デュオポリーとは?GoogleとFacebookの例から学ぶ

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとデュオポリーとは

  • 2つの企業が市場を支配
  • ネット広告では、GoogleとFacebook
  • スマホOSでは、iOSとAndroid

デュオポリーとは、市場を2社が支配する現象です。

概要説明

デュオポリーとは、2つの企業が市場を支配する状態である。なぜなら、競争が少ないと一部の企業が力を持つことが可能になるからだ。

例えば、インターネット広告市場ではGoogleとFacebookが圧倒的な力を持っている。そして、これらの企業が市場を独占することで価格やサービスの質を左右できる。

つまり、消費者は多くの選択肢を持たなくなる。だから、競争法の視点からデュオポリーは問題とされることもある。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、デュオポリーを考慮する。なぜなら、市場の動向を把握するため。例えば、広告戦略を立てる際にGoogleとFacebookの影響を理解する。

経済学者

経済学者は、デュオポリーを分析する。なぜなら、市場の健康状態を評価するため。例えば、デュオポリーが競争環境にどのような影響を与えているかを調べる。

法律家

法律家は、デュオポリーについて議論する。なぜなら、寡占状態が法律に違反していないかを確認するため。例えば、競争法の観点からGoogleとFacebookの行動を監視する。

デュオポリー(Duopoly)は2社で支配する「複占」を意味します。一方、「独占」は、モノポリー(Monopoly)です。

代表例

GoogleとFacebook

GoogleとFacebookは、インターネット広告やメディアビジネスでデュオポリーを作っている。なぜなら、これら2社の影響力が非常に強く、多くの人々が彼らのサービスを使用しているからだ。例えば、検索エンジンではGoogleが、ソーシャルメディアではFacebookが圧倒的に支配している。

BoeingとAirbus

BoeingとAirbusは、航空機製造業界でデュオポリーを形成している。なぜなら、これら2社が世界の旅客機市場をほぼ独占しているからだ。例えば、長距離旅客機市場ではBoeingの「777」や「787」、Airbusの「A350」や「A380」が主流となっている。

Coca-ColaとPepsi

Coca-ColaとPepsiは、世界の炭酸飲料市場でデュオポリーを構成している。なぜなら、これら2社のブランド力が非常に高く、消費者の多くがこれらの商品を選んでいるからだ。例えば、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、主要な炭酸飲料コーナーでCoca-Cola製品とPepsi製品が目立っている。

手順例

市場を調査する

どの市場でデュオポリーを作るかを決めるため、市場調査が必要だ。なぜなら、その市場が既に飽和していたり、競争が激しすぎる場合、デュオポリーを作るのは難しいからだ。例えば、スマートフォンの市場調査を行う。

強力な製品やサービスを開発する

デュオポリーを形成するためには、その市場で一定のシェアを占める強力な製品やサービスが必要だ。なぜなら、消費者があなたの製品やサービスを選ぶための強力な理由がなければならないからだ。例えば、ユーザーフレンドリーなスマートフォンを開発する。

マーケティングとブランディング

製品やサービスが完成したら、マーケティングとブランディングを行う。なぜなら、消費者に製品やサービスの存在を知ってもらい、選んでもらうためだ。例えば、テレビやSNSでの広告キャンペーンを行う。

競争相手との協力

デュオポリーを形成するためには、競争相手との協力も必要だ。なぜなら、競争相手と協力することで市場を2社で分け合うことができるからだ。例えば、競争相手との業界標準の設定や製品の互換性の確保などに取り組む。

市場の動向を常に監視する

デュオポリーを維持するためには、市場の動向を常に監視し、必要な場合には戦略を見直すことが必要だ。なぜなら、新たな競争相手が出現したり、消費者のニーズが変化したりする可能性があるからだ。例えば、市場のトレンドや競争状況、消費者の反応を定期的に分析する。

類似語

寡占

寡占は、デュオポリーの一種である。なぜなら、寡占は少数の事業者が市場を支配する状況を指すからだ。例えば、3社以上の事業者が市場を支配する場合、それは寡占と呼ばれる。

オリゴポリー

オリゴポリーは、デュオポリーと似た状況を指す。なぜなら、オリゴポリーもまた少数の企業が市場を支配する状況を指すからだ。例えば、自動車業界では少数の大手企業が市場を支配しており、これはオリゴポリーの一例である。

反対語

モノポリー

モノポリーは、デュオポリーの反対語だ。なぜなら、モノポリーは一社だけが市場全体を支配する状態だから。例えば、地方の電力会社はその地域で電力供給の独占状態にある。

完全競争

完全競争は、デュオポリーの反対語だ。なぜなら、完全競争は多数の事業者が競争し、誰も市場を支配しきれない状態だから。例えば、農産物市場は季節や天候によって価格が変動する完全競争市場の一例だ。

多角化

多角化は、デュオポリーの反対語だ。なぜなら、多角化は一社が様々な分野で事業を展開し、その全ての市場を支配しきれない状態だから。例えば、ソニーはエレクトロニクス、映画、音楽など、多くの分野で事業を展開している。

会話例

マーケティング会議でのプレゼンテーション

「新製品の市場戦略はデュオポリーを狙うってこと?」
「その通り、競争が厳しいから、我々と主要な競争相手だけで市場を分け合う戦略だよ。」

投資家とのミーティング

「あなたの会社がデュオポリー状態になったら、投資家にどんなメリットがあるの?」
「デュオポリーになると、市場の競争が減り、利益率が安定する。それは投資家にとって安定したリターンを期待できるってことだよ。」

ジャーナリストからのインタビュー

「デュオポリー状態の市場は消費者にとって良くないと言われるけど、どう思う?」
「それは一面の真実だね。競争が少ないと価格が高くなる可能性はある。でも、デュオポリーになると、事業者はより良い製品を提供するために努力するから、その点では消費者にとってもメリットがあるんだ。」

デュオポリーの注意点

デュオポリーを形成する時の注意点は、市場環境の変化だ。なぜならば、新しい競争相手が現れるか、技術進歩が起きるとデュオポリー状態が崩れる可能性があるからだ。

例えば、昔はビデオレンタル市場でブロックバスターとハリウッドビデオがデュオポリー状態だったけど、ネットフリックスの登場でその状況は一変した。

だから、市場の動向を常に監視し、戦略を柔軟に変える能力が求められる。

デュオポリーとオリゴポリーは、間違えやすいので注意しましょう。

デュオポリーは2社が市場を支配する状況です。

一方、オリゴポリーは少数の企業、つまり3社以上が市場を支配する状況です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました