スクラム開発とは? チーム力で速く進む開発方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • チームで力を合わせて開発
  • 問題が出たら早めに対応
  • 短期間で大きな成果を出す

スクラム開発とは、少人数チームで力を合わせ、開発する方法です。

概要説明

スクラム開発とは、みんなで力を合わせて開発すること。 なぜなら、一人ひとりの力だけでなく、チーム全員の力を合わせることで、より良いものを早く作ることができるからだ。

例えば、新しいゲームアプリの開発では、プログラマー、デザイナー、企画者が一緒になって考えることで、ユーザーが喜ぶゲームを早く作ることができる。そして、途中で問題が出ても、早めに対応して修正することができる。

つまり、チーム全員で力を合わせて、早く、良いものを作り出すことがスクラム開発の特徴だ。だから、新しいものを早く、良く作りたい時に使う方法だ。

職業職種

プログラマー

プログラマーは、スクラム開発で一緒に働く。なぜなら、みんなで力を合わせて開発することで、一人よりも良いアイデアや解決策を見つけられるからだ。例えば、新しいゲームアプリの開発において、プログラマーだけでなく、デザイナーや企画者と一緒に考えることで、より良いゲームを作ることができる。

デザイナー

デザイナーも、スクラム開発で一緒に働く。なぜなら、デザインだけでなく、他のメンバーの意見を聞くことで、よりユーザーが使いやすいデザインを作ることができるからだ。例えば、ユーザーインターフェースのデザインにおいて、プログラマーや企画者の意見を取り入れることで、より使いやすいデザインを作ることができる。

企画者

企画者は、スクラム開発で一緒に働く。なぜなら、企画だけでなく、他のメンバーの技術的な意見を聞くことで、より実現可能な企画を作ることができるからだ。例えば、新しいサービスの企画において、プログラマーやデザイナーの意見を取り入れることで、より実現可能な企画を作ることができる。

スクラム開発の名前の由来は、ラグビーの「スクラム」からです。

ラグビーの「スクラム」とは、みんなで力を合わせてボールを奪うプレイのことを言います。

このプレイから、開発でもみんなで力を合わせて目標に向かっていくという考え方が生まれました。

代表例

Spotify

Spotifyは、音楽ストリーミングサービスである。なぜなら、世界中の音楽が聴き放題だからだ。例えば、ロックからジャズまで色んなジャンルの音楽が楽しめる。

Amazon

Amazonは、世界最大のオンラインショッピングサイトである。なぜなら、本から家電まで何でも売っているからだ。例えば、新しいゲームが出たらすぐに手に入れられる。

Slack

Slackは、ビジネスコミュニケーションのためのツールである。なぜなら、メッセージやファイルの共有が簡単にできるからだ。例えば、遠くにいる同僚とすぐに情報を共有できる。

手順例

プロダクトバックログの作成

プロダクトバックログは、やるべきことリストである。なぜなら、チームが何を開発すべきかを明確にするからだ。例えば、新しいアプリの開発であれば、どの機能をつけるかといったことがリストアップされる。

スプリント計画の立案

スプリント計画は、次のスプリント(通常2週間から1ヶ月)で何をやるかを決める会議である。なぜなら、目標を明確にしてチーム全員が同じ方向に進むためだ。例えば、次のスプリントで新しい機能をどれだけ作るかを決める。

デイリースクラムの実施

デイリースクラムは、毎日の短いミーティングである。なぜなら、チームが同じペースで進むためだ。例えば、各メンバーが何をやって、何に困っているかを共有する。

スプリントレビューの開催

スプリントレビューは、スプリントの終わりに開かれる会議である。なぜなら、作ったものを見て、次に何をするべきかを考えるためだ。例えば、新しく作った機能を見て、どう改善するかを話し合う。

スプリントレトロスペクティブの行う

スプリントレトロスペクティブは、チームが反省会を行う時間である。なぜなら、問題を見つけて改善するためだ。例えば、何がうまくいったか、何がうまくいかなかったかを話し合う。

類似語

アジャイル開発

アジャイル開発は、スクラム開発と同じく、迅速な開発を目指す方法である。なぜなら、少人数で短期間の開発を行い、顧客の要望に素早く対応するからだ。例えば、早めに最小限の機能をリリースして、ユーザーの反応を見ながら改善していく。

リーン開発

リーン開発は、無駄を排除して生産性を上げる開発手法である。なぜなら、時間やリソースの無駄を削減するからだ。例えば、必要最小限の機能だけを開発して、ユーザーの反応に基づいて改善していく。

デブオプス

デブオプスは、開発と運用を連携させる考え方である。なぜなら、開発と運用の間の壁を取り払うことで、サービスの品質を上げてリリース速度を高めるからだ。例えば、開発チームと運用チームが一緒になって問題を解決する。

反対語

スクラム開発と正反対のアプローチを考えると、「ウォーターフォール開発」が出てくるね。ウォーターフォール開発はステップが一方向に進む。なぜなら、この方法は計画を一度立ててから一つずつ順番に完了させていくからだ。

会話例

開発プロジェクトの進行について

「スクラム開発って何だ?」
「小さなチームで素早く開発を進める方法だよ。ラグビーのスクラムから名前が来てるんだよ。」

開発スタイルの違いについて

「スクラム開発と他の方法と何が違うの?」
「スクラム開発は、小チームが自由に開発を進め、問題があればすぐに修正するんだ。だから成果が早く出るよ。」

具体的なメリットについて

「スクラム開発のメリットって何?」
「成果がすぐに見えるから、進捗を把握しやすいよ。問題が起きても早めに対応できるから安心だね。」

注意点

スクラム開発を使う時の注意点は、コミュニケーションだ。なぜなら、スクラム開発は密なコミュニケーションを必要とするから。

例えば、毎日のスタンドアップミーティングだ。全員が参加して、進捗を共有し、問題を共有する。だから、お互いの進捗を理解して、一緒に問題を解決することが大切。

スクラム開発とアジャイル開発は、間違えやすいから注意しましょう。

スクラム開発はアジャイル開発の一つで、小チームが頻繁にコミュニケーションを取りながら開発を進める方法。

一方、アジャイル開発はより広い概念で、顧客の要望に柔軟に対応しながら、途中で計画を変更できる開発手法全般を指します。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました