イーサネットの世界に飛び込もう! IT初心者ガイド

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとイーサネット

  • イーサネットはコンピュータネットワークの一つ
  • データを送受信するための基準
  • 家庭やオフィスでよく使われる通信規格

イーサネットはコンピュータ間の通信を可能にする規格です。

イーサネットとは

イーサネットとは、コンピュータ同士をつなげて通信するための規格。

なぜならば、この規格に基づくことで、異なるデバイス間での情報のやり取りが可能となるからだ。

例えば、オフィスで複数のパソコンがネットワークを通じて共有プリンタを利用している場面がこれに当たる。そして、それはイーサネットの技術があって初めて可能となる。

だから、イーサネットは我々のデジタル生活にとって必要不可欠な存在と言える。

使用する職種

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、企業のコンピュータシステムの構築や運用にイーサネットを使用する。これにより、システム全体のコミュニケーションが円滑に行われ、企業の業務効率が向上する。

システム管理者

システム管理者は、オフィスのネットワーク設定や管理にイーサネットを活用します。これにより、社内全体の情報共有やコミュニケーションがスムーズになるのです。

IT初心者

IT初心者でも、自宅のパソコンやゲーム機をインターネットに接続するときには、イーサネットが使われます。このように、日常生活におけるデジタル環境を支えているのがイーサネットなのです。

イーサネットは、複数のデバイスが同時に通信する状況で効果的です。

有名な企業や製品、サービス

シスコシステムズ

ネットワーキング機器の大手製造企業で、イーサネットスイッチ等の製造も手掛けています。

ネットギア

家庭用ネットワーク機器の製造を行っており、イーサネットを活用した製品が多数あります。

ジュニパーネットワークス

企業向けネットワーク機器を製造。イーサネットを使った高速ネットワークの構築に力を入れています。

類似語

WiFi

WiFiもイーサネットと同様にデータ通信を行う規格。ただし、WiFiは無線、イーサネットは有線の通信を主に行います。

LAN

LAN(Local Area Network)は、イーサネットの一種。特定の地域内(例:オフィス、家庭)でのネットワークを指します。

WAN

WAN(Wide Area Network)もネットワークの一種。LANより広い範囲、例えば企業間の通信等に使われます。

反対語

無線通信

イーサネットは基本的に有線通信を指すため、無線通信はその反対概念と言えます。

アナログ通信

イーサネットはデジタル信号を用いて情報を伝送しますので、アナログ信号を使うアナログ通信は反対の概念となります。

P2P通信

イーサネットは多くのデバイスが一つのネットワークに接続する形を取りますが、P2P通信は一対一の接続を主に行いますので、反対の概念と言えます。

会話の例文

家庭でのインターネット接続設定

「新しいパソコンをイーサネットでインターネットにつなげたいんだけど、どうしたらいいの?」
「イーサネットケーブルをパソコンとルーターに接続すればインターネットにつながるよ。」

オフィスのネットワーク構築

「オフィス全体をイーサネットでつなぎたい。どう進めれば良い?」
「まずはネットワーク機器と各デバイスをイーサネットケーブルで接続し、ネットワーク設定を行うことが必要です。」

ゲーム機のインターネット接続

「ゲーム機をインターネットに繋げたいけど、Wi-Fiよりイーサネットの方がいいの?」
「イーサネットなら安定した通信が可能だから、ゲーム中の通信遅延を防げるよ。」

使用時の注意点

イーサネットを使用する際の注意点はケーブルの取り扱いです。

これは、ケーブルが損傷すると通信速度が低下したり、通信ができなくなるからです。

例えば、ケーブルを無理に曲げたり、重い物を置いたりすると、ケーブルが内部で断線することがあります。そこで、ケーブルはきちんと管理し、必要以上に曲げたり引っ張ったりしないように注意することが大切です。

また、ケーブルが長すぎると信号が弱まるため、使用する距離に合った長さのケーブルを選ぶことも重要となります。ケーブルの取り扱いによっては、通信環境に大きな影響を与えるため、常に適切な管理を心掛けましょう。

イーサネットは設定が簡単で、IT初心者でも使用可能です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました