アジャイル開発とは?トライアンドエラーで進化する開発プロセス

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとアジャイル開発とは

  • 人間と迅速性を重視
  • チーム主導で開発
  • 短期間で成果を出す

アジャイル開発とは、人間と迅速性を重視したソフトウェア開発手法です。

概要説明

アジャイル開発とは、人間と迅速性を重視したソフトウェア開発である。なぜならば、顧客のニーズにすぐに対応できるから。例えば、新しい機能をすぐに追加できる。そして、チームが主導して開発を進める。つまり、柔軟性が高く、短期間で成果を出せる。だから、顧客と協力しながら最適な製品を作る。

職業職種

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、アジャイル開発をよく使う。なぜなら、コードの品質を高く保ちながら迅速に開発できるから。例えば、スプリントと呼ばれる短期間での開発サイクル。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーも、アジャイル開発を採用することが多い。なぜなら、プロジェクトの進捗を柔軟に管理できるから。例えば、バックログの優先順位を頻繁に調整する。

ビジネスアナリスト

ビジネスアナリストは、アジャイル開発で顧客のニーズを把握する。なぜなら、顧客と密にコミュニケーションを取りながら開発を進められるから。例えば、顧客インタビューを行い、フィードバックを即座に反映する。

アジャイル開発の名前の由来は、英語の”Agile”から来ています。”Agile”は「敏捷性がある」という意味で、この開発手法が柔軟で迅速な対応が可能であることの表れです。

アジャイル開発の代表例

ソニー

ソニーは、アジャイル開発で有名である。なぜなら、多くのプロジェクトでアジャイル手法を採用しているから。例えば、PlayStationのソフトウェア開発。

DeNA

DeNAは、アジャイル開発で名高い存在である。なぜなら、スマホゲームやWebサービスの開発でアジャイル手法を積極的に使っているから。例えば、Mobage(モバゲー)の開発。

Kenji Hiranabe

Kenji Hiranabe(平鍋健児)は、アジャイル開発で世間に知られている。なぜなら、日本でのアジャイル開発の普及に大いに貢献しているから。例えば、多くの書籍や講演でアジャイル開発を広めている。

手順例

以下は、アジャイル開発の基本手順です。

プロジェクトの目標設定

目標設定は、成功の鍵である。なぜなら、チーム全員が何を達成すべきか明確にするから。例えば、新しいアプリのリリース。

チームメンバーの選定

チームメンバーの選定は、協力的な環境を作るため重要である。なぜなら、スキルや性格が合う人を選ぶと、スムーズに作業が進むから。例えば、エンジニアやデザイナーの選定。

スプリントの計画

スプリントの計画は、短期間で何を達成するかを決める。なぜなら、目標に対する具体的なステップが必要だから。例えば、2週間で新機能を追加する。

開発とテスト

開発とテストは、品質を確保するために行う。なぜなら、バグや問題点を早期に見つけることができるから。例えば、コードのレビューとユニットテスト。

レビューとフィードバック

レビューとフィードバックは、改善と成長のために必要である。なぜなら、何がうまくいって何がダメだったのかを共有することで、次に生かせるから。例えば、スプリントの終了後に行うレトロスペクティブ。

類似語

スクラム

スクラムは、アジャイル開発の類似語である。なぜなら、アジャイル開発の一つのフレームワークとしてよく使われるから。例えば、スプリントという短期間での開発サイクル。

リーン開発

リーン開発は、アジャイル開発の類似語である。なぜなら、無駄を排除して効率的に開発を進める点が共通しているから。例えば、最小限の機能で製品をリリースする。

DevOps

DevOps(デブオプス)は、アジャイル開発の類似語である。なぜなら、開発(Dev)と運用(Ops)の連携を強化する点で、アジャイル開発と目的が似ているから。例えば、継続的なデリバリーとフィードバック。

反対語

ウォーターフォール開発

ウォーターフォール開発は、アジャイル開発の反対語である。なぜなら、一方向に進む計画的な手法で、途中での変更が難しいから。例えば、設計が完了するまで開発が始まらない。

ビッグデザインアップフロント(BDUF)

ビッグデザインアップフロントは、アジャイル開発の反対語である。なぜなら、開発前に全ての設計を完了させる手法で、柔軟性が低いから。例えば、詳細な仕様書を最初に作成する。

トップダウン開発

トップダウン開発は、アジャイル開発の反対語である。なぜなら、上層部の指示に基づいて開発が進むため、現場の柔軟な対応が難しいから。例えば、会社の上層部が全ての決定をする。

アジャイル開発の注意点

アジャイル開発を使用する時の注意点はコミュニケーションである。なぜならば、チーム内の情報共有が不足すると、プロジェクトが破綻する可能性があるからだ。例えば、スプリントの目標が曖昧だと、メンバーが何をすべきか分からなくなる。そして、進捗が遅れる。だから、定期的なミーティングと情報共有が必要。

アジャイル開発とスクラムは、間違えやすいので注意しましょう。

アジャイル開発は、柔軟性とユーザー中心の開発手法です。

一方、スクラムは、アジャイル開発の一つのフレームワークで、具体的なルールや役割が定められています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました