シーサートとは?情報セキュリティを守るための組織の役割

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 情報セキュリティ専門のチーム
  • インシデント原因分析と対策立案
  • 特定の機関ではない自由な組織

シーサート = CERT

シーサートとは情報セキュリティに特化した専門チームです。

概要説明

シーサートとは情報セキュリティの専門家で結成されたチームである。 なぜならばコンピューターやネットワークの情報セキュリティに関するインシデントに対応するためだからだ。

例えばサイバー攻撃やシステム障害である。そして、インシデントの原因分析や対策立案を行う。つまり、情報システムを守るための防衛線である。だから、IT環境を保全するために欠かせない存在だ。

職業職種

情報セキュリティマネージャー

彼らは、シーサートを利用する。なぜなら、インシデントが発生した際の対策や回避策を立案するためだ。例えば、サイバー攻撃が起こった際には、シーサートのメンバーと連携して対応する。

ネットワークエンジニア

彼らもシーサートを利用する。なぜなら、ネットワークの安全性を維持し、インシデントに迅速に対応するためだ。例えば、ネットワークの異常が発見された際に、シーサートのアドバイスに基づいて対策を講じる。

システム管理者

彼らもまた、シーサートを利用する。なぜなら、システムの安全性と稼働を保つためだ。例えば、システムがサイバー攻撃を受けたときに、シーサートのガイダンスを受けて対応する。

シーサートは、英語の”Computer Emergency Response Team”の頭文字をとって名付けられています。

類似語

インシデントレスポンスチーム

これは、シーサートと同じで、情報セキュリティ問題に対処するチームだ。なぜなら、インシデントレスポンスは、セキュリティインシデントが発生した際の対応を指すからだ。例えば、システムがクラッキングされたときに、どのように対応するかを策定する。

セキュリティオペレーションセンター(SOC)

これもシーサートに似ている。なぜなら、SOCも情報セキュリティに関する問題に対応する部門だからだ。例えば、組織全体のセキュリティを監視し、必要な対策を行う。

サイバーセキュリティチーム

これもシーサートと同じく、情報セキュリティに対処する専門家のチームだ。なぜなら、サイバーセキュリティはコンピューターやネットワークのセキュリティを維持し、攻撃から守るための一連の技術だからだ。例えば、ハッキングやウイルスからシステムを保護する。

反対語

攻撃者

攻撃者はシーサートの反対語と言える。なぜなら、シーサートはセキュリティ問題に対処する人たちを指すが、攻撃者はその問題を起こす人たちだからだ。例えば、ハッカーが不正アクセスを試みると、シーサートがそれを防ぐ。

素人

素人もまたシーサートの反対語だ。なぜなら、シーサートはセキュリティの専門家からなるチームだが、素人は専門知識を持たない人たちだからだ。例えば、シーサートが専門的な知識を使って対策を練る一方、素人はその知識を持たない。

セキュリティネグレクト

セキュリティネグレクトはシーサートとは反対の行動だ。なぜなら、シーサートはセキュリティ問題に対応するチームだが、セキュリティネグレクトはセキュリティを無視する行動だからだ。例えば、シーサートが問題を解決しようと努力する一方、セキュリティネグレクトは問題を放置する。

会話例

ネットワークセキュリティの授業中

「シーサートって何?」
「それは情報セキュリティ問題に対処する人たちのチームのことさ。」

企業の情報セキュリティ対策会議

「シーサートはどういった役割を持ってるの?」
「主に、情報セキュリティに関する問題の原因を分析し、対策を立てる役割があるよ。」

インタビューでの尋ねる場面

「シーサートって、特定の機関のこと?」
「いや、シーサートは特定の機関ではなく、情報セキュリティ問題に対処する専門家のチームのことだよ。」

注意点

シーサートを行う時の注意点は適切な対応である。なぜならば不適切な対策は問題を悪化させる可能性があるからだ。

例えば、問題の原因を理解せずに対策を実施すると、問題の本質的な解決にはつながらない。そして、セキュリティ問題は再発する可能性が高い。だから適切な対応が必要だ。

シーサートとSOC(セキュリティオペレーションセンター)は、間違えやすいので注意しましょう。シーサートはセキュリティ問題の原因を分析し、対策を立てる専門チームで、SOCは組織全体のセキュリティを監視し、必要な対策を行う部門です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました