ファクトリーオートメーションとは?業界の革命を牽引する技術とは

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとファクトリーオートメーションとは

  • ロボットによる完全自動化
  • 人間の介入なしの制御
  • 自己修正制御システム搭載

ファクトリーオートメーションとは、工場の自動化制御です。

概要説明

ファクトリーオートメーションとは工場の自動化制御である。なぜならば人間の手を介さずに高速・高精度な作業を行うため。

例えばロボット機器が材料の供給や機械の操作を自動で行う。そしてエラー発生時も自動で修正する自己修正制御システムを搭載。

つまり人のミスを減少させ、効率的な生産が可能である。だから多くの工場で導入が進む。

職業職種

製造工程監督

製造工程監督は、ファクトリーオートメーションを導入する。なぜなら、生産効率を上げるため。例えば、機械の停止時間を減少させる。

メンテナンス技術者

メンテナンス技術者は、ファクトリーオートメーションの機器を点検する。なぜなら、常に最適な稼働状態を保つため。例えば、異常検知時の迅速な対応。

設計エンジニア

設計エンジニアは、新しいファクトリーオートメーションシステムを開発する。なぜなら、より高度な自動化技術を実現するため。例えば、新しいロボットの設計。

ファクトリーオートメーションは、名前の由来は”Factory Automation”の短縮形です。これは「工場の自動化」という意味を持ちます。

ファクトリーオートメーションの代表例

FANUC

FANUCは、工業用ロボットの製造で知られる。なぜなら、世界的に高いシェアを持ち、多くの工場で使われているから。例えば、自動車の組み立てや電子部品の取り付け。

ABB

ABBは、エネルギーや産業用のデジタル製品で知られる。なぜなら、革新的なロボット技術や自動化ソリューションを提供しているから。例えば、絵を描くロボットアーム。

Yaskawa Electric

Yaskawa Electricは、モーターやドライブ技術の先駆者である。なぜなら、産業用ロボットやシステムを世界中で提供しているから。例えば、溶接や組み立てのロボット。

手順例

以下は、ファクトリーオートメーションの導入手順です。

ニーズ確認

最初に、自動化が必要な理由や目的を明確にする。なぜなら、方針やスケジュールの基盤となるから。例えば、効率を上げるため、人手不足の解消。

機器選定

次に、ニーズに合ったロボットや機器を選ぶ。なぜなら、適切な機器選定が成功の鍵となるから。例えば、持ち上げる重さや作業の精度に合わせて。

設計・プログラム作成

機器の配置や動きの設計をする。なぜなら、効率的な動きが求められるから。例えば、最短ルートでの移動や作業。

テスト運用

実際の環境でロボットを動かし、動作確認や調整を行う。なぜなら、事前に問題点を見つけ出すことができるから。例えば、動作の速度や精度の確認。

本運用開始

全てのテストや調整が完了したら、本番環境での運用を開始する。なぜなら、これが自動化のゴールだから。例えば、24時間稼働の工場ライン。

類似語

産業用ロボット

産業用ロボットは、工場の製造ラインで働く機械のこと。なぜなら、ファクトリーオートメーションの一部として活躍しているから。例えば、車の部品の組み立てや塗装。

生産自動化

生産自動化は、製造の過程を機械やシステムで自動化すること。なぜなら、効率を上げるための方法の一つとしてファクトリーオートメーションとともに取り入れられるから。例えば、コンベヤベルトシステム。

ロボティクス

ロボティクスは、ロボットの研究や開発に関する学問。なぜなら、ファクトリーオートメーションの背景にはこの技術が必要だから。例えば、新しい動きや機能の研究。

反対語

手動制御

手動制御は、機械やプロセスを人が直接操作すること。ファクトリーオートメーションが人の介入なしに動くのに対し、手動制御は人の手が必要。例えば、昔の工場の機械操作。

非自動化

非自動化は、機械やプロセスが自動で動かない状態。ファクトリーオートメーションが自動でタスクを完了するのに対し、非自動化は常に人の指示や操作が必要。例えば、手動のミシン。

人力

人力は、物事を動かすための力やエネルギーが人から来ること。ファクトリーオートメーションが機械の力で動くのに対し、人力は人の体力や技術が中心。例えば、昔の車の運転。

ファクトリーオートメーションの注意点

ファクトリーオートメーションを使用する時の注意点は安全性である。なぜならば、機械やロボットが自動で動くので、怪我のリスクがあるからだ。

例えば、安全ゾーンを確保しないと、作業者が機械に接触する危険がある。そして、緊急停止ボタンの位置や使い方も確認しておくこと。だから、常に安全第一で作業しよう。

ファクトリーオートメーションとインダストリアルオートメーションは、間違えやすいので注意しましょう。

ファクトリーオートメーションは、工場の生産プロセスを自動化することです。

一方、インダストリアルオートメーションは、業界全体のプロセスやシステムを自動化することです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました