ROIとは?投資収益率の計算とその重要性

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとROI

  • 投資と利益の関係を示す
  • 効率的な投資を評価する
  • ビジネス判断の基準になる

ROIとは、投資して出た収益率です。

概要説明

ROIとは投資収益率である。なぜならば、投資したお金がどれだけの利益を生んだかを計算するため。例えば、100万円投資して150万円得た場合、ROIは50%である。そして、この数値が高いほど投資が効果的だとされる。つまり、投資の「質」を数値で評価できる。だから、ビジネスで非常に重要な指標とされる。

ROI(投資収益率)計算式
ROI =(利益 ÷ 投資額)× 100

ROI計算式例

ビジネスに100万円投資して、その結果として150万円の利益を得た場合

利益を計算する

150万円(総収益) – 100万円(投資額) = 50万円

ROIを計算する

50万円 ÷ 100万円 × 100 = 50%

この場合、ROIは50%となる。この数値が高いほど、投資が効果的であると評価が高い。

職業職種

ビジネスオーナー

ROIは、投資計画の評価である。なぜなら、利益が出るかどうかを事前に知るため。例えば、新製品の開発。

マーケティングマネージャー

ROIは、広告効果の測定である。なぜなら、広告費に対する売上を知るため。例えば、オンライン広告のパフォーマンス。

投資家

ROIは、資産運用の判断である。なぜなら、どの投資が最も効果的かを評価するため。例えば、株や不動産の購入。

ROIは、名前の由来は英語の”Return on Investment”からです。これは「投資に対するリターン(返り値)」を意味する。

ROIの代表例

ユニクロ(株式会社ファーストリテイリング)

ユニクロは、ROIが高くて有名である。なぜなら、効率的な在庫管理と広告戦略で高い利益を上げているから。例えば、ヒートテックなどの独自商品が大ヒットしている。

楽天

楽天は、ROIが高くて名高い存在である。なぜなら、多角的なビジネスモデルとデータ活用で、顧客一人一人から高い利益を得ているから。例えば、楽天ポイントを使った顧客ロイヤルティの向上。

任天堂

任天堂は、ROIが高くて世間に知られている。なぜなら、独自のゲーム機とソフトウェアで高い利益率を確保しているから。例えば、スイッチや「ポケットモンスター」シリーズが世界的に大ヒットしている。

手順例

以下は、ROI計算の基本手順です。

投資額を確認

投資額は、事業やプロジェクトにかかる費用である。なぜなら、これがROIの分母になるから。例えば、広告費や製造費。

利益を計算

利益は、総収益から投資額を引いたものである。なぜなら、これがROIの分子になるから。例えば、売上から投資額を引く。

ROIを算出

ROIは、利益を投資額で割って、100をかける。なぜなら、これで投資効果がパーセンテージでわかるから。

類似語

ROE(自己資本利益率)

ROEは、ROIの類似語である。なぜなら、どちらも投資効果を測る指標だから。例えば、ROEは企業の自己資本を使ってどれだけ利益を上げたかを示す。

ROA(総資産利益率)

ROAは、ROIの類似語である。なぜなら、投資効果を評価するものだから。例えば、ROAは企業が所有する総資産でどれだけ利益を得たかを示す。

利益率

利益率は、ROIの類似語である。なぜなら、利益をどれだけ効率よく上げられたかを示すから。例えば、売上に対する純利益の割合。

反対語

損失率

損失率は、ROIの反対語である。なぜなら、ROIが投資で得た利益を示すのに対し、損失率は投資でどれだけ損をしたかを示すから。例えば、負のROI。

非効率

非効率は、ROIの反対語である。なぜなら、ROIが効率的な投資を示すのに対し、非効率は効率が悪い状態を示すから。例えば、投資額に対して利益が少ない場合。

コスト過多

コスト過多は、ROIの反対語である。なぜなら、ROIが少ない投資で多くの利益を上げることを示すのに対し、コスト過多は投資が多すぎて利益が出にくい状態を示すから。例えば、広告費が多くて利益が少ない場合。

ROIの注意点

ROIを使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば、誤ったデータがあるとROIも誤るからだ。例えば、隠れたコストが計算に入っていない場合。そして、ROIだけで全てを判断しないように。だから、他の指標も考慮することが大事。

ROIとROEは、間違えやすいので注意しましょう。

ROIは、投資全体に対する利益の割合です。

一方、ROEは、自己資本に対する利益の割合です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました