カラーコードとは?Webとグラフィックデザインの必需品

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとカラーコード

  • 色を英数字で表す方法
  • デジタルデザインでよく使われる
  • RGBやHEX形式などがある

カラーコード = color code

カラーコードとは、色を一連の英数字で表現する手段です。

カラーコードとは

カラーコードとは色を英数字で表現する手段である。なぜならばデジタルデザインで色を正確に再現するために必要だからだ。

例えば、赤色はRGB形式では(255,0,0)、HEX形式では#FF0000と表現できる。そして、これらのコードはWebやグラフィックデザインなどで一貫した色の使用を可能にする。

つまり、カラーコードはデジタル色彩の正確な表現と共有を可能にするツールである。だから、デザインを行う際にはカラーコードの理解と使用が重要となる。

使用する職種

  1. Webデザイナー
    Webデザイナーは、カラーコードを頻繁に使用する。なぜなら、Webサイトのデザインで色を正確に再現するために必要だからだ。例えば、ブランドカラーを一貫してWebサイト全体で使用するためには、カラーコードを利用する。

  2. グラフィックデザイナー
    グラフィックデザイナーもまたカラーコードを頻繁に使う。なぜなら、ポスターやロゴなどのデザインで色を正確に再現するために必要だからだ。例えば、ブランドの色調をデザイン全体で一貫させるために、カラーコードを使用する。

  3. ソフトウェアエンジニア
    ソフトウェアエンジニアもカラーコードを使用する場面がある。なぜなら、ユーザインターフェースの色を指定するために必要だからだ。例えば、アプリのテーマカラーを設定する際には、カラーコードを使用する。

当サイトのメインカラーのカラーコードは、#393F4Cです。

有名な企業や製品、サービス

Adobe

Adobeは、PhotoshopやIllustratorなどのソフトウェアにカラーコードを採用している。なぜなら、デザイナーが色を一貫して再現できるようにするためだ。例えば、Photoshopではカラーピッカーで色を選び、そのカラーコードをコピーして使用することができる。

Google

Googleは、マテリアルデザインのカラーパレットにカラーコードを使用している。なぜなら、開発者がアプリの色を一貫して適用できるようにするためだ。例えば、マテリアルデザインのカラーパレットでは、各色に対応するカラーコードが提供されている。

Apple

Appleもまた、カラーコードを使用している。なぜなら、開発者がiOSアプリの色を一貫して再現できるようにするためだ。例えば、Interface Builderでは、色を選択し、そのカラーコードを使用して色を指定することができる。

大まかな手順

色の指定

カラーコードは、Webデザインで色を指定する方法である。なぜなら、精密に色を指定できるからだ。例えば#FFFFFFは白色を意味する。

16進数

カラーコードは、16進数で表現される。なぜなら、RGB色空間を利用し、各色を16進数で表現するからだ。例えば#FF0000は赤色を表す。

範囲の指定

カラーコードは、#の後に6文字の16進数が続く形式である。なぜなら、2文字ずつRGBを表し、それぞれの色を00からFFまでの範囲で指定するからだ。例えば#00FF00は緑色を表す。

理解

カラーコードを利用する際は、色彩の理解が必要である。なぜなら、正確な色を指定するためには、RGBそれぞれの組み合わせによる色の生成を理解する必要があるからだ。例えば#0000FFは青色を表す。

実装

カラーコードの使用は、プログラムの一部として埋め込む形で行う。なぜなら、CSSやHTML等のコード内で色指定として利用するからだ。例えばHTMLの背景色を設定する際には、のように使用する。

類似語

HEXコード

HEXコードは、カラーコードである。なぜなら、16進数を使って色を表現する方法の一つで、カラーコードと同義語として使用されるからだ。例えば#FFFFFFはHEXコードとして白色を示す。

RGBコード

RGBコードは、カラーコードと似ているが表現方法が異なる。なぜなら、RGBコードは10進数を使って色を表現する方法で、RGB(255,255,255)のように表現されるからだ。例えばRGB(255,0,0)は赤色を表す。

HTMLカラーコード

HTMLカラーコードは、カラーコードである。なぜなら、HTML文書内で色を指定する際に使用される16進数の色指定法を指すからだ。例えば#000000はHTMLカラーコードとして黒色を示す。

反対語

カラーネーム

カラーネームは、カラーコードの反対語と言える。なぜなら、色名で色を指定する方法であり、カラーコードのような精密さはないからだ。例えば”red”はカラーネームとして赤色を指定する。

RGBパーセンテージ

RGBパーセンテージは、カラーコードの反対語と言える。なぜなら、RGBの値をパーセンテージで表す方法で、16進数ではなく10進数のパーセンテージで色を表現するからだ。例えばRGB(100%,0%,0%)は赤色を表す。

カラーパレット

カラーパレットは、カラーコードの反対語と言える。なぜなら、色を直接選択できるUI要素であり、カラーコードのような色のコード指定は必要ないからだ。例えば画像編集ソフトウェアでは、ユーザーはカラーパレットから色を直接選べる。

会話の例文

Webデザインの打ち合わせ

Q.「この背景色をもっと白にできますか?」
A.「はい、その場合はカラーコードを#FFFFFFに設定します。」

プログラミングの学習

Q.「赤色を指定したいんだけど、カラーコードは何になるの?」
A.「赤色のカラーコードは#FF0000になります。」

デザイナーとのコンサルテーション

Q.「この色を明るくしたいんだけど、どうすればいいの?」
A.「カラーコードの値を上げていきましょう。例えば#0000FF(青)を明るくするなら、#00FFFFにすると良いです。」

使用時の注意点

カラーコードを使用する時の注意点は正確な16進数の理解と記述である。 なぜならば、誤ったカラーコードを指定すると想定した色と異なる結果になるからだ。

例えば#F00は赤色であるが、#F000と記述すると色が指定できない。 そしてカラーコードの記述はケースセンシティブではないが、一般的には小文字が推奨される。

だからカラーコードを使用する際は、16進数の理解と正確な記述に注意する必要がある。

カラーコードを全て覚える必要はありません。色をどう指定されてるのかだけ分かれば大丈夫です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました