UXとは?ユーザーが感じる製品の魅力

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとUXとは

  • ユーザーが製品やサービスで感じる全体的な印象
  • 使いやすさ、効率性、アクセシビリティ
  • ユーザーの満足度やロイヤリティを高める

UXとは、製品やサービスのユーザーがする体験です。

概要説明

UXとはユーザーが製品やサービスを使う際の体験である。 使いやすさや満足度が高いと、ユーザーがリピートして使いたくなるからだ。

例えば、使い勝手のいいスマホアプリ。そして、これが高いと売上や評価も上がる。つまり、ビジネス成功の鍵である。だから、UXは無視できない。

職業職種

プロダクトマネージャー

UXは、製品開発の方針を決める際に重要である。なぜなら、ユーザーのニーズを理解して製品を改善する必要があるからだ。例えば、フィードバックを元に機能を追加。

デザイナー

UXは、デザイン作成の際に必須である。なぜなら、使いやすいデザインがユーザーの満足度を高めるからだ。例えば、直感的な操作画面。

マーケティング担当者

UXは、プロモーション戦略を考える時に考慮するべきである。なぜなら、良いUXは口コミや評価を高め、結果として売上に貢献するからだ。例えば、ユーザーレビューを活用する。

UXは、名前の由来は”User Experience”(ユーザー体験)です。

UXの代表例

Airbnb

Airbnbは、UXで有名である。なぜなら、使いやすいインターフェースと独自のデザインがユーザーの満足度を高めているからだ。例えば、直感的な検索機能。

Don Norman

Don Normanは、UXで名高い存在である。なぜなら、彼が「ユーザーエクスペリエンス」この言葉を広め、多くのデザイン思考に影響を与えたからだ。例えば、著書「The Design of Everyday Things」。

Slack

Slackは、UXで世間に知られている。なぜなら、使いやすさと効率性を重視したデザインが多くのビジネスチームに支持されているからだ。例えば、カスタマイズ可能な通知設定。

手順例

以下は、UXを改善する基本的な手順です。

リサーチ

リサーチは、UX改善の第一歩である。なぜなら、ユーザーのニーズや問題点を把握するためだ。例えば、アンケートやインタビュー。

プロトタイピング

プロトタイピングは、アイデアを形にする段階である。なぜなら、実際に使ってもらいながら改善点を見つけるためだ。例えば、紙やデジタルツールでの模擬デザイン。

テスト

テストは、プロトタイプが実際に使いやすいか確認する段階である。なぜなら、ユーザーの反応を見て最終的な改善をするためだ。例えば、ユーザーテストやA/Bテスト。

実装

実装は、テストで確認した改善点を本番環境で適用する段階である。なぜなら、これが完成形に一番近い状態にするためだ。例えば、コーディングやデザインの更新。

評価

評価は、実装後の成果を確認する段階である。なぜなら、今後の改善や新たなアイデアにつながるからだ。例えば、ユーザーフィードバックや分析ツール。

類似語

ユーザビリティ

ユーザビリティは、UXの類似語である。なぜなら、使いやすさや操作性に重点を置いているからだ。例えば、ウェブサイトのナビゲーション。

カスタマーエクスペリエンス

カスタマーエクスペリエンスは、UXの類似語である。なぜなら、製品だけでなくサービス全体の体験に焦点を当てているからだ。例えば、カスタマーサービスや購入プロセス。

インタラクションデザイン

インタラクションデザインは、UXの類似語である。なぜなら、ユーザーが製品やサービスとどうやって対話するかに焦点を当てているからだ。例えば、ボタンの配置や動き。

反対語

不便性

不便性は、UXの反対語である。なぜなら、使いづらさや不満を生む体験を指すからだ。例えば、わかりにくいメニュー配置。

無関心

無関心は、UXの反対語である。なぜなら、ユーザーの感じる体験に一切配慮していない状態を指すからだ。例えば、使いづらいが改善されない。

混乱

混乱は、UXの反対語である。なぜなら、ユーザーが迷ったり、理解できない状態を作るからだ。例えば、説明不足の機能。

UXの注意点

UXを改善する時の注意点は、ユーザーの声をしっかりと聞くことである。なぜならば、ユーザー自身が最も使いやすい形を知っているからだ。

例えば、フィードバックフォームを設置することである。そして、そのデータをしっかりと分析する。だから、改善に生かす。

UXとユーザビリティは、間違えやすいので注意しましょう。

UXは、製品やサービス全体の体験を指します。

一方、ユーザビリティは、使いやすさに特化しています。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました