データセンターとは?ビジネスに必須のITインフラを理解する

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとデータセンターとは

  • IT機器を安全に置く場所
  • 色んな通信会社の回線が使える
  • 専門の人たちが24時間見守っている

データセンターとは、IT機器を安全に管理する場所です。

概要説明

データセンターとはIT機器(サーバー、ネットワーク機器など)を安全に運用する場所である。なぜならば、企業がIT機器を自社で管理するとセキュリティリスクや災害対策が難しいからだ。

例えば地震や火災などの災害が発生した場合、企業自身が管理していたIT機器は大きな被害を受ける可能性がある。そしてデータセンターでは、そのようなリスクを軽減するために専門のスタッフが24時間365日体制で運用を行っている。

つまり、データセンターは企業のITインフラを安全かつ効率的に運用するための場所である。だから、多くの企業がデータセンターを利用している。

職業職種

システムエンジニア

データセンターは、彼らの作業スペースである。なぜなら、IT機器の運用と管理が彼らの主な仕事だからだ。例えばサーバの設定やネットワークの管理などを行う。

ITマネージャー

データセンターは、彼らにとって重要な資産管理の場所である。なぜなら、企業のITインフラの稼働状況を監視し、適切な運用を確保する役割があるからだ。例えばサーバのダウンタイムをチェックしたり、パフォーマンスをモニタリングしたりする。

CEO/CIO

データセンターは、企業のIT戦略を実現するための重要な場所である。なぜなら、データセンターの効率的な運用は企業のビジネス成功に直結するからだ。例えばデジタルトランスフォーメーションの推進や、データ駆動型ビジネスの展開などに必要なインフラを提供する。

データセンターの英語の’Data Center’を、直訳すると「データの中心」です。

データセンターの代表例

Google

Googleは、大規模なデータセンターを持っている企業だ。なぜなら、彼らのサービスは世界中のユーザーに対応するために、大量のデータ処理と保存が必要だからだ。例えば、YouTubeやGmailなどのサービスを思い浮かべてみて。

Amazon Web Services

Amazon Web Servicesは、クラウドベースのデータセンターを提供するサービスだ。なぜなら、企業は自社でデータセンターを運用する代わりに、AWSを使ってデータ管理と処理を行えるからだ。例えば、NetflixはAWSを使って動画配信を行っている。

中村薫

中村薫は、データセンターの設計と運用に深い知識を持つ人だ。なぜなら、彼は日本の大手IT企業でデータセンターの設計と運用に携わってきたからだ。例えば、彼の著書「データセンターのすべて」はこの分野の定番教材とされている。

手順例

データセンターの設立の手順です。

場所の選定

場所の選定は、データセンター設立の最初のステップだ。なぜなら、安定した電力供給と高速なネットワーク接続が可能な場所を選ぶ必要があるからだ。例えば、地震の少ない地域や大規模な電力供給が可能な地域が好ましい。

設備の整備

設備の整備は、データセンターの基盤を作るステップだ。なぜなら、サーバーやネットワーク機器を設置し、必要なケーブルを配線する作業が必要だからだ。例えば、冷却システムや電源供給装置などもこの段階で準備する。

セキュリティ対策

セキュリティ対策は、データセンターを安全に運用するための重要なステップだ。なぜなら、データセンターは機密情報を扱うため、物理的なセキュリティとデータのセキュリティを確保する必要があるからだ。例えば、防犯カメラの設置や防火設備の導入などが必要だ。

運用スタッフの確保

運用スタッフの確保は、データセンターの運用を円滑に行うためのステップだ。なぜなら、データセンターは24時間365日動き続けるため、それを支えるスタッフが必要だからだ。例えば、システムエンジニアやネットワークエンジニアなどが必要だ。

稼働開始

稼働開始は、全ての準備が整った後のステップだ。なぜなら、これまでのすべての準備が整ったら、データセンターを稼働し始め、データの管理と処理を開始できるからだ。例えば、データセンターの運用開始は、企業のITインフラの強化という新たなスタートを意味する。

類似語

サーバーファーム

サーバーファームは、データセンターの類似語だ。なぜなら、多数のサーバーを集中的に設置・管理する場所を指すからだ。例えば、インターネットの大手企業は巨大なサーバーファームを持っている。

クラウド

クラウドは、データセンターの類似語だ。なぜなら、クラウドは物理的な場所ではなく、ネットワーク上に存在する仮想的なデータセンターを指すからだ。例えば、Google CloudやAWSなどは大規模なクラウドサービスを提供している。

コロケーション

コロケーションは、データセンターの類似語だ。なぜなら、これは企業が自社のサーバーを他の企業のデータセンターに設置するサービスを指すからだ。例えば、企業は自社でデータセンターを設立・運用する代わりに、コロケーションを利用することもある。

反対語

個人PC

個人PCは、データセンターの反対語だ。なぜなら、データセンターは大量のデータを集中管理するが、個人PCは個々のユーザーが管理するからだ。例えば、自分の書類や写真などを保存するために使う。

パブリックWi-Fi

パブリックWi-Fiは、データセンターの反対語だ。なぜなら、データセンターは固定の場所で安定した通信を提供するが、パブリックWi-Fiは場所により通信速度が変わるからだ。例えば、カフェや公園で利用するインターネット接続サービス。

オフラインストレージ

オフラインストレージは、データセンターの反対語だ。なぜなら、データセンターは24時間365日データをアクセス可能に保つが、オフラインストレージはデータにアクセスするために物理的な媒体が必要だからだ。例えば、DVDやUSBメモリなど。

データセンターの注意点

データセンターを利用する時の注意点はセキュリティ対策だ。なぜならばデータの漏洩や不正アクセスを防ぐことが重要だからだ。

例えば、パスワードの定期的な変更や二段階認証の導入である。そして、データのバックアップも忘れずに。だから、適切なセキュリティ対策を行いましょう。

データセンターとサーバールームは、間違えやすいので注意しましょう。

データセンターは、大規模なIT機器の集合体で、多くの通信回線と堅牢な建物、大容量の電力供給と専門スタッフによる運用が特徴です。

一方、サーバールームは、企業内に設けられる小規模なIT機器の集まりで、規模や機能はデータセンターに比べて限定的です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
デプロイ太郎

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とX(旧Twitter)のフォローお願いします。デスマ上等!!

「コンテンツモンスターになり、モンスターコンテンツを生み出す!!」

デプロイ太郎のSNSを見てみる!!
IT用語辞典
デプロイ太郎のSNSを見てみる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました