CMSとは?デジタルコンテンツを簡単に管理する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • デジタルコンテンツ管理が楽
  • バージョン管理も一手に
  • Webページ作成を助ける

CMSとは、デジタルコンテンツ管理を楽にし、バージョン管理からWebページ作成までを支えるシステムです。

概要説明

CMSとはコンテンツ管理システムである。 なぜならば、デジタルコンテンツの作成や変更を簡単に管理できるからだ。

例えばWordPressのようなCMSを使うと、誰でも簡単にWebページを作成できる。そしてバージョン管理や索引付けもこれ一つで可能だ。つまりCMSは、デジタルコンテンツの生産性を向上させるツールである。

だから、CMSはWeb制作の現場で欠かせない存在だ。

職業職種

Webデザイナー

Webデザイナーは、CMSを頻繁に使う。なぜなら、コードを書かずに美しいWebページを作れるからだ。例えばWordPress。

マーケティング担当者

マーケティング担当者もCMSを使う。なぜなら、コンテンツのアップデートや修正が簡単にできるからだ。例えばDrupal。

ライター

ライターもCMSを使う。なぜなら、記事の投稿や編集が容易にできるからだ。例えばJoomla。

CMSは、名前の由来は英語の”Content Management System”の頭文字を取ったものです。

代表例

WordPress

WordPressは、無料で使えるCMSだ。なぜなら、オープンソースソフトウェアだからだ。例えば、ブログやウェブサイトを作成することが可能だ。

Joomla

Joomlaは、多機能なCMSである。なぜなら、拡張性が高く、多言語対応が可能だからだ。例えば、企業のウェブサイトやオンラインコミュニティサイトを作成することができる。

Drupal

Drupalは、カスタマイズ性に優れたCMSだ。なぜなら、機能を追加するモジュールが豊富だからだ。例えば、Eコマースサイトや情報共有サイトの作成に利用される。

手順例

CMSを選ぶ

CMSの選択は、目的に合ったものを選ぶことが大切だ。なぜなら、CMSにはそれぞれ特徴と利点があるからだ。例えば、ブログならWordPress、大規模なウェブサイトならJoomlaを選ぶといい。

インストール

インストールは、CMSの公式ウェブサイトから行う。なぜなら、最新版で安全に利用するためだ。例えば、WordPressなら公式サイトからダウンロードし、サーバーアップロードする。

設定する

設定は、サイトの見た目や機能を決める重要なステップだ。なぜなら、これによりサイトのユーザビリティが変わるからだ。例えば、WordPressならテーマを選び、プラグインで機能を追加する。

コンテンツ作成

コンテンツ作成は、自分の思いを形にする作業だ。なぜなら、これがサイトの価値を決めるからだ。例えば、テキストや写真、ビデオなどを組み合わせて、訪問者に価値ある情報を提供する。

公開する

公開は、作成したコンテンツを世界に発信することだ。なぜなら、これがCMSを使用する目的だからだ。例えば、完成したページを公開し、訪問者に閲覧してもらう。

類似語

コンテンツマネジメントシステム

コンテンツマネジメントシステムは、CMSの全称だ。なぜなら、CMSは”Content Management System”の略だからだ。例えば、ウェブサイトの制作や更新を容易に行うためのシステムだ。

ECMS

ECMSは、エンタープライズコンテンツマネジメントシステムの略だ。なぜなら、大企業などの大規模な組織が使用するCMSを指す言葉だからだ。例えば、企業内の情報共有やドキュメント管理に利用される。

WCMS

WCMSは、Webコンテンツマネジメントシステムの略でCMSの一種だ。なぜなら、ウェブページのコンテンツの管理を目的としたCMSを指すからだ。例えば、WordPressやJoomlaといったウェブサイト作成ツールがこれに該当する。

反対語

手動管理

手動管理はCMSの反対語だ。なぜなら、CMSは自動的にコンテンツを管理するけど、手動管理は自分で全部やらなきゃいけないから。例えば、ウェブページのレイアウトを変えたいとき、CMSだと設定一つで簡単にできるが、手動だと一つ一つ直す必要がある。

固定コンテンツ

固定コンテンツもCMSの反対語だ。CMSはコンテンツを柔軟に変更・管理できるけど、固定コンテンツはその名の通り、一度作ったらあまり変更しないものだから。例えば、会社の概要ページや利用規約なんかは固定コンテンツ。

紙ベース管理

紙ベース管理もCMSとは反対の概念。CMSはデジタルでコンテンツを管理するけど、紙ベースは紙に印刷したり書いたりして管理すること。例えば、ファイルに資料を入れて整理するのが紙ベース管理。

会話例

ホームページ制作について

Q.「自分でウェブサイトを作りたいんだけど、何から始めればいい?」
A.「それならCMSを使ってみるのはどう?例えばWordPressは初心者でも使いやすいよ。」

ブログ運営について

Q.「ブログを始めたいけど、更新とか大変そう…」
A.「CMSを使えば、更新も記事の管理もラクラクだよ。」

ウェブサイト改善について

Q.「ウェブサイトのデザインを変えたいんだけど、どうしたらいい?」
A.「CMSならテーマを変えるだけでデザインを一新できるよ。」

注意点

CMSを使う時の注意点は、セキュリティだ。なぜならば、CMSは多くの人が使うことで知られていて、それが逆に悪意のある人たちのターゲットになりやすいからだ。

例えば、WordPressはとても人気があるけど、その分、攻撃を受けやすい。そして、定期的にシステムをアップデートしたり、信頼できるプラグインしか使わないようにすること。だから、CMSを使う時はいつも警戒心を忘れない。

CMSとDMSは、間違えやすいので注意しましょう。CMSはウェブ上のコンテンツを管理するのに対して、DMSは企業内の書類や文書をデジタルで管理するためのものです。

“DMS”は”Document Management System”の略で、日本語に訳すと「ドキュメント管理システム」になります。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました