4つの戦略:プロダクトイン、プロダクトアウト、マーケットイン、マーケットアウトの違い

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT業界雑記

ざっくりと4つの戦略

  • プロダクトインとは製品開発重視
  • プロダクトアウトとは製品先行
  • マーケットインとは市場ニーズ重視
  • マーケットアウトとは新市場開拓

プロダクトイン、プロダクトアウト、マーケットイン、マーケットアウトの違いを解説していきます。

概要説明

プロダクトイン

プロダクトインとは、企業が自社の技術や製品を中心に考え、それを市場に合わせて売り込む手法である。なぜならば、自社の強みを活かして市場に参入するため。例えば、独自の技術を持つ企業がその技術を生かした製品を開発する場合。そして、その製品を市場に投入する。つまり、技術や製品を先行させる戦略である。だから、新しい技術や製品を強みに市場に参入する。

プロダクトアウト

プロダクトアウトとは、企業が既存の製品を中心に考え、それをどう売り出すかを重視する手法である。なぜならば、既存の製品を効率よく販売拡大するため。例えば、人気のある商品をさらに多くの人に販売するための戦略を練る場合。そして、その戦略に基づいて販売活動を展開する。つまり、既存の製品を最大限に売り込む戦略である。だから、製品の販売拡大を目指す。

マーケットイン

マーケットインとは、市場のニーズを最優先に考え、それに合った製品やサービスを開発する手法である。なぜならば、消費者のニーズに応え、市場での成功を追求するため。例えば、消費者の声を聞き、それに基づいた新製品を開発する場合。そして、その製品を市場に投入する。つまり、市場のニーズを先行させる戦略である。だから、消費者のニーズに密接に寄り添った製品開発を行う。

マーケットアウト

マーケットアウトとは、企業が自社の製品を中心にし、それを市場に売り込む手法である。なぜならば、自社の製品を最大限に売り込むことを重視するため。例えば、自社の製品をどうやって消費者に魅力的に見せるかの戦略を練る場合。そして、その戦略に基づいてマーケティング活動を展開する。つまり、自社の製品を市場にどう配置するかを考える戦略である。だから、製品の魅力を最大限に伝え、販売を拡大する。

職業職種

製品開発マネージャー

製品開発マネージャーは、プロダクトインを重視する。なぜなら、革新的な製品を開発し、競争優位を築くことが求められるから。例えば、新しい技術を使った製品開発。

営業マネージャー

営業マネージャーは、プロダクトアウトを重視する。なぜなら、既存の製品を効果的に市場に展開し、販売を拡大することが目標だから。例えば、既存製品の新しい販売チャネルの開拓。

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、マーケットインを重視する。なぜなら、市場のニーズを深く理解し、それに合った製品やサービスを開発する戦略を立てる役割があるから。例えば、顧客の声を元にした新製品の企画。

事業開発マネージャー

事業開発マネージャーは、マーケットアウトを重視する。なぜなら、新しい市場を開拓し、成長の機会を見つける役割があるから。例えば、新市場でのビジネスチャンスの分析。

プロダクトイン、プロダクトアウト、マーケットイン、マーケットアウトは、名前の由来はそれぞれの戦略の焦点が「製品(Product)」か「市場(Market)」であり、その戦略が「内側(In)」から始まるのか「外側(Out)」から始まるのかを示しています。

4つの戦略の代表例

Sony

Sonyは、プロダクトインで有名である。なぜなら、自社の技術力を活かした革新的な製品を開発し、それを市場に投入する戦略を取っているから。例えば、WalkmanやPlayStationシリーズ。

Procter & Gamble

Procter & Gambleは、プロダクトアウトで有名である。なぜなら、既存の製品を中心に、効果的なマーケティングと広告で製品を消費者に訴求する戦略を採用しているから。例えば、TideやPampers。

Uniqlo

Uniqloは、マーケットインで有名である。なぜなら、消費者のニーズを重視し、それに応じた製品を開発・提供する戦略を採用しているから。例えば、HEATTECHやAIRism。

Coca-Cola

Coca-Colaは、マーケットアウトで有名である。なぜなら、自社の製品を中心に、広告やプロモーションを駆使して、製品を世界中の消費者に訴求する戦略を採用しているから。例えば、世界中で展開されるCoca-Colaの広告キャンペーン。

対になるinとout

プロダクトイン(Product In)とプロダクトアウト(Product Out)、マーケットイン(Market In)とマーケットアウト(Market Out)は、それぞれ対になる考え方になる。

プロダクトイン (Product In) と プロダクトアウト (Product Out)

プロダクトイン (Product In)

このアプローチでは、企業はまず製品やサービスを開発し、その後でその製品やサービスに適した市場を見つけようする。技術や製品の特性が中心になり、それを市場に適応させようとする戦略。

プロダクトアウト (Product Out)

これは、企業が自社の製品やサービスを中心に考え、それを市場に押し出していくアプローチ。自社の製品が持つ特長や機能を最大限に活かし、それを市場に売り込む戦略。

マーケットイン (Market In) と マーケットアウト (Market Out)

マーケットイン (Market In)

このアプローチでは、企業はまず市場のニーズや顧客の要求を深く理解し、それに基づいて製品やサービスを開発する。市場や顧客の声が中心になり、それに合わせて製品を開発する戦略。

マーケットアウト (Market Out)

これは、企業が既存の市場や顧客のニーズを元に、自社の製品やサービスを改良・最適化していくアプローチ。市場の動向を把握し、それに応じて製品を進化させる戦略。

これらのセットは、企業の戦略や製品開発のアプローチを理解するためのフレームワークとして使われる。実際のビジネスの現場では、これらのアプローチは排他的なものではなく、状況に応じて組み合わせて使われることも多い。

会話例

開発チームのミーティングでの新製品の戦略についての議論

「この新製品、技術的には革新的だけど、本当に市場に受け入れられるのかな?」
「それは確かにリスクがある。でも、プロダクトインのアプローチで、まずは我々の強みを活かした製品を作り、その後で市場に適応させる戦略を考えよう。」

マーケティングチームが既存製品の販売戦略を話し合う場面

「最近の売上が伸び悩んでいる。新しいマーケットに展開するべきか?」
「プロダクトアウトの戦略で、まずは我々の既存製品を更に強化して、それを新しい市場に打ち出すのはどうだろう?」

製品開発チームが顧客のニーズに基づいた新製品のアイデアを検討する場面

「次の製品開発の方向性はどうすればいいだろう?」
「マーケットインのアプローチで、まずは顧客の声や市場のニーズを深く分析し、それに基づいた製品を開発するのが良いと思う。」

経営陣が市場の動向に応じて製品戦略を再構築する場面

「競合他社が新しい技術を導入してきた。我々も追随すべきか?」
「マーケットアウトの視点で考えれば、市場の動向を把握し、それに応じて我々の製品を進化させるべきだ。競合に追随するだけでなく、市場のニーズに応じた独自の価値を提供しよう。」

これらの会話例は、それぞれの戦略(プロダクトイン、プロダクトアウト、マーケットイン、マーケットアウト)を仕事の中でどのように考え、議論するかを示している。実際のビジネスの現場では、これらの戦略は状況に応じて柔軟に使われる。

4つの戦略の注意点

市場適合性の確認

プロダクトインを使用する時の注意点は市場適合性の確認である。なぜならば、技術中心の開発が行われ、市場のニーズを無視した製品が完成する可能性があるからだ。例えば、高度な技術を駆使した製品でも、消費者の実際のニーズに合っていなければ販売は難しい。そして、市場調査とフィードバックの収集を怠ると、大きな損失を招く可能性がある。だから、開発初期から市場のニーズを調査し、適切に製品を調整することが重要である。

過度な自社製品のプッシュ

プロダクトアウトを使用する時の注意点は過度な自社製品のプッシュである。なぜならば、自社の製品を市場に押し付ける形になり、消費者の反発を招く可能性があるからだ。例えば、自社の製品特性を強調しすぎて、消費者の実際のニーズを無視したマーケティングを行うと、信頼の喪失につながる。そして、長期的なブランドイメージの損傷を招く可能性がある。だから、顧客のニーズと製品のバランスを考慮した戦略を立てることが大切である。

過度な市場依存

マーケットインを使用する時の注意点は過度な市場依存である。なぜならば、市場のニーズに偏りすぎると、独自性の欠如や競合他社との差別化が困難になるからだ。例えば、顧客の要求に応じすぎて製品が複雑化し、結果としてコストが膨らむ場合がある。そして、短期的な市場の動向に振り回され、長期的なビジョンを見失う可能性がある。だから、市場のニーズを重視しつつも、自社のビジョンや価値を持続的に追求することが重要である。

市場の変化への対応

マーケットアウトを使用する時の注意点は市場の変化への対応である。なぜならば、外部環境の変化に遅れて対応すると、競争力を失う可能性があるからだ。例えば、新たな競合が現れた場合や消費者の嗜好が変わった場合に、迅速に戦略を修正しなければならない。そして、市場の変化に素早く対応するためには、常に市場情報を収集し、分析する体制を整える必要がある。だから、組織内での情報共有と迅速な意思決定の体制を確立することが大切である。

それでは、プロダクトイン、プロダクトアウト、マーケットイン、マーケットアウトの各戦略について解説いたしました。これらの戦略は一つの方針として捉え、ビジネスの状況や目標に応じて柔軟に活用することが重要です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT業界雑記IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました