UATとは?ビジネス要件を確認する最終段階

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとUATとは

  • 納品前の最終テスト
  • ビジネス要件を確認
  • ユーザ満足度を測る

UATとは、納品前の最終テストです。

概要説明

UATとは納品前の最終テストである。なぜならば、クライアントと開発者が最後に品質を確認するから。例えば、新しいアプリがちゃんと動くかテストする。そして、ユーザが使いやすいかも確認する。つまり、全てがスムーズに動くかを確かめる。だから、取引を完了する前の重要なステップ。

職業職種

プロジェクトマネージャー

UATは、プロジェクトの最終段階である。なぜなら、全体の品質を確認する最後のチャンスだから。例えば、納品前の最終確認。

ソフトウェア開発者

UATは、コードの品質を確認する時である。なぜなら、エンドユーザの反応を見る最後の機会だから。例えば、バグがないか確認する。

クライアント

UATは、納品を受ける前である。なぜなら、自分たちの要件が満たされているか確認するから。例えば、機能や操作性をテストする。

UATは、名前の由来はUser Acceptance Testです。これは「ユーザが受け入れるテスト」という意味で、クライアントやエンドユーザが最終的に商品やサービスを受け入れるか確認するテストになります。

UATの代表例

SAP

SAPは、UATで有名である。なぜなら、多くの大企業がSAPのERPシステムを使用しており、その導入前に厳格なUATを行うから。例えば、多くの製造業で使われている。

Slack Technologies

Slack Technologiesは、UATで名高い存在である。なぜなら、新機能をリリースする前に、実際のユーザーによるテストを重視しているから。例えば、ベータテスターを募集してフィードバックを集める。

Adobe Systems

Adobe Systemsは、UATで世間に知られている。なぜなら、ソフトウェアの品質を非常に重視し、多くのプロフェッショナルが使用する製品を提供しているから。例えば、Adobe PhotoshopやAdobe Illustratorなど。

手順例

以下は、UATを実施する基本的な手順です。

テスト計画の作成

最初は、テスト計画を作る。なぜなら、何をテストするのか明確にする必要があるから。例えば、どの機能をチェックするかリストアップする。

テストケースの設計

次に、テストケースを設計する。なぜなら、具体的なテストの流れを決める必要があるから。例えば、ユーザがどう操作するかシナリオを作る。

テスト環境の準備

テスト環境を整える。なぜなら、実際のテストを行う場所と条件を設定する必要があるから。例えば、テスト用のサーバーを用意する。

テストの実施

テストを実施する。なぜなら、計画通りに機能が動くか確認する必要があるから。例えば、テストケースに沿って操作を行い、結果を記録する。

結果の評価と報告

最後に、テストの結果を評価し報告する。なぜなら、改善点や問題点を明らかにする必要があるから。例えば、バグがあった場合は修正を要求する。

類似語

ユーザーテスト

ユーザーテストは、UATの類似語である。なぜなら、両者ともエンドユーザーが製品を使ってテストする点が共通しているから。例えば、ウェブサイトの使い勝手をテストする場合。

品質保証(QA)

品質保証(QA)は、UATの類似語である。なぜなら、両者とも製品の品質を確認する目的があるから。例えば、ソフトウェアが正しく動作するかを確認する。

ベータテスト

ベータテストは、UATの類似語である。なぜなら、製品を一部のユーザーに提供してフィードバックを得る点が似ているから。例えば、新しいゲームを一部のユーザーに先行して提供する。

反対語

無計画なリリース

無計画なリリースは、UATの反対語である。なぜなら、テストなしで製品を出してしまうから。例えば、アプリの新機能をテストせずに公開するケース。

品質無視

品質無視は、UATの反対語である。なぜなら、品質を確認しないで製品を出すから。例えば、バグがあるのにそのまま販売する。

即興開発

即興開発は、UATの反対語である。なぜなら、計画やテストなしに開発を進めるから。例えば、設計書もなくコードを書く。

UATの注意点

UATを行う時の注意点は、事前にテストケースをしっかりと設計しておくことである。なぜならば、何を確認するのか明確にする必要があるからだ。

例えば、どの機能がどう動くべきかをリストアップする。そして、テスト環境も整える。だから、計画性が必要。

UATとベータテストは、間違えやすいので注意しましょう。

UATは、納品前の最終確認であり、クライアントや内部の人が行います。

一方、ベータテストは、一般のユーザーによるテストで、公開前に広くフィードバックを集めるものです。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました