ファイルを整理する。

データにアクセス

必要なデータにアクセスする。なぜなら、どこからでもデータにアクセスできるのがクラウドストレージの利点だから。例えばスマートフォンからアクセスする。

類似語

オンラインストレージ

オンラインストレージは、クラウドストレージである。なぜなら、インターネット上でデータを保管するシステムを指す共通の言葉だから。例えばOneDrive、iCloudなど。

Webストレージ

Webストレージは、クラウドストレージである。なぜなら、これも同様にインターネット上でデータを保管するシステムを指す言葉だから。例えばGoogle Driveなど。

クラウドサービス

クラウドサービスは、クラウドストレージを含む概念である。なぜなら、クラウドサービスはストレージの提供だけでなく、ソフトウェアやプラットフォームの提供も含むから。例えばAmazon Web Services(AWS)など。

反対語

ローカルストレージ

ローカルストレージは、クラウドストレージの反対である。なぜなら、ローカルストレージは物理的なデバイス内にデータを保存する方法だから。例えば内蔵ハードドライブやUSBメモリなど。

オフラインストレージ

オフラインストレージは、クラウドストレージの反対である。なぜなら、オフラインストレージはインターネット接続が不要な保存方法だから。例えばDVDやブルーレイディスクなど。

物理的ストレージ

物理的ストレージは、クラウドストレージの反対である。なぜなら、物理的ストレージは具体的な物理デバイス上にデータを保存する方法だから。例えばSSDやHDDなど。

会話例

職場での会話

Q.「仕事のデータを家でも編集したいんだけど、どうすればいい?」
A.「クラウドストレージに保存すれば、どこからでもアクセスできるよ。」

学校での課顔間

Q.「グループでのプロジェクトで共有ファイルを作りたいんだけど?」
A.「クラウドストレージを使えば共有と編集が簡単にできるよ。」

友人とのカフェでの会話

Q.「写真を大量に保存してるけど、スマホの容量が心配…」
A.「クラウドストレージを使えば、デバイスの容量を気にせずに大量の写真も保存できるよ。」

注意点

クラウドストレージを使用する時の注意点はセキュリティ対策である。 なぜならばクラウドストレージはインターネットを通じてデータにアクセスするので、セキュリティの脅威があるからだ。

例えば、パスワードの管理、2段階認証の設定などがある。 そして、個人情報や重要な情報を保存する際には暗号化の手段を検討することも重要だ。

だから、クラウドストレージを安全に利用するためには、これらのセキュリティ対策を適切に行うことが必要だ。

クラウドストレージと物理的ストレージの違いは、クラウドストレージはインターネット経由でデータにアクセスできる一方、物理的ストレージは具体的なデバイス上にデータを保存することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました