CPMとは?Web広告の効率的な料金システムを解説!

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • Web広告の料金体系の一つ
  • 1000回表示ごとに費用が発生
  • 広告表示の多さで料金が決まる

CPM = Cost Per Mille

CPMとは1,000回表示ごとの費用計算です。

概要説明

CPMとはWeb広告の料金体系の一つである。 なぜならば、広告が1,000回表示される度に費用が発生するからだ。

例えば、広告が5,000回表示されれば、料金は5倍になる。そして、何を広告するかによって、表示課金型のCPMを選択し、料金を細かく設定することが可能だ。

つまり、無駄な広告費を使わずにうまくマーケティングを行うことができる。だから、CPMは非常に重要な料金体系だ。

職業職種

  1. マーケティングマネージャー
    彼らは、広告の効果測定と予算管理を担当している。なぜなら、CPMの理解と利用は、広告戦略の策定と予算管理に直結するからだ。例えば、どの広告がどれだけの費用でどれだけ表示されたかを把握し、それに基づいて次の戦略を練る。
  2. デジタルマーケター
    彼らは、デジタル広告の実施と分析を行う。なぜなら、CPMを理解していると、どの広告がどれだけの費用をかけてどれだけ効果があったのかを測定できるからだ。例えば、広告Aと広告Bが同じ費用であった場合、表示回数が多い方がCPMが低い、つまり費用対効果が高いという分析が可能になる。
  3. 企業のオーナー
    オーナーは、企業全体の広告戦略を決定する。なぜなら、CPMを理解していると、広告費用を適切に管理し、広告のパフォーマンスを向上させることが可能になるからだ。例えば、CPMを基に広告の投資回収率を計算し、より効率的なマーケティング戦略を策定する。

CPMは、ラテン語の”Mille”(千)を表す語と英語の”Cost Per”(~ごとの費用)を組み合わせたもので、文字通り「千回表示ごとの費用」を意味します。

類似語

CPA(Cost Per Action)

CPAは、CPMと似ている。なぜなら、どちらもWeb広告の料金体系の一つだから。例えば、CPMは広告が1000回表示されるたびに料金が発生するが、CPAは広告をクリックしたり、特定のアクションを取った時に料金が発生する。

CPP(Cost Per Purchase)

CPPは、CPMと似ている。なぜなら、どちらも広告の効果を計るための料金体系だから。例えば、CPMは広告が1000回表示されるたびに料金が発生する一方で、CPPはユーザーが広告から購入に至った時に料金が発生する。

CPC(Cost Per Click)

CPCは、CPMと似ている。なぜなら、どちらもWeb広告の料金体系だから。例えば、CPMは広告が1000回表示されるたびに料金が発生する一方、CPCは広告をクリックする度に料金が発生する。

反対語

固定料金制

固定料金制は、CPMの反対である。なぜなら、CPMは広告が表示される度に料金が発生するが、固定料金制は表示回数に関わらず一定の料金が発生するからだ。例えば、新聞の広告などは固定料金制が多い。

フラットレート

フラットレートは、CPMの反対である。なぜなら、CPMは広告が表示される度に料金が発生するが、フラットレートは月額固定料金で、表示回数にかかわらず利用できるからだ。例えば、インターネット接続料金などがフラットレート。

定額制

定額制は、CPMの反対である。なぜなら、CPMは広告が表示される度に料金が発生するが、定額制は広告を出す期間が決まっていて、その期間内であれば何回表示されても料金は変わらないからだ。例えば、看板の広告料金はよく定額制が使われる。

会話例

学校での授業の一環としてWeb広告について学ぶ場面

「先生、CPMって何ですか?」
「CPMはWeb広告の料金体系の一つで、広告が1000回表示されるたびに料金が発生するよ。」

仕事で広告を出すことを考えている人との会話

「CPM方式の広告って、具体的にはどういうもの?」
「CPMは広告が1000回表示される度に料金が発生する方式だよ。表示されるだけで料金が発生するから、どれだけ人に見てもらえるかが大切になるね。」

広告会社の人との打ち合わせの場面

「CPMってどういう時に使うのがいいんですか?」
「何を広告するかによるけど、広く多くの人に広告を見てもらいたい時にはCPM方式が良いかもしれないよ。」

注意点

CPMを使用する時の注意点は、視聴者のターゲティングである。なぜならばCPMは広告が表示されるだけで料金が発生するからだ。

例えば、ターゲットとは異なる人々に広告が表示されてしまうと、広告費が無駄になる可能性がある。そして広告のクオリティも重要。

だから、適切なターゲティングと質の高い広告を作ることが大切だ。

CPMとCPCは、混同しやすいので注意が必要です。CPMは広告が表示されるたびに料金が発生するのに対し、CPCは広告がクリックされるたびに料金が発生します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました