デシル分析とは?マーケティング施策に効果的な顧客分析法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • 顧客を購入金額で10等分
  • 各グループの購入金額比率を算出
  • マーケティング施策の方向性を決定

デシル分析とは、顧客を10等分し、購入金額比率でマーケティング施策を決定する方法です。

概要説明

デシル分析とは顧客を購入金額で10等分する手法である。なぜならば、この方法でどの顧客が最も価値があるのかがわかるからだ。例えば、上位10%の顧客が全体の売上の半分を占めている場合、その顧客層に焦点を当てるべきである。そして、この情報を使ってマーケティング施策を計画する。つまり、効果的なマーケティングが可能である。だから、ビジネス成長のために重要。

デシル分析の例

デシル 顧客数 購入金額 購入金額比率
デシル1 10 100,000円 50%
デシル2 15 50,000円 25%
デシル3 20 20,000円 10%
デシル4 25 10,000円 5%
デシル5 30 8,000円 4%
デシル6 35 5,000円 2.5%
デシル7 40 3,000円 1.5%
デシル8 45 2,000円 1%
デシル9 50 1,000円 0.5%
デシル10 55 500円 0.25%
合計 325 200,000円 100%

上記の例では、デシル1の顧客が全体の購入金額の50%を占めていることが分かります。これは、マーケティング施策をどの顧客層に焦点を当てるべきかを考える際に非常に有用な情報です。

職業職種

マーケティングマネージャー

マーケティングマネージャーは、デシル分析をよく使う。なぜなら、効果的なマーケティング施策を計画するため。例えば、新製品のプロモーション。

データアナリスト

データアナリストは、デシル分析を行う。なぜなら、顧客データを詳しく解析する必要があるから。例えば、売上予測。

営業担当者

営業担当者は、デシル分析を参考にする。なぜなら、どの顧客にアプローチするかを決めるため。例えば、高額商品の販売戦略。

デシル分析の名前の由来は、”Decile”という英語の単語からです。”Decile”は10等分を意味します。

代表例

楽天

楽天は、デシル分析で有名である。なぜなら、顧客の購入履歴を詳細に分析し、パーソナライズされたマーケティングを行っているからだ。例えば、楽天スーパーポイントのターゲティングプロモーション。

ユニクロ

ユニクロは、デシル分析で名高い存在である。なぜなら、顧客の購入データを活用して、効果的な在庫管理とプロモーションを行っているからだ。例えば、人気商品の再販通知メール。

セブン-イレブン

セブン-イレブンは、デシル分析で世間に知られている。なぜなら、顧客の購入傾向を分析して、店舗ごとの商品配置を最適化しているからだ。例えば、地域特化型の商品展開。

手順例

以下は、デシル分析の基本手順です。

データ収集

データ収集は、デシル分析の第一歩である。なぜなら、分析に必要な顧客の購入データを集める必要があるからだ。例えば、購入金額や購入頻度。

データ整理

データ整理は、分析をスムーズに行うために必要である。なぜなら、不要なデータを除外し、必要なデータだけを抽出する作業が必要だからだ。例えば、外れ値の除去。

デシル分け

デシル分けは、顧客を10等分に分ける作業である。なぜなら、それぞれのグループの特性を把握するためだ。例えば、購入金額の高い順にランク付け。

分析

分析は、各デシルの特性を理解するステップである。なぜなら、どの顧客層に焦点を当てるべきかを決定するためだ。例えば、購入金額比率の計算。

施策立案

施策立案は、分析結果をもとにマーケティング戦略を考える段階である。なぜなら、効果的な施策を行うためには、分析結果を活用する必要があるからだ。例えば、ターゲットとするデシルに合わせたプロモーション。

類似語

RFM分析

RFM分析は、デシル分析の類似語である。なぜなら、両方とも顧客の購入行動を分析する手法だからだ。例えば、購入頻度や購入金額を用いる点。

クラスター分析

クラスター分析は、デシル分析の類似語である。なぜなら、顧客を特定のグループに分ける分析手法だからだ。例えば、顧客の属性や行動に基づいて分類。

ABC分析

ABC分析は、デシル分析の類似語である。なぜなら、資源の配分を最適化するために顧客や商品を分析する手法だからだ。例えば、販売量や利益を基にランク付け。

反対語

一律施策

一律施策は、デシル分析の反対語である。なぜなら、全ての顧客に対して同じマーケティング施策を行うからだ。例えば、全員に割引クーポンを送る。

無差別マーケティング

無差別マーケティングは、デシル分析の反対語である。なぜなら、顧客の違いを考慮せずにマーケティングを行うからだ。例えば、ランダムな広告表示。

直感的判断

直感的判断は、デシル分析の反対語である。なぜなら、データに基づかずに行動を決定するからだ。例えば、気分で商品を選ぶ。

注意点

デシル分析を使用する時の注意点はデータの正確性である。なぜならば、誤ったデータが分析結果に影響を与えるからだ。例えば、外れ値や不正確なデータが含まれている場合。そして、データの更新頻度も考慮する必要がある。だから、定期的にデータをチェックしましょう。

デシル分析とRFM分析は、間違えやすいので注意しましょう。

デシル分析は、顧客を購入金額で10等分にするです。

一方、RFM分析は、購入頻度や最近の購入をも考慮に入れるです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました