RFPとは?開発現場を効率化する手法

IT用語を分かりやすく噛み砕いて、初心者でもスムーズに仕事の会話に参加できるように解説します。このIT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎の会話についていけるレベルです。これさえ見れば仕事の会話は怖くない! IT用語辞典

ざっくりとRFPとは

  • 開発要求を正確に伝える文書
  • 混乱や納期遅れを防ぐ
  • 時間と資金を効率的に使う

RFPとは、開発要求を正確に伝える文書です。

概要説明

RFPとは開発要求を正確に伝える文書である。 なぜならば、各ベンチャー企業に対して一貫した情報提供ができるからだ。

例えば、新サービスの開発を依頼した場合でも、RFPを使えば納期遅れや混乱を防ぐことができる。そして、これにより開発現場がスムーズに進む。

つまり、RFPは開発プロジェクトの成功を支える重要なツールだ。だから、ビジネスでの使用が推奨されている。

職業職種

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、RFPを作成する。なぜなら、開発の目的と手法を明確に伝える必要があるからだ。例えば新製品の開発要求を複数のベンチャーに提案する時。

エンジニア

エンジニアは、RFPを読む。なぜなら、自分たちが何を開発すべきか、どう開発すべきかを理解するためだ。例えば特定の技術領域の開発要求がある時。

ビジネスデベロッパー

ビジネスデベロッパーは、RFPを評価する。なぜなら、適切な提案を作り、適切な提供者を選ぶためだ。例えば新たなビジネスチャンスを探求する時。

RFPは、英語での表記 “Request For Proposal” の頭文字を取ったものです。これは「提案要求」を意味します。

RFPの代表例

Google

Googleは、RFPの活用で新しいサービスを生み出す。なぜなら、RFPを用いることで明確な目的と開発手法を設定でき、様々なベンチャー企業と効率的に協力できるからだ。例えば、スマートホームデバイスの開発では、RFPを通じて多くのベンチャー企業と連携した。

SpaceX

SpaceXは、RFPを使って宇宙開発の新しいフロンティアを切り開く。なぜなら、RFPにより特定の技術領域を必要とする開発要求を明確に伝えられるからだ。例えば、月への着陸モジュールの開発で、RFPを通じて具体的な要求と目標を設定した。

アップル

アップルは、RFPを通じて革新的なプロダクトを創りだす。なぜなら、RFPを使えばまだ存在しない製品の開発でも、明確な目標設定と具体的な開発手法の提案が可能になるからだ。例えば、iPhoneの開発時にRFPを使って多くの開発パートナーと協力した。

手順例

RFPの作成手順です。

目的の明確化

最初のステップは、何を達成したいのか明確にすることだ。なぜなら、RFPの目的がはっきりしていなければ、効率的な開発は期待できないからだ。例えば、新しい製品を開発したいのか、既存のシステムを改善したいのかを決める。

提案の要求

次に、具体的な提案をベンチャー企業に要求する。なぜなら、開発手法やアプローチについて具体的な提案を得ることが、開発プロジェクトの成功につながるからだ。例えば、技術要求や開発スケジュールなどの詳細を含める。

評価基準の設定

提案が集まったら、それらを評価する基準を設定する。なぜなら、これにより最適なベンチャー企業を選ぶことができるからだ。例えば、技術力、開発スピード、コストなどを基準にする。

提案の選択

評価基準に基づいて、最も適した提案を選ぶ。なぜなら、これが最終的な開発パートナーの選定につながるからだ。例えば、評価基準に基づいてスコアリングし、最高得点のベンチャー企業を選ぶ。

契約の締結

最後に、選んだベンチャー企業と契約を締結する。なぜなら、これにより開発プロジェクトが正式に始まるからだ。例えば、開発期間、費用、成果物の納品等を含む契約を結ぶ。

類似語

RFQ(Request For Quotation)

RFQは、特定の製品やサービスについて価格情報を提供者から得るための文書だ。なぜなら、価格比較やコスト見積もりに用いるからだ。例えば、特定の部品の購入時に使用する。

RFT(Request For Tender)

RFTは、特定のプロジェクトやサービスに対する提案を募るための文書だ。なぜなら、競争入札のプロセスで使用されるからだ。例えば、公共事業の入札時に使われる。

RFI(Request For Information)

RFIは、特定の製品やサービスに関する一般的な情報を得るための文書だ。なぜなら、初期の情報収集や市場調査に使うからだ。例えば、新しい技術やサービスを探る際に利用する。

反対語

勝手な開発

勝手な開発は、RFPと反対だ。なぜなら、RFPが企業の要求を明確に示す一方、勝手な開発はその要求を無視した状態だからだ。例えば、RFPなしで始めた開発プロジェクトは混乱する可能性が高い。

計画なしの行動

計画なしの行動も、RFPと反対の概念だ。なぜなら、RFPは計画と目的を明示するが、計画なしの行動は目的も手段も不明確だからだ。例えば、突然始まるプロジェクトは問題が発生しやすい。

曖昧な要求

曖昧な要求も、RFPとは正反対だ。なぜなら、RFPは具体的な要求を明示するが、曖昧な要求は具体性を欠くからだ。例えば、要求が曖昧だと開発者は何をすべきかわからず時間と労力が無駄になる。

RFPの注意点

RFPを使用する時の注意点は具体性だ。なぜならばRFPが具体的でなければ開発者が混乱し、結果的に開発が遅れる可能性があるからだ。

例えば、必要な機能や目標が不明確だと開発者は何をすべきかわからない。そして混乱。だからRFPは具体的に。

RFPとRFQ(Request For Quotation)は、間違えやすいので注意しましょう。

RFPは、要求の詳細と目標を明確に伝える文書です。

一方、RFQは、商品やサービスの価格情報を求めるための文書です。

当IT用語辞典の目的は「会話についていく」であり、情報レベルは基礎中の基礎です。さらに正確性、具体性、最新性を求めてる方は、もっとググってください。
YouTubeのチャンネル登録はこちら!!
( *ˊᵕˋ)σ 凸ポチッと応援よろしくね!!
開発・運営ランキング にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
記事を書いてる人
WEB田タン

ガラケー時代からWEB開発やってるバツイチ自宅SEです。不眠不休で働くので、ブログのブックマークとYouTubeのチャンネル登録とXのフォローお願いします。デスマ上等!!

「○○を知りたい!!」「○○が分からない!!」などありましたら、Twitterでもブログでもコメントいただければ、ご期待に添えるように頑張ります!

WEB田タンのSNSを覗く!!
IT用語辞典
WEB田タンのSNSを覗く!!
ITkagyo

コメント

タイトルとURLをコピーしました