DNSリフレクター攻撃とは?サーバー負荷を引き起こす危険な攻撃方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 攻撃対象者のIPに成りすましリクエストを送る
  • 大量のリクエストでサーバー負荷を引き起こす
  • 特定が難しい身元を突き止めることが難しい攻撃

DNSリフレクター攻撃とは、成りすましIPアドレスでサーバーに攻撃することです。

概要説明

DNSリフレクター攻撃とは、攻撃対象のIPアドレスに成りすまして大量のリクエストを送る手法である。なぜなら、これによりDNSサーバから大量のリクエストが返ってくるからだ。

例えば、オープンリゾルバという誰でもリクエストが可能なサーバを狙った攻撃である。そして、攻撃者と対象者の間にDNSサーバが介在するため、攻撃者の特定が難しい。

つまり、無防備なサーバを利用して攻撃対象に大きな負荷を与える方法である。だから、サーバの管理者は常に注意が必要なのだ。

職業職種

ネットワーク管理者

ネットワーク管理者は、DNSリフレクター攻撃を防ぐ必要がある。なぜなら、彼らの管理するネットワークが攻撃を受ける可能性があるからだ。例えば、適切なセキュリティ対策を取らないと、ネットワーク全体が脅かされる。

サイバーセキュリティ専門家

サイバーセキュリティ専門家は、DNSリフレクター攻撃を理解している必要がある。なぜなら、クライアントのネットワークを保護するために、最新の攻撃手法を知っておく必要があるからだ。例えば、攻撃の兆候を早期に見つけ出し、対策を立てる。

サーバー管理者

サーバー管理者は、DNSリフレクター攻撃からサーバーを守る役割がある。なぜなら、オープンリゾルバのようなリクエストを受け付けるサーバーが攻撃の対象になりやすいからだ。例えば、不必要なリクエストを適切にフィルタリングし、セキュリティを維持する。

DNSリフレクター攻撃は、名前の由来は攻撃の方法からきています。”リフレクター”は反射するという意味で、攻撃者がDNSサーバを利用して攻撃を”反射”させることからこの名前がつけられました。

代表例

Cloudflare

Cloudflareは、世界最大のネットワークを持つ一つで、DNSリフレクター攻撃から顧客を守る役割を果たす。その理由は、彼らが特別な防御システムを開発し、攻撃を検知してブロックできるからだ。例えば、2014年には大規模なDNSリフレクター攻撃を検知し阻止した。

Spamhaus

Spamhausは、2013年にDNSリフレクター攻撃を受けたことで知られている。なぜなら、この攻撃はインターネットの歴史上最大規模と言われ、その影響力を示したからだ。例えば、この攻撃によりヨーロッパのインターネットが遅延したと報告されている。

Steve Gibson

Steve Gibsonは、セキュリティリサーチャーとして知られ、DNSリフレクター攻撃についての説明と防衛策を提供する。なぜなら、彼のウェブサイトであるGRC(Gibson Research Corporation)が、情報共有の場所として活用されているからだ。例えば、彼のサイトでは、DNSリフレクター攻撃の仕組みを詳しく説明した記事が公開されている。

手順例

DNSリフレクター攻撃の実行の手順です。

攻撃対象の特定

まず、攻撃対象のIPアドレスを特定する。これが攻撃の最初のステップだ。例えば、そのIPアドレスが属するサーバーが攻撃の標的となる。

偽のリクエストの作成

次に、攻撃対象者のIPアドレスに成りすまし、大量のリクエストを作成する。これにより、攻撃の準備が整う。例えば、偽のリクエストは通常、攻撃者が制御するコンピュータから送信される。

オープンリゾルバへのリクエスト送信

作成した偽のリクエストを、誰でも利用可能なオープンリゾルバに送信する。これが攻撃の重要な部分だ。例えば、このリクエストにより、DNSサーバーは攻撃対象のサーバーにリクエストを送り返す。

サーバーへの負荷増加

オープンリゾルバからの大量のリクエストが攻撃対象のサーバーに届く。これにより、サーバーの負荷が大きく増加する。例えば、サーバーがその負荷を処理できなくなると、サービスの遅延や停止が発生する。

DNSリフレクター攻撃は違法であり、教育的な目的でのみ示しています。決して真似してはいけません。

類似語

  • DDoS攻撃
    DDoS攻撃は、DNSリフレクター攻撃とよく似ている。なぜなら、両者ともに目的サービスに過度な負荷をかけてダウンさせる目的があるからだ。ただし、具体的な実行方法は異なる。
  • アンプ攻撃
    アンプ攻撃は、DNSリフレクター攻撃と同様の原理で動く。なぜなら、両者とも攻撃対象に対してリフレクト(反射)とアンプリフィケーション(増幅)を行い、大量のトラフィックを送りつけるからだ。ただし、使用するプロトコルやサービスが異なる。
  • スプーフィング攻撃
    スプーフィング攻撃は、DNSリフレクター攻撃の一部とも言える。なぜなら、DNSリフレクター攻撃では攻撃者が攻撃対象のIPアドレスに成りすますというスプーフィング手法を用いているからだ。例えば、IPスプーフィングやARPスプーフィングなどがある。

反対語

DNSセキュリティ

DNSセキュリティは、DNSリフレクター攻撃の反対概念だ。なぜなら、攻撃ではなく防御や保護に関わるからだ。例えば、DNSSECの導入などがこれに当たる。

ファイアウォール

ファイアウォールもまた、DNSリフレクター攻撃の反対の概念だ。なぜなら、これはネットワークを保護し、不正なアクセスを防ぐためのものだからだ。例えば、不正なリクエストをブロックする。

レートリミティング

レートリミティングは、リクエストの数を制限し、サービスへの過剰なアクセスを防ぐ。なぜなら、これはサーバへの負荷を軽減し、攻撃を防ぐための策なので、DNSリフレクター攻撃の反対の概念だ。例えば、1秒に10リクエストまでとする。

会話例

ネットワークセキュリティ担当とマネージャーの会話

「最近、DNSリフレクター攻撃について聞いたけど、具体的に何なの?」
「大雑把に言うと、攻撃者が他人のIPアドレスを偽装し、DNSサーバに大量のリクエストを送る攻撃だよ。その結果、その攻撃が対象のサーバに大量の返信を引き起こし、サーバに大きな負荷をかけるんだ。」

ITマネージャーと社員の会話

「DNSリフレクター攻撃、どうやって防ぐの?」
「オープンリゾルバを閉じて、DNSリクエストのレートリミティングを行うなど、いくつかの対策があるよ。」

セキュリティエンジニアと新入社員の会話

「DNSリフレクター攻撃、実際にどれくらいダメージがあるの?」
「攻撃が成功すれば、サーバは大量のリクエストでオーバーロードし、サービスが停止する可能性があるんだ。」

注意点

DNSリフレクター攻撃を防ぐ時の注意点は、必要以上にオープンリゾルバを使わないことだ。なぜならばこれが攻撃者に利用されるからだ。

例えば、必要以上にオープンリゾルバを使ってしまうと、それが攻撃者にとって大量のリクエストを送信するための手段となる。そして、DNSセキュリティ機能を強化すること。

だから、常に最新のセキュリティパッチを適用し、DNSレスポンスのレートリミティングを実施しよう。

DNSリフレクター攻撃とDDoS攻撃は、間違えやすいので注意しましょう。

DNSリフレクター攻撃は他のIPアドレスになりすまし、DNSサーバに大量のリクエストを送る攻撃です。

一方、DDoS攻撃は複数のコンピュータから一箇所のサーバに、大量のアクセスを行うことでサービスを停止させる攻撃だ。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました