プラットフォーマーとは?独占的な力を手にするビジネスモデル

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとプラットフォーマーとは

  • ビジネスのための基盤提供企業
  • GAFAのような大手が代表
  • 高シェアで独占的地位を獲得

プラットフォーマーとは、基盤を構築・提供する企業です。

概要説明

プラットフォーマーとはソフトウェアやサービス、情報を提供する基盤企業である。 なぜならばそのプラットフォーム上で多くの事業やサービスが成り立っているからだ。

例えばAmazonでのショッピングやFacebookでの情報共有である。そして、多くのユーザーや事業者が集まれば集まるほど強くなる。

つまり再帰的な強さがある。だから独占的な地位を得ることができる。

職業職種

起業家

起業家は、新しいサービスや商品を展開するためのプラットフォームとして利用する。なぜなら、既存のユーザー層にアクセスできるからだ。例えばApp Storeでのアプリ販売。

マーケティング担当者

マーケティング担当者は、ターゲットとするユーザーにアプローチする手段としてプラットフォーマーを利用する。なぜなら、多くのユーザーが集まっているからだ。例えばFacebook Adsでの広告配信。

ITエンジニア

ITエンジニアは、プラットフォーマーの技術基盤を構築・維持するために活動する。なぜなら、そのプラットフォームの運営を支える技術が必要だからだ。例えばGoogleの検索エンジンのバックエンド開発。

プラットフォーマーは、名前の由来は英語の”Platform”(プラットフォーム=基盤)の運営者です。

プラットフォーマーの代表例

Google

Googleは、世界最大の検索エンジンである。なぜなら、インターネット上の情報を瞬時に検索できる能力があるから。例えば、YouTubeやGoogle Maps。

Apple

Appleは、高品質な電子製品のメーカーである。なぜなら、iPhoneやMacのような製品を生み出してきたから。例えば、App StoreやiTunes。

Facebook

Facebookは、世界最大のソーシャルネットワーキングサービスである。なぜなら、人々が繋がりを深めるためのプラットフォームを提供しているから。例えば、InstagramやWhatsApp。

Amazon

Amazonは、全世界で商品を購入できるオンラインストアである。なぜなら、さまざまな商品を手軽に探して購入できるシステムを持っているから。例えば、Amazon PrimeやKindle。

手順例

以下は、プラットフォーマーになる手順です。

ニーズの特定

最初のステップは、市場のニーズやギャップを特定することである。なぜなら、成功するプラットフォーマーはユーザーの問題を解決するから。例えば、手軽に商品を購入したいというニーズに答えるAmazon。

プラットフォームの設計

ユーザーのニーズに合わせて、プラットフォームの設計を行う。なぜなら、使いやすく魅力的なプラットフォームは多くのユーザーを引きつけるから。例えば、友人と繋がりたいというニーズに応えるFacebookのデザイン。

技術の導入

最新の技術を取り入れて、プラットフォームを構築する。なぜなら、技術的な優位性が競争力を高めるから。例えば、高速な検索技術を持つGoogle。

集客戦略

効果的なマーケティングや広告戦略を立て、ユーザーをプラットフォームに引きつける。なぜなら、多くのユーザーがプラットフォームを利用することで、その価値が増すから。例えば、無料期間を提供するNetflix。

継続的な改善

ユーザーのフィードバックやデータを基に、プラットフォームを継続的に改善する。なぜなら、変化するユーザーのニーズに応え、競争力を維持するため。例えば、新しい機能の追加やバグの修正。

類似語

ネットワーク

ネットワークは、情報を共有するためのシステムである。なぜなら、複数のデバイスや人々をつなぐことで情報交換ができるから。例えば、インターネット。

エコシステム

エコシステムは、複数の要素が連携して機能する環境である。なぜなら、一つ一つの要素が協力して全体のサービスや機能が成り立つから。例えば、AppleのiOSデバイス群。

インフラ

インフラは、何かを成り立たせる基盤や設備である。なぜなら、それらがないと特定のサービスや機能は動作しないから。例えば、電気や水道。

反対語

非プラットフォーマー

非プラットフォーマーは、一定の商品やサービスだけを提供するビジネスである。なぜなら、多様なサービスや商品を一つの場所で提供するプラットフォーマーとは異なるから。例えば、特定の商品を製造する工場。

従来型ビジネス

従来型ビジネスは、直接商品やサービスを顧客に販売するビジネスである。なぜなら、中間者を必要としないから。例えば、小売店。

閉じたシステム

閉じたシステムは、外部の新規参入者やサービスを排除する傾向がある。なぜなら、内部のルールや規格だけを優先するから。例えば、特定のゲーム機専用のゲームソフト。

プラットフォーマーの注意点

プラットフォーマーを使用する時の注意点はデータの管理である。なぜならば多くのプラットフォーマーがユーザーのデータを収集するからだ。

例えばFacebookやGoogleである。そしてデータの漏洩。だから、データの管理やプライバシー設定をしっかり確認しよう。

プラットフォーマーとディストリビューターは、間違えやすいので注意しましょう。

プラットフォーマーは、多様なサービスや商品を一つの場所で提供するビジネスです。

一方、ディストリビューターは、商品を広範囲に流通させる役割です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎で、わかりやすいように例えを入れたりしてますが、逆にわかりにくかったらごめんなさい。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました