プロジェクト憲章とは?プロジェクトの土台を築く重要文書

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとプロジェクト憲章とは

  • プロジェクトの目的と規則を示す
  • リスクと予算を明記する
  • PMが依頼主に示す計画文書

プロジェクト憲章とは、プロジェクトの計画や目的を示す文書です。

概要説明

プロジェクト憲章とはプロジェクトの成功へのカギである。なぜならば、その中には目的や規則、リスクや予算など、必要な情報が全て記載されているから。

例えば、予算の項目を見ると、どれだけのお金が必要かが分かる。そして、リスクの部分を確認すると、何に注意するべきかが明確になる。

つまり、この憲章がないと、プロジェクトは混乱する可能性が高い。だから、憲章は必要不可欠である。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト憲章を作成する。なぜなら、全体の方向性や計画を示すため。例えば、進行方法や予算の設定。

依頼主

依頼主は、プロジェクト憲章を確認する。なぜなら、その内容に基づいてプロジェクトを進めるから。例えば、期待する成果物や納期の確認。

チームメンバー

チームメンバーは、プロジェクト憲章を参考にする。なぜなら、自分の役割やタスクを理解するため。例えば、各フェーズの目標や期限の把握。

プロジェクト憲章は、名前の由来は「プロジェクトの法律や規約」の意味から来ています。

プロジェクト憲章の手順例

以下は、プロジェクト憲章を使用する手順です。

目的の明確化

プロジェクトの目的を理解する。なぜなら、目的が基盤となり、方向性を示すから。例えば、新しい製品の開発やサービスの改善。

リスクの確認

憲章に記載されているリスクを確認する。なぜなら、事前に問題点や障害を知ることで対策が考えられるから。例えば、予算超過や納期遅延。

予算の検討

必要な費用や資金を把握する。なぜなら、費用対効果や資金の確保が必要だから。例えば、人件費や材料費。

進行方法の選択

憲章に基づき、最適な進行方法を選択する。なぜなら、効率よくプロジェクトを遂行するためだから。例えば、アジャイル方法論やウォーターフォール。

依頼主への提出

憲章を依頼主に提出し、フィードバックを得る。なぜなら、期待値や要望を確認し、共通の理解を持つためだから。例えば、変更点や追加要望。

類似語

プロジェクト計画

プロジェクト計画は、詳細な作業手順や目標を示すものである。なぜなら、プロジェクト全体の方向性を示すためだから。例えば、ガントチャートやタスクリスト。

プロジェクト提案

プロジェクト提案は、プロジェクトを始める前の提案書である。なぜなら、プロジェクトの可否や必要性を確認するためだから。例えば、新しいサービスの提案や技術の導入提案。

プロジェクトガイドライン

プロジェクトガイドラインは、プロジェクトの方針やルールを示すものである。なぜなら、参加者が共通の理解を持つためだから。例えば、コミュニケーションのルールや品質基準。

反対語

非公式ガイドライン

非公式ガイドラインは、プロジェクトの非公式な手引きである。なぜなら、プロジェクト憲章が正式な方針や計画を示すのに対し、非公式ガイドラインは、よりカジュアルなアドバイスやヒントを提供するからだ。例えば、友人からのアドバイスや経験談。

アンストラクチャードプラン

アンストラクチャードプランは、具体的な計画やルールがないアプローチである。なぜなら、プロジェクト憲章には明確な目的や進行方法が記載されるのに対し、アンストラクチャードプランは、計画性が薄いからだ。例えば、臨機応変な取り組み。

自由行動

自由行動は、プロジェクトを進める際のルールや制約がない行為である。なぜなら、プロジェクト憲章が明確な方針を示すのに対し、自由行動は、計画や方針を設けずに進めるからだ。例えば、自己流の取り組み。

プロジェクト憲章の注意点

プロジェクト憲章を使用する時の注意点は内容の更新と共有である。なぜならばプロジェクトの状況が変わることが多いからだ。

例えば、リスクや予算の変更がある場合。そして、その変更を全員が認識しないと誤解やミスが起きる。だから、定期的に確認と更新を忘れずに。

プロジェクト憲章とプロジェクトプランは、間違えやすいので注意しましょう。

プロジェクト憲章は、プロジェクトの大枠の方針や計画を示すものです。

一方、プロジェクトプランは、具体的な活動やタスクの実施計画を示すものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました