DNSとは?インターネットの住所帳、名前と番号のマッチング

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 名前とIPアドレスの結びつけ
  • インターネットの住所帳
  • オンラインナビゲーションの補助

DNSとは、名前とIPのマッチングです。

概要説明

DNSとは名前とIPアドレスのマッチングである。 なぜならばコンピュータは数字で理解、人々は文字で覚えるから。

例えばgoogle.comは特定のIPアドレスである。そしてこの変換が素早く行われる。つまりインターネットの使いやすさに貢献している。だからDNSは重要だ。

職業職種

Web開発者

Web開発者は、DNSの専門家である。なぜなら、サイトの速度と可用性を向上させるため。例えばサーバの選定。

システム管理者

システム管理者は、DNSを毎日使う。なぜなら、ネットワークの健全性を維持するため。例えば正確なルーティングの確保。

一般ユーザー

一般ユーザーは、間接的にDNSを利用する。なぜなら、Webサイトを素早く見つけるため。例えば検索エンジンの利用。

DNSの正式名称は「Domain Name System」です。

代表例

Google

Googleは、検索エンジンである。なぜなら、インターネット上の情報を簡単に検索できるから。例えばGoogle検索。

Cloudflare

Cloudflareは、DNSサービス提供である。なぜなら、速度とセキュリティの向上を助けるから。例えば1.1.1.1サービス。

Paul Mockapetris

Paul Mockapetrisは、DNSの共同発明者である。なぜなら、インターネットの成長を支える技術を開発したから。例えばDNSプロトコルの設計。

手順例

  1. デバイス選択
    デバイスの設定画面を開く。なぜなら、DNS設定はデバイスごとに行うから。例えばスマートフォンやパソコン。
  2. ネットワーク選択
    使用するネットワークを選ぶ。なぜなら、接続するネットワークに応じて設定が必要だから。例えばWi-Fiや有線LAN。
  3. DNS設定画面へ
    DNSの設定画面に移動する。なぜなら、DNSのアドレスを入力する必要があるから。例えば「ネットワーク設定」内の「DNS設定」。
  4. DNSアドレス入力
    DNSアドレスを入力する。なぜなら、特定のDNSサーバーを使用するためだから。例えば1.1.1.1や8.8.8.8。
  5. 設定保存
    設定を保存する。なぜなら、入力した情報を反映させるためだから。例えば「保存」ボタンをクリック。

類似語

ドメインネームシステム

ドメインネームシステムは、DNSの完全な名前である。なぜなら、DNSはこの略語から来ているから。例えば、IPアドレスとドメイン名の関連付け。

ネームサーバー

ネームサーバーは、DNSの一部である。なぜなら、ドメイン名とIPアドレスの対応関係を保持する役割があるから。例えば、DNSサーバ。

リゾルバ

リゾルバは、DNSのクライアント部分である。なぜなら、ユーザーの要求に応じてドメイン名をIPアドレスに変換する役割があるから。例えば、インターネットブラウザがリゾルバの機能を果たす。

反対語

DNSの反対語には特に明確なものが存在しないため、具体的な反対語の列挙は難しい。しかし、以下はDNSの概念と対照的な要素を考慮したもの。

手動アドレッシング

手動アドレッシングは、DNSと対照的である。なぜなら、IPアドレスを人間が直接管理する。例えば、ノートにIPアドレスを書き留める。

非構造化データ

構造化データは、DNSの構造化された情報と対照的である。なぜなら、形式が一定でないため。例えば、自由に書かれたメモ。

オフライン通信

オフライン通信は、インターネット上での通信に必要なDNSと対照的である。なぜなら、インターネット接続が不要だからだ。例えば、手紙。

会話例

会社のIT部門での対話

「新しいサーバをセットアップするんだけど、DNSの設定はどうすればいい?」
「ドメイン名とIPアドレスを関連付ける必要があるから、対応するDNSサーバに情報を追加してね。」

顧客サポートセンターでの対話

「Webサイトにアクセスできないんです。DNSの問題かもしれないですか?」
「そうかもしれません。DNS設定を確認して、必要であれば変更してみてください。」

学校の授業での対話

「先生、DNSって何ですか?」
「DNSは、電話帳みたいなものだよ。Webサイトの名前を、コンピュータが理解できる数字のアドレスに変換するんだ。」

注意点

DNSを使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならば、攻撃者による偽のDNS情報の使用などの危険があるからだ。

例えば、DNSスプーフィング攻撃である。そして、設定の誤り。だから、正しい設定とセキュリティ対策が必要だ。

DNSとIPアドレスのは、間違えやすいので注意しましょう。

DNSはドメイン名とIPアドレスを関連付けるシステムです。

一方、IPアドレスはインターネット上の住所のようなものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました