デベロッパーとは何?その仕事内容とは

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 開発者のこと
  • ITからゲームまで幅広い
  • 制作物を納品、利益を得る

デベロッパーとは、開発者です。

概要説明

デベロッパーとは制作物を作る開発者のことだ。なぜなら彼らがソフトウェアやゲーム、ウェブサイトなどを作るからだ。

例えば「ソフトウェア開発者」や「Web開発者」、「ゲーム開発者」などだ。そして、デベロッパーは自分たちが作った制作物を納品し、そこから利益を得る。

つまり、彼らは商品やサービスを生み出す重要な役割を持っている。だからデベロッパーは市場にとって価値ある存在だ。

職業職種

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、ソフトウェアデベロッパーとして働くことがよくある。なぜなら、ソフトウェアを開発し、改善する仕事だからだ。例えばWindowsやMacのOSの開発。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webデベロッパーとして働くこともある。なぜなら、ウェブサイトをデザインし、開発する仕事だからだ。例えば企業の公式ウェブサイトの開発。

ゲームクリエイター

ゲームクリエイターは、ゲームデベロッパーとして働く。なぜなら、ゲームの企画から開発までを行う仕事だからだ。例えばスマホゲームの開発。

デベロッパーの名前の由来は英語の”develop”から来ています。”Develop”は「発展させる」「開発する」などの意味があり、デベロッパーはこれらの活動を行う人を指します。

他業界

不動産業界での「デベロッパー」は、土地や建物の開発を行う企業や個人を指す。彼らは土地を購入し、そこに建物を建てる設計から施工、そして販売またはレンタルまでを行う。彼らの目的は、土地や建物をより価値あるものに変えて利益を得ること。

例えば、一部分が使われていない大きな土地を見つけたデベロッパーは、そこにショッピングモールやアパートメントを建設する。彼らは建築家や建設会社と協力し、プロジェクトを完成させる。そして、その新しくできた建物を販売したり、レンタルしたりして利益を得る。

IT業界と不動産業界でのデベロッパーは、共通して「何かを作り出す、または価値を増す」役割を果たしている。ただ、ITのデベロッパーはソフトウェアやウェブサイトなどデジタルの製品を作るが、不動産業界のデベロッパーは物理的な建物や施設を作る。

類似語

エンジニア

エンジニアは、デベロッパーの一種だ。なぜなら、技術的な問題を解決したり、新しい技術を開発したりするからだ。例えばソフトウェアエンジニアはソフトウェアを開発するデベロッパーだ。

プログラマー

プログラマーもデベロッパーに近い役割を果たす。なぜなら、彼らがソフトウェアやウェブサイトのコードを書くからだ。例えばゲーム開発においてプログラマーはゲームの機能をコーディングするデベロッパーだ。

クリエイター

クリエイターは、デベロッパーと同じく新しいものを生み出す人を指す。なぜなら、彼らが新しいアイデアを形にするからだ。例えばゲームクリエイターはゲームの世界観やストーリーを作り上げるデベロッパーだ。

反対語

エンドユーザー

エンドユーザーはデベロッパーの反対だ。なぜなら、デベロッパーが作った製品を使う人だからだ。例えばゲームをプレイする人は、ゲームデベロッパーのエンドユーザーだ。

発注者

発注者もデベロッパーの反対と言える。なぜなら、彼らがデベロッパーに仕事を依頼する側だからだ。例えば、新しいウェブサイトを作りたい企業がウェブデベロッパーに依頼する場合、その企業は発注者だ。

消費者

消費者はデベロッパーの反対語だ。なぜなら、デベロッパーが作った製品を購入し利用する側だからだ。例えば、新しく発売されたゲームを買って遊ぶ人は消費者だ。

会話例

ウェブ開発会社にて

「新しいウェブサイトを作るのにどれくらい時間がかかるんだ?」
「それはプロジェクトの規模と要件によるよ。小さなウェブサイトなら数週間、大規模なものだと数ヶ月から半年かかることもあるよ。」

ゲーム開発スタジオにて

「次のゲームの開発はいつから始まるんだ?」
「前作の後分析と新しいゲームのプランニングが終わり次第、すぐにでも始めるよ。」

ソフトウェア開発チームの会議中に

「今回のアップデートでどんな新機能を追加するんだ?」
「ユーザーからのフィードバックを元に、便利な新機能をいくつか追加予定だよ。」

注意点

デベロッパーとして働く時の注意点は、常に技術の最新動向にキープアップすることだ。なぜならばIT業界は日々変化していて、古い知識では対応できない問題が起きることがあるからだ。

例えば新しいプログラミング言語が出てきたら、それを学ぶことが必要だ。そして、チームとの良好なコミュニケーションも重要だ。だから、技術力だけでなく人間力も大切にしよう。

デベロッパーとプログラマーの間違えやすいので注意しましょう。

デベロッパーはプロジェクト全体を見渡し、設計から実装、テスト、納品までを手掛けます。

一方、プログラマーは指定された設計に基づいてコードを書く専門家です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました