コンポーネントとは?簡単に理解できる説明

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 部品や成分の意味
  • モジュールと比べて単純な部品
  • 交換が難しい要素

コンポーネントとは、部品や成分、特に交換が難しいものを指します。

概要説明

コンポーネントとは部品や成分である。 なぜならば、機械やシステムの一部を形成しているからだ。例えば自転車のホイールやパソコンのCPUである。そして、これらはそのままでは取り替えが難しい。つまり、コンポーネントは組み立てられた状態での部品である。だから、特定の役割を果たす。

職業職種

エンジニア

コンポーネントは、製品の設計である。なぜなら、各部品がどのように組み合わさるかを理解する必要があるからだ。例えばパソコンの組み立て。

製造業者

コンポーネントは、製品の生産である。なぜなら、それぞれの部品を正しく組み立てる必要があるからだ。例えば自動車の組み立て。

修理業者

コンポーネントは、製品の修理である。なぜなら、壊れた部分を特定し、交換する必要があるからだ。例えばエアコンの修理。

コンポーネントは、名前の由来は英語の”component”です。これは「成分」や「部分」という意味を持つ単語で、何かを成す一部を指します。

代表例

Apple

Appleは、コンポーネントの製造で有名だ。なぜなら、iPhoneやMacなどの製品は独自のコンポーネントから作られているからだ。例えば、”Apple A15″というプロセッサーだ。

LEGO

LEGOは、コンポーネントの代表例である。なぜなら、LEGOブロック自体がコンポーネントであり、これらを組み合わせてさまざまな作品を作るからだ。

Bill Gates

Bill Gatesは、Microsoft社の創業者であり、Windowsというコンポーネントベースのオペレーティングシステムを作った。

手順例

  1. 計画を立てる
    コンポーネントを使用するには、まずは何を作りたいかを考える。なぜなら、作りたいものによって必要なコンポーネントは変わるからだ。

  2. コンポーネントを選ぶ
    次に、必要なコンポーネントを選ぶ。どのコンポーネントが最適かは、作りたいものや使用環境による。

  3. 手コンポーネントを組み立てる
    選んだコンポーネントを組み立てる。これはパズルを解くようなものだ。

類似語

パーツ

パーツは、コンポーネントの類似語である。なぜなら、両方とも何かを作るための一部を指す言葉だからだ。例えば、自動車のエンジンやタイヤなどはパーツとも言えるし、コンポーネントとも言える。

要素

要素も、コンポーネントの類似語だ。なぜなら、両方とも全体を構成する一部分を指すからだ。例えば、文章の文法を成す主語や述語なども要素と言えるし、コンポーネントとも言える。

モジュール

モジュールは、コンポーネントに非常に近い意味を持つ。なぜなら、モジュールは独立して機能し、他の部分と組み合わせることでより大きなシステムを作るための「部品」だからだ。例えば、プログラミングにおける関数やクラスはモジュールとも言えるし、コンポーネントとも言える。

反対語

コンポーネントの反対語、それは「全体」だ。部品やパーツという意味のコンポーネントとは反対に、全体はそのすべてを指すからだ。例えば、バイクのエンジンやタイヤはコンポーネントで、それら全てが組み合わさった状態が全体だ。

会話例

  1.  ロボットの足
    Q.「何のコンポーネントを足に使うんだ?」
    A.「アルミニウム製のパーツが良さそうだね。軽くて丈夫だから。」

  2.  ロボットの頭
    Q.「頭のコンポーネントはどうする?」
    A.「センサーとカメラを組み合わせるといいと思う。それで周囲を見て動けるからさ。」

  3.  ロボットの心臓
    Q.「ロボットの心臓になるコンポーネントは?」
    A.「それはCPUだよ。命令を処理してロボットを動かすからだ。」

注意点

コンポーネントを使う時の注意点は、互換性だ。なぜならば、全てのコンポーネントが全てのシステムと適合するわけではないからだ。

例えば、ある特定のコンピューターのコンポーネントは、その特定のモデルだけに適合することがある。だから、組み合わせる前に確認しよう。

コンポーネントとモジュールは、間違えやすいので注意しましょう。コンポーネントは単なる部品という意味で、モジュールは部品を結合する際に簡単に交換ができる要素を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました