ソケット通信とは?簡単に理解するための完全ガイド

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりと

  • クライアントとサーバーの通信手段
  • TCP/IPモデルのトランスポート層に位置
  • データの送受信を行う

ソケット通信とは、クライアントとサーバーがデータをやり取りする手段です。

概要説明

ソケット通信とは、クライアントとサーバーがインターネット上でデータをやり取りする手段である。なぜならば、TCP/IPモデルのトランスポート層で動作し、安全な通信を可能にするからだ。例えば、メールの送受信やウェブページの閲覧で使われる。そして、この通信はリアルタイムで行われる。つまり、データの送受信が速く、効率的である。だから、多くのオンラインサービスで使われる。

職業職種

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、ソケット通信を頻繁に使用する。なぜなら、アプリケーションやウェブサービスのバックエンドを開発する際に必要だからだ。例えば、チャットアプリの開発。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ソケット通信の設定や管理を行う。なぜなら、ネットワークの安全性や効率性を高めるためだからだ。例えば、ファイアウォールの設定。

サイバーセキュリティ専門家

サイバーセキュリティ専門家は、ソケット通信の安全性を確保する。なぜなら、不正アクセスやデータ漏洩を防ぐためだからだ。例えば、暗号化の施策。

ソケット通信の名前の由来は、”socket” という英語の単語から来ています。”socket”は「差し込む場所」や「接続点」という意味で、クライアントとサーバーがデータをやり取りする接続点を指すからです。

代表例

NTTデータ

NTTデータは、ソケット通信で有名である。なぜなら、多くの企業向けソリューションでこの技術を活用しているからだ。例えば、金融機関とのセキュアなデータ通信。

LINE

LINEは、ソケット通信で名高い存在である。なぜなら、LINEアプリ内でのリアルタイムなメッセージ送受信にこの技術を使っているからだ。例えば、チャットや通話機能。

DeNA

DeNAは、ソケット通信で世間に知られている。なぜなら、オンラインゲームでリアルタイム通信を実現するために使用しているからだ。例えば、Mobageなどのゲームプラットフォーム。

手順例

ソケット通信の基本的な手順 以下は、ソケット通信の基本的な手順です。

ソケットの作成

ソケットを作成する。なぜなら、通信の起点となるからだ。例えば、socket()関数を使用する。

接続先の指定

接続先を指定する。なぜなら、どのサーバーと通信するかを決める必要があるからだ。例えば、IPアドレスとポート番号を設定する。

データの送受信

データを送受信する。なぜなら、通信の主目的はデータのやり取りだからだ。例えば、send()recv()関数を使用する。

ソケットのクローズ

ソケットを閉じる。なぜなら、通信が終了したらリソースを解放する必要があるからだ。例えば、close()関数を使用する。

類似語

API(Application Programming Interface)

APIは、ソケット通信の類似語である。なぜなら、両者ともにアプリケーション間の通信を可能にするからだ。例えば、ウェブサービスとのデータのやり取り。

プロトコル

プロトコルは、ソケット通信の類似語である。なぜなら、通信のルールを定めるものだからだ。例えば、HTTPやFTP

ポート

ポートは、ソケット通信の類似語である。なぜなら、通信の接続点を指すからだ。例えば、ウェブサービスが80番ポートを使用する。

反対語

オフライン通信

オフライン通信は、ソケット通信の反対語である。なぜなら、リアルタイムでの通信が不要で、データは後で同期されるからだ。例えば、メールの送受信。

ブロードキャスト通信

ブロードキャスト通信は、ソケット通信の反対語である。なぜなら、特定の相手との通信ではなく、多くの人に一斉に情報を送るからだ。例えば、テレビやラジオ。

非同期通信

非同期通信は、ソケット通信の反対語である。なぜなら、送信と受信が同時に行われないからだ。例えば、Ajaxを使ったウェブページ。

注意点

ソケット通信を使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならば、不正なアクセスやデータ漏洩のリスクがあるからだ。例えば、暗号化されていない通信である。そして、証明書を用いて認証を行うことが重要だ。だから、しっかりとセキュリティ対策をする。

ソケット通信とHTTP通信は、間違えやすいので注意しましょう。

ソケット通信は、リアルタイムでのデータの送受信が可能です。

一方、HTTP通信は、ウェブブラウザとウェブサーバー間のデータのやり取りです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました