ERPとは?業務効率化のための統合型基幹システム解説

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとERP

  • 部署を統合したデータ分析
  • 業務の効率化
  • 全社的な情報共有

ERPとは、部署統合と効率化、情報共有するシステムです。

概要説明

ERPとは統合型基幹業務システムである。なぜならば、企業内のさまざまな部署のデータを一元管理し、分析するからだ。例えば、販売データと在庫データをリンクさせることである。

そして、その分析結果を使って業務を効率化する。つまり、情報をスムーズに共有して、より良い決定を下すためである。だから、業績向上につながる。

ERPの目的

ビジネスプロセスの統合

財務、製造、サプライチェーン、人事、その他の業務プロセスを一つのシステムで統合管理できる。

効率性の向上

データ入力の重複を減らし、業務の自動化を促進することで、全体的な業務効率を向上させる。

リアルタイムのデータアクセス

組織全体でのリアルタイムのデータ共有を可能にし、意思決定を迅速かつ効果的に行える。

コンプライアンスとリスク管理の強化

法規制遵守をサポートし、リスク管理を強化する。

ERPでできる最大のこと

全社的な統合

財務、人事、製造、販売、在庫管理など、組織のあらゆる部門のデータとプロセスを統合する。

ビジネスインテリジェンス

データを分析し、洞察を提供することで、戦略的な意思決定を支援する。

スケーラビリティ

企業の成長に応じて、機能を拡張し、新しいプロセスや部門を容易に統合できる。

グローバルオペレーションのサポート

複数の言語、通貨、税制をサポートし、国際的な業務を管理できる。

ERPのデメリット

高い導入コスト

ERPシステムの導入とカスタマイズには、しばしば高額な初期投資が必要。

複雑な実装プロセス

実装は時間がかかり、企業の業務に大きな変更をもたらすことがある。

従業員の抵抗

新しいシステムへの適応は従業員にとって挑戦となり、トレーニングとサポートが不可欠。

柔軟性の欠如

標準化されたプロセスは、特定のビジネスニーズに対応するためのカスタマイズを難しくすることがある。

維持管理の負担

システムの維持・更新には、継続的な投資と管理の労力が必要。

ERPシステムは、企業の効率性と統合性を高めるための強力なツールですが、導入には慎重な計画とリソースが必要です。企業の特定のニーズ、業務プロセス、組織の規模に応じて、その利点とデメリットを検討する必要があります。

職業職種

経営者

経営者は、ERPを使って全社の業績を把握する。なぜなら、各部署のデータが一元管理されているから。例えば、販売と在庫のバランスを見る。

営業マネージャー

営業マネージャーは、ERPで顧客データを分析する。なぜなら、効果的な営業戦略を立てるためには、過去のデータが必要だから。例えば、どの商品がよく売れるかを調べる。

人事担当者

人事担当者は、ERPで労働時間や人件費を管理する。なぜなら、人員配置や予算を効率よく決定するためだから。例えば、どの部署に人員が必要かを判断する。

ERPは、名前の由来は”Enterprise Resource Planning”です。これは英語で「企業資源計画」という意味で、企業のさまざまな資源を効率よく計画するためのシステムということを表しています。

ERPの代表例

オラクル

オラクルは、ERPで有名である。なぜなら、多くの大企業が使っているからだ。例えば、Oracle ERP Cloudというサービスがあり、多機能で使いやすい。

SAP

SAPは、ERPで名高い存在である。なぜなら、世界中で広く採用されているからだ。例えば、SAP S/4HANAという製品があり、リアルタイムでのデータ分析が可能。

日立製作所

日立製作所は、ERPで世間に知られている。なぜなら、日本国内での導入実績が多いからだ。例えば、JP1という製品があり、日本の企業に合わせた機能が充実している。

手順例

以下は、ERP導入の基本手順です。

ニーズ分析

ニーズ分析は、最初のステップである。なぜなら、何を解決したいのか明確にする必要があるからだ。例えば、在庫管理が難しい、と感じている場合。

製品選定

製品選定は、次に重要である。なぜなら、ニーズに合ったERPを選ぶ必要があるからだ。例えば、予算や機能、使いやすさを考慮する。

導入計画

導入計画は、具体的な行動計画を作るステップである。なぜなら、どの部署から始めるか、期限はいつか、を決める必要があるからだ。例えば、プロジェクトのタイムラインを作る。

実装とテスト

実装とテストは、システムを実際に動かしてみるステップである。なぜなら、理論だけではわからない問題が出てくる可能性があるからだ。例えば、実際のデータを使ってシミュレーションを行う。

運用開始

運用開始は、全ての準備が整った後のステップである。なぜなら、これが最終目的であり、ここで初めて効果を実感できるからだ。例えば、業務効率が上がる、コストが削減される。

類似語

CRM

CRMは、ERPの類似語である。なぜなら、両方とも企業の業務効率化を目的としているからだ。例えば、CRMは主に顧客関係を管理する。

SCM

SCMは、ERPの類似語である。なぜなら、供給チェーンを効率化する目的があるからだ。例えば、在庫管理や物流を最適化する。

BI(ビジネスインテリジェンス)

BIは、ERPの類似語である。なぜなら、データ分析を通じてビジネスを改善する点が共通しているからだ。例えば、市場のトレンドを分析して戦略を立てる。

反対語

手作業

手作業は、ERPの反対語である。なぜなら、全てを人が行い、自動化や効率化がなされていないからだ。例えば、在庫管理を紙とペンで行う場合。

情報のばらばら管理

情報のばらばら管理は、ERPの反対語である。なぜなら、データが一元化されず、各部署で別々に管理されているからだ。例えば、営業部と製造部が別々のシステムを使っている場合。

非効率

非効率は、ERPの反対語である。なぜなら、業務がスムーズに進まず、時間とリソースを無駄にするからだ。例えば、同じデータを何度も入力する作業。

ERPの注意点

ERPを使用する時の注意点はデータの整合性である。なぜならば、複数の部署が同じデータを使う可能性があるからだ。例えば、在庫データが古いと、製造計画が狂う可能性がある。そして、定期的なデータの更新と確認が必要だ。だから、常に最新のデータを使うように心掛ける。

ERPとCRMは、間違えやすいので注意しましょう。

ERPは、全社的な業務プロセスを効率化するシステムです。

一方、CRMは、顧客関係を中心に管理するシステムです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました