シナジー効果とは?協力で得られる驚くべき効果に迫る!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 協力による期待以上の結果
  • ビジネスでよく使われる
  • 事業提携の成功を導く

シナジー効果(Synergy effect)
協力による期待以上の結果が生まれることです。

概要説明

シナジー効果とは協力から生まれる強力な力だ。 なぜならば一人だけでやるよりも協力することで得られる結果が大きくなるから。例えば企業が提携して新しい事業を始めるとき。そしてその結果が予想を超えて大きければそれはシナジー効果だ。つまり協力の力が大きな成果を生む。

職業職種

経営者

経営者は、シナジー効果をよく使う。なぜなら、企業提携や合併で期待以上の結果を出すため。例えば新たな市場の開拓。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、シナジー効果を活用する。なぜなら、複数の施策を組み合わせて効果を最大化するため。例えば広告とイベントの連携。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、シナジー効果を期待する。なぜなら、チームの協力によりプロジェクトを成功に導くため。例えば各メンバーのスキルの組み合わせ。

シナジー効果の名前の由来は、ギリシャ語の”synergos”からきています。これは「共に働く」という意味です。

代表例

Google

Googleは、シナジー効果の成功例として知られる。なぜなら、様々なサービスを統合し、その結果ユーザー体験を高めているからだ。例えば、GmailとGoogleカレンダー、Googleドキュメントの連携である。

Apple

Appleは、ハードウェアとソフトウェアのシナジー効果を最大化している。なぜなら、自社で製品全体を設計・制作することで、ハードウェアとソフトウェアの最適な調和を実現しているからだ。例えば、iPhoneとiOSの連携がそれにあたる。

Amazon

Amazonは、Eコマースとクラウドサービスのシナジー効果を実現している。なぜなら、自社で開発したクラウド基盤を、自社のECサイトだけでなく、他社へのサービス提供にも活用しているからだ。例えば、Amazon Web Services(AWS)の展開がその一例だ。

手順例

シナジー効果を追求する手順です。

目標設定

まずは明確な目標を設定する。なぜなら、シナジー効果を追求するためには、達成したい目標が必要だからだ。例えば、「利益を2倍にする」や「効率を50%上げる」など具体的な目標を設定する。

協力相手の選定

次に協力する相手を選ぶ。なぜなら、シナジー効果は協力によって生まれるからだ。例えば、同じ目標を持つ人、専門知識を持つ人などを探す。

協力の方法を決める

協力の方法を詳細に決める。なぜなら、どのように協力するかがシナジー効果の大小を決めるからだ。例えば、情報の共有方法や協力の頻度などを決定する。

実行する

計画を実行する。なぜなら、計画だけでなく行動が必要だからだ。例えば、定期的なミーティングを設定して、協力を実際に行う。

評価と改善

最後に行動の結果を評価し、必要な改善を行う。なぜなら、シナジー効果は継続的な改善によって最大化するからだ。例えば、目標達成度や協力の効果を定期的に評価し、必要な改善策を立てる。

類似語

協調効果

協調効果は、シナジー効果と類似の概念だ。なぜなら、共同で活動することによって、個々では得られない効果が生まれるからだ。例えば、チームスポーツでの連携プレーがそれにあたる。

加法的効果

加法的効果は、シナジー効果とよく比較される。なぜなら、それぞれの要素が独立に作用し、その効果が単純に足し合わされることを指すからだ。しかし、シナジー効果は単なる足し算以上の効果を生む。

連携効果

連携効果もシナジー効果と似ている。なぜなら、異なる要素が協力し合うことによって、個々の効果を超える新たな効果が生まれるからだ。例えば、組織内の異なる部署が連携して仕事を進めるときなどに用いられる。

反対語

非協力

非協力は、シナジー効果の反対語である。なぜなら、一緒に働くことで生まれる追加的な価値を生み出さないからだ。例えば、チームプロジェクトで一人だけが働いて、他の人は何もしない場合だ。

単独作業

単独作業は、シナジー効果の反対語である。なぜなら、他者との協力なしで行われ、期待以上の結果が出ないからだ。例えば、一人での学習や一人での料理などだ。

減算効果

減算効果は、シナジー効果の反対語である。なぜなら、人や要素が増えることで効果が減る現象だからだ。例えば、会議での話し手が増えすぎて意見がまとまらない状況だ。

会話例

学校のプロジェクトでの場面

「なんでみんなでやる方がいいの?」
「それはシナジー効果って言って、一緒にやった方が予想以上の良い結果が出るからだよ。」

スポーツチームの練習の場面

「なんでチームで練習するの?」
「それはシナジー効果っていうんだけど、一緒に練習することで各人がもたらす効果が上乗せになるからさ。」

ビジネスの打ち合わせの場面

「なんで他の会社と提携するの?」
「それはシナジー効果を期待してのことだよ。各社が持ってる利点を組み合わせることで、単独よりも大きな成果が期待できるからさ。」

注意点

シナジー効果を利用する時の注意点は、「全てがシナジー効果を生むわけではない」である。なぜならば、人や要素が合わさるだけで必ずしも良い結果が出るとは限らないからだ。

例えば、適性や能力が合わない人々が集まった場合、結果が出ないこともある。そして、シナジー効果を期待する以上に、それぞれの強みや特性を理解し、適切に組み合わせることが重要だ。

だから、ちゃんと計画してからシナジー効果を目指そう。

シナジー効果と協力の違いは、間違えやすいので注意しましょう。シナジー効果は単なる協力以上に、互いの強みを活かすことで得られる追加的な価値を指し、協力はただ単に一緒に何かを達成することを指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました