エッジコンピューティングとは?クラウドの新たな可能性を知る

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとエッジコンピューティング

  • データ処理を端末側で
  • 低遅延で高速処理
  • データ通信量を抑える

エッジコンピューティング = Edge Computing

エッジコンピューティングとは端末側でのデータ処理、低遅延の高速処理、そしてデータ通信量を抑えることです。

エッジコンピューティングとは

エッジコンピューティングとはデータ処理を端末側で行うことである。 なぜならば中央サーバーへの通信負荷を軽減し、高速な処理が可能になるからだ。

例えば、自動運転の車ではエッジコンピューティングが活用されており、車載コンピュータが大量のセンサーデータをリアルタイムに処理している。

そして、これによりデータ通信量も抑えられ、通信コストの削減につながる。 つまり、エッジコンピューティングは高速で効率的なデータ処理を可能にするテクノロジーである。 だから、IoTの普及と共にますます重要になる。

使用する職種

データサイエンティスト

データサイエンティストは、エッジコンピューティングを利用する。なぜなら、リアルタイムでの大量データ処理が必要だからだ。例えば、IoTデバイスから収集したデータを活用して予測分析を行う場面がある。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、エッジコンピューティングを使う。なぜなら、通信量の削減やネットワークの効率化が求められるからだ。例えば、遠隔地のデバイスとの通信を効率的に行うためにエッジコンピューティングを活用する。

ソフトウェア開発者

ソフトウェア開発者は、エッジコンピューティングを採用する。なぜなら、低遅延のアプリケーション開発が可能になるからだ。例えば、リアルタイムのゲーム開発やストリーミングサービスの開発にエッジコンピューティングは欠かせない。

エッジコンピューティングは、データ通信量を抑えて高速な処理ができます。

有名な企業や製品、サービス

Amazon

Amazonは、エッジコンピューティングを推進する企業である。なぜなら、自社のクラウドサービスAWSにエッジコンピューティングの機能を提供しているからだ。例えば、AWS Greengrassというエッジコンピューティングプラットフォームを提供している。

Azure

Azureは、エッジコンピューティングの重要なプレイヤーである。なぜなら、MicrosoftのAzure Edge Zonesはエッジコンピューティングを活用してユーザーにより近い場所でアプリケーションやデータを運用することができるからだ。例えば、高速なコンテンツ配信やリアルタイムのビデオ分析に活用されている。

Google

Googleは、エッジコンピューティングのパイオニアである。なぜなら、Google Cloudのエッジネットワークは広範な地域での低遅延、高速なサービスを提供するためにエッジコンピューティングを活用しているからだ。例えば、GoogleのYouTubeやGoogle Searchの高速なコンテンツ配信にはエッジコンピューティングが不可欠である。

大まかな手順

  1. エッジデバイスの選択
    エッジデバイスの選択は、エッジコンピューティングの初めのステップである。なぜなら、処理能力やデータ転送速度などの要件に基づいて適切なデバイスを選択することが重要だからだ。例えば、自動運転車のエッジデバイスでは高速な処理能力が求められる。

  2. エッジコンピューティングのアーキテクチャ設計
    エッジコンピューティングのアーキテクチャ設計は、エッジコンピューティングの成功において重要なステップである。なぜなら、ネットワークの帯域幅やセキュリティ、データのプライバシーなどを考慮に入れた設計が必要だからだ。例えば、医療機器のエッジコンピューティングではデータのプライバシーを確保する設計が必要である。

  3. エッジコンピューティングの実装
    エッジコンピューティングの実装は、具体的な技術的な実現に向けたステップである。なぜなら、選択されたエッジデバイス上で具体的なデータ処理のロジックを実装する必要があるからだ。例えば、エッジデバイスがIoTセンサーの場合、センサーデータのリアルタイム分析のためのコードを実装する。

  4. エッジコンピューティングのテスト
    エッジコンピューティングのテストは、実装したロジックが正しく動作するかを確認するステップである。なぜなら、エッジコンピューティングの性能や処理能力を確認することが重要だからだ。例えば、エッジデバイスがビデオカメラの場合、リアルタイム映像解析が正しく行われるかをテストする。

  5. エッジコンピューティングの運用と維持
    エッジコンピューティングの運用と維持は、システムが稼働している間に行う継続的なステップである。なぜなら、エッジデバイスのハードウェアの寿命やソフトウェアのアップデート等、システムを適切に機能させ続けるために必要だからだ。例えば、エッジデバイスの故障を迅速に対応するための体制を整える。

類似語

フォグコンピューティング

フォグコンピューティングは、エッジコンピューティングと似た概念である。なぜなら、両者ともにデータの処理をネットワークのエッジで行うからだ。例えば、エッジデバイスでのデータ分析が行われる。

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは、エッジコンピューティングと一部概念が重なる。なぜなら、データのストレージや処理をネットワーク上で行う点が共通しているからだ。例えば、AmazonのAWSなどのクラウドサービス。

モバイルコンピューティング

モバイルコンピューティングは、エッジコンピューティングと一部類似している。なぜなら、モバイルデバイス上でデータの処理やアプリケーションの実行が行われる点で共通しているからだ。例えば、スマートフォンやタブレットでのデータ処理やアプリケーションの実行がこれに当たる。

反対語

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは、エッジコンピューティングの反対語であるとも言える。なぜなら、エッジコンピューティングがデータの処理をネットワークのエッジで行うのに対し、クラウドコンピューティングはデータの処理をクラウド(中央サーバ)で行うからだ。例えば、ビッグデータの解析等はクラウドで行われることが多い。

セントラライズドコンピューティング

セントラライズドコンピューティングは、エッジコンピューティングの反対語であると言える。なぜなら、セントラライズドコンピューティングは全てのデータと処理が中央のサーバで行われるのに対し、エッジコンピューティングはデータの生成元であるエッジデバイスで処理が行われるからだ。例えば、古典的な企業のITインフラはセントラライズドコンピューティングに基づいている。

オンプレミスコンピューティング

オンプレミスコンピューティングは、エッジコンピューティングと反対の概念であると言える。なぜなら、オンプレミスコンピューティングは企業が自社でデータセンターを保有・運用し、その中で全てのデータ処理が行われるのに対し、エッジコンピューティングは分散型のコンピューティングであり、データの生成元であるエッジデバイスで処理が行われるからだ。例えば、自社でメールサーバを運用する場合などがオンプレミスコンピューティングにあたる。

会話の例文

自動運転車の開発会議

Q.「エッジコンピューティングを使うことで自動運転車の反応速度をどのくらい向上させられますか?」
A.「エッジコンピューティングを使うことでデータ処理を車載デバイスで行うため、ネットワーク遅延を大幅に削減でき、自動運転車の反応速度を大幅に向上させることが可能です。」

スマートファクトリーの設計ミーティング

Q.「エッジコンピューティングを工場内のIoTデバイスに導入するメリットは何ですか?」
A.「エッジコンピューティングを導入することで、デバイスが生成したデータを現地で即座に処理することができ、遅延を最小限に抑えつつリアルタイムのデータ分析と意思決定が可能になります。」

スマートシティ計画のブレインストーミングセッション

Q.「スマートシティの設計においてエッジコンピューティングの役割は何ですか?」
A.「スマートシティでは大量のIoTデバイスからデータが生成されます。エッジコンピューティングを使用すると、これらのデバイスが生成するデータを現地で処理し、通信帯域を節約しながらリアルタイムで都市の状況を把握することが可能になります。」

使用時の注意点

エッジコンピューティングを使用する時の注意点はセキュリティ対策の徹底である。

なぜならばエッジコンピューティングではデータが分散して処理されるため、各エッジデバイスが攻撃の対象になり得るからだ。例えば、不正なデータ改ざんやマルウェアの感染などのリスクがある。

そして、エッジデバイスの物理的な保護も重要である。なぜならば、エッジデバイスはしばしば一般の場所に設置されるため、物理的な盗難や破損のリスクも存在するからだ。

例えば、公共の場所に設置されたセンサーや監視カメラなどは、悪意のある第三者による物理的な攻撃を受ける可能性がある。

だからエッジコンピューティングを使用する際は、これらのセキュリティリスクをしっかりと理解し、適切な対策を講じることが不可欠である。

エッジコンピューティング、次世代のスマートテクノロジー。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
病根のバグ

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

病根のバグのSNSを覗く!!
IT用語辞典
病根のバグのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました