ユビキタスとは?どこでも使えるテクノロジー社会へ

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとユビキタスとは

  • インターネットがどこでも使える
  • テクノロジーが日常に溶け込む
  • 便利な生活を支える偏在するIT

ユビキタスとは、どこでもテクノロジーが使える状態です。

概要説明

ユビキタスとは、インターネットやテクノロジーが至る所に存在する状態である。なぜならば、これによって生活が便利になるから。

例えば、スマホでいつでも情報が手に入る。そして、家電もインターネットで操作できる。つまり、生活がスムーズになる。だから、未来の生活スタイルとも言える。

職業職種

ITプロフェッショナル

ユビキタスは、仕事の効率化である。なぜなら、リモートワークもスムーズにできるから。例えば、外出先でも会議に参加できる。

学生

ユビキタスは、学習の多様化である。なぜなら、オンラインでいろんな情報や教材が手に入るから。例えば、YouTubeで授業を受けられる。

主婦(主夫)

ユビキタスは、生活の便利化である。なぜなら、スマートホームで家事が楽になるから。例えば、スマホでエアコンや照明を操作できる。

ユビキタスは、名前の由来はラテン語の「ubiquitous」で、これは「至る所に存在している」という意味です。

ユビキタスの代表例

ソフトバンク

ソフトバンクは、ユビキタスで有名である。なぜなら、5GやIoTを推進しているから。例えば、Pepperというロボットが店舗で使われている。

LINE Corporation

LINE Corporationは、ユビキタスで名高い存在である。なぜなら、LINEアプリが日常生活で広く使われているから。例えば、友達とのチャットだけでなく、決済やニュースも。

任天堂

任天堂は、ユビキタスで世間に知られている。なぜなら、Switchなどのゲーム機がどこでも持ち運べるから。例えば、外出先でもゲームが楽しめる。

手順例

以下は、ユビキタス環境を自宅で作る手順です。

インターネット環境を整える

インターネット環境は、基本である。なぜなら、ユビキタスはインターネットが必要だから。例えば、Wi-Fiを設置する。

スマートデバイスを選ぶ

スマートデバイスは、操作の中心である。なぜなら、これでコントロールするから。例えば、スマートフォンやタブレットを用意する。

スマートホームデバイスを導入する

スマートホームデバイスは、便利さを増すものである。なぜなら、自動で家事ができるから。例えば、スマートスピーカーを置く。

アプリで設定する

アプリでの設定は、使いやすさを決める。なぜなら、操作はアプリで行うから。例えば、家電のオンオフを設定する。

テストして確認する

テストは、最終確認である。なぜなら、問題がないかをチェックするから。例えば、全てのデバイスが正常に動くかを見る。

類似語

IoT(Internet of Things)

IoTは、ユビキタスの類似語である。なぜなら、どちらもインターネットが日常に溶け込む概念だから。例えば、スマートホームの家電操作。

スマートシティ

スマートシティは、ユビキタスの類似語である。なぜなら、テクノロジーが都市生活に取り込まれているから。例えば、自動運転のバスやゴミ箱。

デジタルトランスフォーメーション(DX)

デジタルトランスフォーメーションは、ユビキタスの類似語である。なぜなら、テクノロジーで生活やビジネスが変わる点が共通だから。例えば、オンラインでの商談や購入。

反対語

孤立

孤立は、ユビキタスの反対語である。なぜなら、ユビキタスは至る所に存在するが、孤立は一箇所にしかないから。例えば、孤立した山の中の小屋。

非接続

非接続は、ユビキタスの反対語である。なぜなら、ユビキタスは常に接続されているが、非接続は繋がっていないから。例えば、インターネットがない場所。

限定的

限定的は、ユビキタスの反対語である。なぜなら、ユビキタスは無制限に広がっているが、限定的は範囲が狭いから。例えば、特定の場所だけで使えるWi-Fi。

ユビキタスの注意点

ユビキタスを使用する時の注意点はセキュリティである。なぜならば、どこでも接続できるから危険も多いからだ。例えば、公共のWi-Fiでの使用は避ける。そして、パスワードは強固に。だから、安全対策は必須。

ユビキタスとIoTは、間違えやすいので注意しましょう。

ユビキタスは、インターネットがどこでも使える状態です。

一方、IoTは、物がインターネットで繋がっている状態です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました