コーディングとは?その知識と必要性を理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • コンピューターに指示を出す方法
  • プログラムを作るためのスキル
  • 未来を切り開くツール

コーディングとは、コンピューターに指示を出す行為です。

概要説明

コーディングとはコンピュータに指示を出す方法である。 なぜならばコンピュータは人間の言葉を理解できないからだ。

例えば、「画面にこんにちはと表示して」と言ってもコンピュータは理解できない。そしてそのためにはプログラム言語が必要で、それを書くのがコーディングである。

つまりコーディングはコンピュータとコミュニケーションを取る手段だ。だから未来の社会で必要なスキルである。

職業職種

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、日々コーディングによってプログラムを作る。なぜなら、自分の思考をコンピュータに伝え、具体的な動きをさせるためだ。例えば、スマートフォンのアプリを作るときには、コーディングは必須だ。

データサイエンティスト

データサイエンティストも、データの分析と解釈にコーディングを使う。なぜなら、大量のデータを効率的に処理するためだ。例えば、機械学習のモデルを作成する際には、コーディングが必要だ。

学生

学生も、未来の社会で活躍するためにコーディングを学ぶ。なぜなら、デジタル化が進む社会でコーディングは必要なスキルだからだ。例えば、ロボットを動かすためには、コーディングが求められる。

コーディングの名前の由来は、英語の “code”(暗号やコード)からきていて、コンピューターに指示を出す「コード」を書く行為を指すようになりました。

代表例

Google

Googleは、コーディングにおける大手企業だ。なぜなら、ウェブ検索エンジンはもちろん、Android OSなど多くのソフトウェアを開発しているからだ。例えば、Googleの「Google Code-in」は、学生がオープンソースプロジェクトに参加する機会を提供する。

GitHub

GitHubは、プログラマーがコードを共有、改善するためのサービスだ。なぜなら、プログラマーはGitHubを使って自分のコードを他の人と共有し、協力して改善できるからだ。例えば、世界中の開発者がGitHubを通じてプロジェクトに貢献している。

ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツは、コーディングにおける有名な人物だ。なぜなら、彼はMicrosoftの共同創設者で、コンピュータソフトウェアの革新に大きく貢献したからだ。例えば、彼はプログラム言語BASICの人気を高め、パソコンの普及に貢献した。

手順例

プログラミング言語を選ぶ

コーディングの最初のステップは、使用するプログラミング言語を選ぶことだ。なぜなら、どの言語を使うかは、何を作りたいかによるからだ。例えば、ウェブサイトを作りたいなら、HTMLやCSS、JavaScriptを学ぶことになる。

プログラミングの基本を学ぶ

次に、選んだ言語の基本を学ぶことだ。なぜなら、基本がわからないとコードを書けないからだ。例えば、変数やループ、関数などの基本的な概念を理解する。

練習する

次に、学んだことを練習することだ。なぜなら、コーディングは実際に手を動かして覚えるものだからだ。例えば、簡単なプログラムを自分で書いてみる。

プロジェクトに取り組む

次に、自分でプロジェクトに取り組むことだ。なぜなら、実際に何かを作ることで、学んだことが身につくからだ。例えば、自分のウェブサイトを作ってみる。

学んだことをアウトプットする

最後に、学んだことをアウトプットすることだ。なぜなら、自分の理解を深めるためだ。例えば、ブログに学んだことを書いてみる。

類似語

プログラミング

プログラミングは、コーディングの類似語である。なぜなら、どちらもコンピュータに指示を出す方法を指すからだ。例えば、コーディングはプログラミングの一部とも言える。

スクリプティング

スクリプティングもまた、コーディングと同義の言葉である。なぜなら、スクリプティングは特定のタスクを自動化するためのコーディングを指すからだ。例えば、Pythonはスクリプティング言語の一つとされている。

開発

開発は、コーディングと似た意味を持つ言葉だ。なぜなら、開発はコードを書く行為だけでなく、テストやデバッグといったプロセスも含むからだ。例えば、ソフトウェア開発はコーディングだけでなく、企画や設計、テストも含む大きな作業だ。

反対語

デバッギング

デバッギングは、コーディングの反対語と言える。なぜなら、コーディングは新しいコードを書く行為だけど、デバッギングはコードのエラーを見つけて直す作業だ。例えば、コードが予想通りに動かない時にデバッギングを行う。

使用

使用も、コーディングの反対語だ。なぜなら、コーディングはコードを作る行為だけど、使用はすでに作られたコードを活用する行為だ。例えば、アプリを使う時にコードを使用している。

デコーディング

デコーディングも、コーディングの反対語になる。なぜなら、コーディングは情報をコードに変換する行為だけど、デコーディングはコードを元の情報に戻す作業だ。例えば、暗号を解読することをデコーディングと言う。

会話例

学校のコンピューター部で

Q.「コーディングって何?」
A.「コーディングは、コンピューターに命令を出すための言葉を書くことだよ。」

お父さんが仕事でコードを書いているところで

Q.「父さん、そのコーディングって難しくない?」
A.「うーん、最初は難しく感じるかもしれないけど、練習すれば必ず上手くなるよ。」

友達がプログラミングの宿題に困っているところで

Q.「このコーディング、どうすればいいの?」
A.「それはループを使って同じ処理を繰り返すコードを書けばいいんじゃない?」

注意点

コーディングを行う時の注意点は精密さだ。なぜならば、コードは一つでも間違えると正しく動かないからだ。例えば、セミコロンを忘れるだけでもエラーが出る。そして、誤った情報を入力した場合、予期しない結果を招くことがある。だから注意深く、正確にコードを書こう。

コーディングとプログラミングは、間違えやすいので注意しましょう。コーディングは命令を書く行為で、プログラミングはそのコードを使ってソフトウェア全体を作る作業です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました