オープンリゾルバとは?DNSサーバーを理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとオープンリゾルバ

  • DNSサーバーの一種
  • 誰でも使える公開型システム
  • リクエストに制限なし

オープンリゾルバ = Open Resolver

オープンになってるDNSサーバーのことです。

オープンリゾルバとは

オープンリゾルバはDNSサーバーの一種。任意のクライアントからのDNSクエリに対応する能力を持つ公開されているDNSサーバーを指す。

一般的に、オープンリゾルバはプロバイダに依存しないDNS解決を提供し、しばしば高度なプライバシー保護機能やパフォーマンス向上機能を含むため、従来のISPによるDNSサービスとは異なる利点がある。

一方、他のDNSサーバーは、特定のネットワークまたはクライアントのみにサービスを提供することもある。そのようなサーバーは、通常、リクエストを受け入れるクライアントを制限する。つまり、それらは「オープン」なリゾルバではない。

使用する職種

ネットワークエンジニア

オープンリゾルバは、ネットワークのパフォーマンスを最適化するツールである。なぜなら、接続をスムーズにするDNSの問い合わせを速く処理するからだ。例えば、ウェブサイトへの迅速な接続が可能になる。

ITマネージャ

オープンリゾルバは、業務の効率化を目指すツールである。なぜなら、従業員がウェブベースのツールやサービスを使うときに時間を節約するからだ。例えば、クラウドサービスへのアクセス速度を上げる。

一般ユーザー

オープンリゾルバは、快適なインターネット体験を提供するツールである。なぜなら、インターネット上の情報を素早く検索し、接続をスムーズにするからだ。例えば、YouTubeやNetflixの動画ストリーミングがスムーズになる。

オープンリゾルバは、知らずに使用してるパターンです。

有名な企業や製品、サービス

  • Cloudflare
    Cloudflareは、プライバシーと速度に重点を置いたオープンリゾルバサービスを提供している。なぜなら、ユーザーのDNSクエリを保護し、インターネットのパフォーマンスを最適化するからだ。例えば、”1.1.1.1″というサービスが有名だ。
  • Google
    Googleは、信頼性と速度を重視したオープンリゾルバサービス、”Google Public DNS”を提供している。なぜなら、ユーザーが安全かつ迅速にウェブサイトを閲覧できるようにするからだ。例えば、”8.8.8.8″と”8.8.4.4″というDNSサーバーが知られている。
  • Quad9
    Quad9は、セキュリティに重点を置いたオープンリゾルバサービスを提供している。なぜなら、ユーザーのDNSクエリを保護し、マルウェアフィッシングサイトからユーザーを守るからだ。例えば、”9.9.9.9″というサービスがある。

大まかな手順

アドレスを設定

まず、利用したいオープンリゾルバのDNSサーバーアドレスを探す。なぜなら、そのアドレスを設定することで、インターネットへの接続が可能になるからだ。例えば、Cloudflareなら”1.1.1.1″、Google Public DNSなら”8.8.8.8″だ。

ネットワークの設定

次に、デバイスやネットワークの設定画面に行く。なぜなら、そこでDNSサーバーのアドレスを変更するからだ。例えば、PCならネットワーク設定、スマホならWi-Fi設定だ。

サーバーアドレスを入力

DNS設定画面で、DNSサーバーアドレスを入力する。なぜなら、これでデバイスが指定したオープンリゾルバを利用してインターネットに接続するようになるからだ。例えば、”1.1.1.1″または”8.8.8.8″を入力する。

設定を保存

設定を保存して、デバイスを再起動する。なぜなら、新しい設定を反映させるためだ。例えば、”設定を保存”ボタンを押してから、デバイスを再起動する。

反映の確認

最後に、設定が正しく反映されていることを確認する。なぜなら、設定ミスがあるとインターネットに接続できなくなる可能性があるからだ。例えば、インターネットに問題なく接続できているか確認する。

類似語

Public DNS

Public DNSは、オープンリゾルバと同じように、インターネット上のどこからでもアクセスできるDNSサーバーだ。なぜなら、オープンリゾルバも実質的にはPublic DNSサーバーの一種だからだ。例えば、Google Public DNSはよく知られている。

リカーシブリゾルバ

リカーシブリゾルバは、DNSクエリを解決するためのプロセスを全て実行するDNSサーバーで、オープンリゾルバのように機能する。なぜなら、オープンリゾルバはリカーシブリゾルバの一形態だからだ。例えば、ISPが提供するDNSサーバーがこれにあたる。

セカンダリDNS

セカンダリDNSは、オープンリゾルバと似て、プライマリDNSサーバーがダウンした際に名前解決を代行する。なぜなら、彼らも名前解決の役割を果たすからだ。例えば、”8.8.4.4″はGoogle Public DNSのセカンダリDNSである。

反対語

プライベートリゾルバ

プライベートリゾルバは、特定のネットワーク内でのみ利用可能なDNSリゾルバで、オープンリゾルバの反対だ。なぜなら、オープンリゾルバはインターネット全体からアクセス可能だからだ。例えば、企業ネットワークの内部DNSサーバーがこれにあたる。

ローカルDNSキャッシュ

ローカルDNSキャッシュは、ユーザーのマシン上にあるDNS情報のキャッシュで、オープンリゾルバとは異なる。なぜなら、ローカルDNSキャッシュは自身が問い合わせた情報のみを持つ一方、オープンリゾルバは任意の問い合わせに対応するために広範なDNS情報を持つからだ。例えば、PCやスマホのOSは自動的にDNSクエリの結果をキャッシュする。

フォワードリゾルバ

フォワードリゾルバは、ドメイン名からIPアドレスへの変換を担当するDNSサーバーで、オープンリゾルバの主な機能の一部だ。なぜなら、オープンリゾルバもまたユーザーからのドメイン名のクエリに対してIPアドレスを返すからだ。例えば、ウェブブラウザがwww.example.comというURLを入力したとき、フォワードリゾルバはそれを対応するIPアドレスに変換する。

使用時の注意点

オープンリゾルバは、インターネット上のどこからでもアクセス可能なDNSサーバーだが、その開放性がセキュリティ上のリスクになる。

特に、オープンリゾルバはDDoS(分散サービス拒否)攻撃の踏み台として利用される可能性がある。DDoS攻撃とは、多数のコンピューターから一つのシステムやネットワークに大量の通信を同時に送り込むことで、そのサービスをダウンさせる攻撃を指す。

オープンリゾルバを利用する際は、このリスクを十分に理解し、信頼できるプロバイダーを選択することが重要。また、プロバイダーがどのようなセキュリティ対策を講じているかを確認し、自身のデータとインターネット接続を保護するための対策をすること。

オープンリゾルバは、DNSサーバーの一種と覚えればOKです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました