フィッシングとは?ネットの安全を守るための知識

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとフィッシングとは

  • ユーザー騙して情報を盗む
  • 偽のWebサイトで情報を誘導
  • SNSアカウント乗っ取りで拡大

フィッシングとは、偽サイトで欺く手法です。

概要説明

フィッシングとはユーザーを騙して情報を盗むことである。なぜならば、偽のWebサイトに誘導し、個人情報やIDの入力を促すからだ。

例えば、本物そっくりの偽の銀行サイトである。そして、ユーザーが情報を入力するとそれを盗み取る。

つまり、自分のデータを守るためには正しい知識が必要である。だから、フィッシングについて知り、正しい対処を学ぶことが大切。

職業職種

情報セキュリティ担当者

情報セキュリティ担当者は、フィッシングの脅威を常に監視している。なぜなら、企業の情報を守るためだ。例えば、社員への啓発活動。

ネットバンクの利用者

ネットバンクの利用者は、フィッシングに注意する必要がある。なぜなら、偽のサイトに騙されるリスクがあるからだ。例えば、メールのリンクを無意識にクリックすること。

SNS利用者

SNS利用者は、アカウント乗っ取りのリスクがある。なぜなら、知らないリンクをクリックしてしまい、情報が漏れる可能性があるからだ。例えば、怪しいダイレクトメッセージ。

フィッシングは、英語の”phishing”から来ている。この言葉は「釣る」という意味の”fishing”と似ていて、情報を「釣り上げる」行為を表しています。

フィッシングの手順例

以下は、フィッシング攻撃を実行する手順です。

ターゲットの選択

攻撃者は、狙いを定める。なぜなら、成功率を上げるため。例えば、金融機関の顧客や大手企業の従業員。

偽のWebサイトの作成

攻撃者は、本物そっくりのサイトを作る。なぜなら、ユーザーを騙すため。例えば、銀行のログインページを模倣する。

欺瞞的なメールの送信

ユーザーに偽のサイトへ誘導するメールを送る。なぜなら、情報を入力させるため。例えば、「パスワードの更新が必要」という内容のメール。

情報の収集

ユーザーが偽のサイトで情報を入力すると、攻撃者はそれを収集する。なぜなら、その情報で不正アクセスするため。例えば、銀行口座の乗っ取り。

他のユーザーへの拡散

得られたアカウントを使って、さらに他のユーザーを狙う。なぜなら、被害を拡大するため。例えば、SNSアカウントを乗っ取って、友人にフィッシングメールを送る。

フィッシングを実行してはいけません。手順を知るのはフィッシングを予防するためです。

類似語

スピアフィッシング

スピアフィッシングは、特定の個人や組織を狙ったフィッシングである。なぜなら、具体的なターゲットを狙うから。例えば、大手企業のCEOを狙う攻撃。

ワーリング

ワーリングは、組織の上層部を狙ったフィッシングである。なぜなら、大きな金額や重要な情報を狙うため。例えば、企業のCFOに偽の請求書を送る。

スモッシング

スモッシングは、SMSを使ったフィッシングである。なぜなら、携帯電話のSMS機能を利用して攻撃するから。例えば、偽の銀行からのセキュリティ確認のメッセージ。

反対語

セキュアブラウジング

セキュアブラウジングは、安全なWeb閲覧の実践である。なぜなら、ユーザーをフィッシングや他の脅威から守るため。例えば、HTTPSのウェブサイトを優先して利用する。

認証

認証は、ユーザーの正当性を確認するプロセスである。なぜなら、不正なアクセスや情報の漏洩を防ぐため。例えば、二要素認証の導入。

データ保護

データ保護は、個人情報や重要データを守る行為である。なぜなら、不正アクセスやデータ漏洩のリスクを減少させるため。例えば、暗号化技術の利用。

フィッシングの注意点

フィッシングを行う時の注意点は法的なリスクである。なぜならば違法行為だからだ。例えば、逮捕されるリスクがある。そして、長期の刑罰を受ける可能性がある。だから絶対に行ってはいけない。

フィッシングとスピアフィッシングは、間違えやすいので注意しましょう。

フィッシングは、一般的なユーザーを狙った攻撃です。

一方、スピアフィッシングは、特定の個人や組織を狙った攻撃です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました