ストリーミングとは?通信量の使用量に注意が必要な視聴方法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • ネット環境があれば音楽や動画を視聴可能
  • 端末のメモリを圧迫せずに視聴
  • オフラインでは視聴不可能、通信量に注意

ストリーミングとは、リアルタイムでデータを受信しながら再生することです。

概要説明

ストリーミングとは、ネット環境があれば音楽や動画をリアルタイムに再生できる方法である。なぜならば、データを全てダウンロードしなくても視聴できるからだ。

例えば、NetflixやYouTubeで視聴する動画がそれである。そして、ストリーミングでは、端末のメモリを圧迫することなく視聴できる。

つまり、大量のデータを保存することなく視聴できるわけだ。だから、通信環境が整っている場所であれば、すぐに視聴できるのがストリーミングの特徴だ。

職業職種

学生

学生は、勉強の合間に音楽を聴くためにストリーミングを使う。なぜなら、音楽をすぐに聴くことができるからだ。例えば、Spotifyを使う。

映画好き

映画好きは、最新の映画を視聴するためにストリーミングを使う。なぜなら、新作映画がすぐに視聴できるからだ。例えば、Netflixを使う。

通勤者

通勤者は、通勤時間に音楽を聴くためにストリーミングを使う。なぜなら、Wi-Fi環境があれば通信量を気にせずに聴けるからだ。例えば、Apple Musicを使う。

ストリーミングの名前の由来は、英語で「流れる」を意味する”stream”から来ています。

代表例

Netflix

Netflixは、映画やドラマのストリーミングサービスで有名だ。なぜなら、世界中で数百万人以上のユーザーが利用しているからだ。例えば、「ストレンジャー・シングス」や「ブラックミラー」などのオリジナル作品が人気を博している。

Spotify

Spotifyは、音楽のストリーミングサービスとして知られている。なぜなら、数十万曲以上の楽曲がストリーミング再生でき、お気に入りのアーティストの新曲をすぐに聴くことができるからだ。例えば、プレイリスト機能を活用して自分だけの音楽空間を作ることができる。

YouTube

YouTubeは、ユーザーが投稿した動画をストリーミング再生する場所として知られている。なぜなら、世界中のあらゆるジャンルの動画が見放題で、誰でも自分の動画をアップロードできるからだ。例えば、学習動画やエンターテイメント動画など、色々な動画が手軽に楽しめる。

手順例

ストリーミング再生の手順です。

アプリやウェブサイトにアクセスする

最初に、ストリーミングサービスのアプリやウェブサイトにアクセスする。なぜなら、そこから音楽や動画を再生するからだ。例えば、SpotifyのアプリやNetflixのウェブサイトにアクセスする。

アカウントにログインする

次に、自分のアカウントにログインする。なぜなら、自分のお気に入りのコンテンツや再生履歴を保存するためだ。例えば、YouTubeではGoogleアカウントでログインする。

再生したいコンテンツを選ぶ

次に、再生したい音楽や動画を選ぶ。なぜなら、自分の好きなコンテンツを楽しむためだ。例えば、Netflixでは様々な映画やドラマから選ぶことができる。

再生ボタンを押す

最後に、再生ボタンを押す。なぜなら、それで音楽や動画が再生されるからだ。例えば、Spotifyでは曲の右側にある再生ボタンを押すと曲が再生される。

類似語

ブロードキャスティング

ブロードキャスティングもストリーミングと同じように、多数の人が同時に情報を受け取る方法だ。なぜなら、テレビやラジオの放送も一種のストリーミングと言えるからだ。例えば、テレビのニュース番組やラジオの音楽番組を思い浮かべてみてほしい。

オンデマンド配信

オンデマンド配信は、ストリーミングの一種で、ユーザーが好きな時に好きなコンテンツを見ることができる。なぜなら、NetflixやYouTubeのようなサービスは、視聴者が求めたときにコンテンツを提供するからだ。例えば、深夜に映画を観たり、通勤中にポッドキャストを聴いたりすることができる。

ライブストリーミング

ライブストリーミングは、リアルタイムで情報を送受信する方法だ。なぜなら、ライブイベントやライブ配信をインターネット経由で視聴することができるからだ。例えば、スポーツの試合やコンサート、有名人のライブチャットなどがライブストリーミングされることが多い。

反対語

ダウンロード

ダウンロードは、ストリーミングの反対。なぜなら、ダウンロードは先に全データを保存してから再生するからだ。例えば、音楽アプリで好きな曲をダウンロードして、後で聞く。

オフライン再生

オフライン再生は、ストリーミングの反対。なぜなら、オフライン再生はネットに繋がなくても視聴できるからだ。例えば、Wi-Fiがない場所でダウンロードした動画を見る。

会話例

友達との会話

「新しいアルバム聞いた?」
「まだだよ。でも今からストリーミングで聞くよ。」

家族との会話

「最新の映画観た?」
「まだだけど、今夜ストリーミングサイトで観るつもり。」

クラスメートとの会話

「昨日のサッカーの試合、観た?」
「観てないよ。でもストリーミングで後で観れるから大丈夫。」

注意点

ストリーミングを使う時の注意点はデータ通信量だ。なぜならば、Wi-Fiがない場所ではストリーミングは多くのデータを使うからだ。

例えば、動画をストリーミングで見ると、あっという間にデータがなくなることも。そして、オフラインでは使えない。だから、データ量と環境を考えて利用しよう。

ストリーミングとダウンロードは、間違えやすいので注意しましょう。

ストリーミングはネットに繋がっている間だけ音楽や動画を楽しむことができます。

一方、ダウンロードは先に全データを保存してから楽しむことができます。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました