インタラクティブとは?初心者向け、IT用語の理解を深めよう

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとインタラクティブ

  • ユーザーとシステムが相互に影響を及ぼす性質
  • 一方通行ではなく双方向性を持つこと
  • アクションと反応が繰り返し生じる状態

インタラクティブ (Interactive)=双方向の、相互作用のある

インタラクティブとは、ユーザーとシステムが双方向に影響を及ぼしながら、繰り返しアクションと反応を生じる性質を指します。

インタラクティブとは

インタラクティブとは、ユーザーとシステムが相互に影響を及ぼすことを指す言葉です。

一方通行ではなく、ユーザーからの入力にシステムが反応し、その結果がまたユーザーにフィードバックされることで、より良い結果や体験が生まれるのです。

例えば、インターネットの検索エンジンは、ユーザーがキーワードを入力するとそれに基づいた検索結果を返します。

そして、ユーザーはその結果を基に次の行動を選択します。このようなやりとりを可能にしているのが、インタラクティブな技術なのです。

使用する職種

Webデザイナー

インタラクティブなウェブサイトを作る。ユーザーの行動に応じて異なる情報を表示したり、アニメーションで反応したりする。

ゲームデザイナー

ゲームプレイ中のプレイヤーの行動にシステムが反応するインタラクティブなゲームを開発する。

データサイエンティスト

インタラクティブなデータビジュアライゼーションを作成し、データの探索と解析を助ける。

インタラクティブは、ユーザー体験を豊かにしたい時や、ユーザーとの密な関わりを持ちたい時におすすめです。

有名な企業や製品、サービス

Google

Googleの検索エンジンはインタラクティブ性が高く、ユーザーの検索に対して即座に結果を表示する。

Apple

Appleのプロダクト、特にiPhoneやiPadは高いインタラクティブ性を持ち、ユーザーの行動に直感的に反応する。

Facebook

Facebookはユーザーの投稿やリアクションに基づき、個々のユーザーに対する情報を自動的に調整するインタラクティブな機能を有している。

類似語

ユーザー体験(UX)

ユーザー体験はインタラクティブの一部で、ユーザーが製品やサービスとどのように相互作用するかを設計するものです。

ユーザーインターフェイス(UI)

ユーザーインターフェイスはインタラクティブな部分を物理的に形成します。つまり、ユーザーがどのように製品やサービスと相互作用するかを具体化します。

双方向性

双方向性は、システムとユーザーが相互に作用することで、インタラクティブと非常に近い意味を持ちます。

反対語

静的

静的はインタラクティブの反対語で、ユーザーの行動によって内容が変わらないことを意味します。

一方向性

一方向性は、システムからユーザーへの一方的な情報提供を指し、インタラクティブとは逆の概念です。

パッシブ

パッシブはユーザーが積極的にシステムと関わらない状態を指し、インタラクティブな体験とは異なります。

使った会話の例文

Webサイト設計時

Q.「このウェブサイト、もっとインタラクティブにできない?」
A.「もちろんです。ユーザーの行動に対して動的に変化する要素を増やしましょう。」

ゲーム開発時

Q.「このゲーム、プレイヤーの選択がもっと影響を与えるようにできない?」
A.「そのためにはゲームのインタラクティビティを上げる必要がありますね。」

データ分析時

Q.「このデータ、もっと詳細に探索できない?」
A.「インタラクティブなビジュアライゼーションを用いることで、データの詳細を深く探索することが可能です。」

使用時の注意点

インタラクティブを使用する時の注意点は過剰な要素の追加にあります。

なぜなら、インタラクティブな要素が多すぎると、ユーザーが混乱してしまうからです。

例えば、ウェブサイトにおいて動的な要素が多すぎると、ユーザーは情報を探すのが難しくなる可能性があります。

そして、それはユーザー体験を悪化させ、結果的にサービスや製品への信頼性を下げることにつながります。 だから、インタラクティブな要素を追加する際は、そのバランスに気をつける必要があります。

インタラクティブの魅力は活動性で、問題は過剰性。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました